東京開花?~桜フラワーセラピー | 東京恵比寿bluebellブルーベルのブログ

東京恵比寿bluebellブルーベルのブログ

東京都恵比寿のbluebellブルーベル。フラワーセラピー、花育士、心理学などが学べるアカデミー。フラワーエッセンス、生花、プリザーブドフラワー、カウンセリング、癒しのプロを育成しています。


テーマ:

こんにちは🌸桜の開花が間近となってきましたね。

東京の靖国神社では、毎日、いまか今かと開花をまっている状況ラブラブ

春がやってきます!

 

今日は桜フラワーセラピーについて綴ります。

開花宣言は「ソメイヨシノ」が基準となっていますが、早咲きの桜はすでにピンクの春色で

私たちを癒しはじめました。

 

 

桜の語源は、木花咲耶姫(このはなさくやひめ)の”さくや”からきているという説があります。

木花咲耶姫は、花のように美しい女神で、天照大御神の孫の奥様でした。

咲くにラがつけられて「さくら」と呼ばれるようになったと言われています。

 

日本人にとって、桜と言えば・・「ソメイヨシノ」ですね。「染井吉野」と書きます。

ソメイヨシノは桜の中の品種では新しいほうで、江戸時代に園芸の盛んだった、江戸の郊外の染井村で誕生しました。

植木職人が、挿し木などで増やして売り出したのが始まり。

この桜の名前をつけるときに、奈良県の吉野山のような桜になってほしいという願いがこめられ、「吉野」と名づけられたのですが、吉野山に咲いているのは「ヤマザクラ」で通称「吉野桜」と言います。

品種が違うということや、名前が混同することから、誕生の地「染井村」の「染井」をつけて、「染井吉野」と呼ばれるようになりました。

 

いまでは、日本の8割に植えられているという「染井吉野」

桜と言ったらほとんどの日本人が名を出す、日本を代表する桜となりました。

 

 

今年は暖冬だったこともあり、昨年同様、桜の開花がとても早いですね。

東京では、今月末が見ごろになるのではないかと思います。

 

日本の桜のフラワーセラピーは・・・

 

音譜 気持ちを高揚させ、目標に向かう意識を高めてくれます。

 

音譜 長い間引きずってきた心の中のモヤモヤを断ち切る勇気を与えます。

 

音譜 決断を促します。

 

音譜 他者と比べるのをやめて、自分独自の内なる美質を見つけ出し、表現することを促します。

 

音譜 神経がすり減り、追いつめられたときに見方を変え、気持ちを切り替えられるようにします。

 

音譜 先が見えなくなり、身動きが出来ないような状態に全てをリセットして仕切りなおす潔さを与えてくれます。

 

 

桜はとてもエネルギーの高いお花です。

是非、桜の花からたくさんのエネルギーをもらってくださいドキドキ

 

bluebellstaff5さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ