創価学会の暗殺等に関わってきた信者から、非公式な情報提供です。そういう情報ですから、一般的には「くろいうわさ」と言われるものです。共済会立川病院が、創価学会や市議会議員らと行った裏稼業(暗殺など)の一部なのかは、わかりません。

 

2018年6月25日です。先週17日に、立川市議選の投票がありました。安東太郎再選おめでとうございます。

 

安東太郎市議は、創価学会・共済会立川病院・三船クリニックが行った、暗殺や盗聴盗撮や家宅侵入など裏稼業に協力してきた訳ですから、それをきちんと公表し、やめさせるべきでしょう。支持者たちに「共済病院らによる、真如苑の伊藤会長暗殺などを防ぐ為にやった(潜入した)」と説明したんですから、市議選とかテキトーな言い訳をして途中で投げ出さずに最後までやれ!って。その任務に、誰が安東太郎市議を指名したと思ってんでしょーね。もうすぐ7月なのに。。。

ま、私も、共済病院から創価学会に命令が出ていますから、そのうち殺されるんでしょうね。

 

▲△◆◇■□●〇

 

財務とは、創価学会の信者が、感謝や徳積みの為におこなう、教団への寄付金の事です。収入から、ギリギリ生活できる金額を残して、強制的に徴収されます。

知人は「月給40万円で、23万円を残して強制徴収される」「ボーナスはほとんど全部持っていかれる」と泣いていました。年齢は、40歳くらい。家族は、奥さんと子供2人(高校生と中学生)。老親2人も同居していますが、年金があるので、一応別世帯。財務も別途強制徴収。

 

 

普通に働いていたら、財務が年80万円じゃ少なすぎますよね。たぶん、「たった80万!?何を考えてるんだ!」と指導を受けて、反論したり、文句を言ったんでしょう。それじゃ、内部粛清の見せしめとして、集団リンチされたり子供を奪われても文句は言えませんよ。教団内では、当然の報い、自業自得と言われてるはずです。


共済会立川病院関係者からは、「病院からの虐待通告なら一発で保護されるぞ、おまえにもやってやろうか」という恫喝を聞いた事があります。関係者といっても、部長医師や三船CL院長の指示で暗殺等に関わってきた創価信者です。TもとさんTはしさんなどなどですね。彼らの態度から、「彼らは今までに何度もやった事があるんだ」と確信しました。

 

財務80万の事案ですが。。。創価学会の内部粛清として虐待通告をしたのなら、共済病院や三船CLではなく、他病院の創価医師や公明党議員が通告をしたのかもしれません(公明党は創価学会の政治部門)。

立川で聞いた話ですが。。。。子供を保護したのは、立川児童相談所かな?他の児童相談所かな?どこでしょうね。

 

初出;じゃっかる 2015-03-09  21:42:00

以前、DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム)が、創価学会の裏稼業(暗殺や集団ストーカー)に協力していると、共済会立川病院と三船クリニックの関係者からリークがありました。それで注意していたので、前回3月27日に気付きました。乗っ取られた時の様子は、この記事に書きました。

 

(2)DMMモバイル・創価へ提供。2段階認証も無意味!マイクロソフト乗っ取られ

 

その後も同じ事がくりかえされているので、DMMモバイルに対して、4月20日夜8時過ぎに、クレームを送りました。


 

区分:DMMモバイル

 

件名:ネット不通、SMS乗っ取られる

 

3月27日午前1時からSMSが乗っ取られる。

マイクロソフトのアカウントが2段階認証にしていたが乗っ取られた。

この時の状況はブログに書きました。

http://ameblo.jp/blue2769/entry-12260125046.html

私も元創価信者としてこのような事を行なってきましたが、DMMモバイルとして、対処する気はないのでしょうか?

 

4月10日午前6時ごろからネット不通になる。午前10時前に復旧。

4月20日午前10時ごろからネット不通になる。午後7時すぎても不通のまま。

 

今回は、ぜひきちんとした回答を頂きたい。

 

よろしくお願いします。

 

------------------------------------------

ブログを書いている、2017年4月20日午後10時過ぎでも不通のまま。

追記:2017年4月21日午前9時でも不通のまま。

 

都合の悪い事に対しては、知らん顔をするか、木で鼻をくくったような回答をするのが、企業としてのセオリーです。DMM.comが、どういう企業なのか、わかるでしょうね。

 

共済会立川病院(創価)と三船クリニック(創価)の関係者からリークがあったという事は、DMMが創価学会の裏稼業(暗殺や集団ストーカー)に積極的に協力している創価系企業なのかもしれません。通常は24時間以内に回答があるそうです。

 

ちなみに、DMMモバイル・サイトのスクリーンショット

受付だけで対応しない企業が多いけど、DMMもそうなんでしょうか?

ちなみに、DMMモバイルのトップページの一番下、(このスクリーンショットでは)電話番号の右側の「お問い合わせフォームはこちら」からクレームを入れました。

 

初出:2017/4/20 22:24:56

修正:2017/4/21 09:05:00

<注意>

今日の内容は、「Special Agent (SOKA Gakkai)」から、アクセス解析を見てみます。
創価学会、共済会立川病院、三船クリニックの皆さんは、もっと詳しい事までご存じですよね。

 

■■■

 

昨日(4月16日)のアクセス解析です。このブログは、創価学会と共済会立川病院が監視していますから、そのアクセス数がかなりの割合を占めます。

 

 

アクセス記事別では、「Special Agent (SOKA Gakkai)」がいきなり1位です。3~5位はいつもと同じ(笑)。

いつも1位の「児童保護施設の現実」が2位。

3位以下は変わりません。

 

 

4月1~15日の検索ワードは、いつもと同じ。半月分なのに何件もない(笑)。「MDAA」が1位になった訳は不明。2位以下の「集団ストーカー」、「水岡不二雄」、「晃華学園小学校」などは、アクセス記事の3位以下とも合います。

 

精神医療問題の活動には、いくつかのグループがあります。その中に、嶋田和子氏が主催する減断薬会合「茶話会」と、嶋田氏のスタッフであるリッチー氏が主催する減断薬自助会「MDAA東京」があります。2016年は、茶話会もMDAA東京も活動急死したので、常連参加者たちが10月から立川で自助会を作る事を決めました。すぐに嶋田氏からクレームがあり、自助会は解散になりました。

 

結局、嶋田氏とは、2013年12月から2016年10月まで、ちょうど3年間、精神医療問題で協力しました。が、嶋田氏のスタッフになった事も、スタッフに誘われた事もありません。私は、精神科に関わる前から、反・オウム真理教、反・創価学会、反・左翼でしたから、相容れませんよね。

 

 

4月1~15日の流入元(リンク元)を見てみましょう。

ameblo.jpとは、アメブロの他のブログや管理ページ経由で入ってくるアクセス。

ameblo.jp/blue2769はこのブログの1ページ目なので、2ページ目へ移動したという事。

yahooとgoogleは、検索(ロボットサーチも含む?)。

stokerintheneighbors.blog.fc2.com は、このブログを紹介してくれたブログ。

 

意味不明なのが、これ。

https://gamp-ameblo-jp.cdn.ampproject.org/v/gamp.ameblo.jp/blue2769/entry-12029158577.html

 

このリンク元は10位以下にも並んでいて、全て「児童保護施設の現実」にリンクしてあり、アクセス数も2位になるほどの多さですが、どこにもつながりません。基本URL、https://ampproject.org/ では、児相とは関係ないサイトに繋がります。
また、他の児相問題の記事は、3位「晃華学園事件」が12アクセス、4位「児相の保護単価」が6アクセス。このリンクの目的は、児相問題とは違うようです。

 

修正、2017/4/14-20:00

 

<注意>

今日の内容は、創価学会の仏敵(集団ストーカー被害者)の方がこのブログを読んで下さっているので、創価学会の解説をちょっとだけ。

 

今日の内容は、児童相談所問題や精神医療問題とは関係ありません。
真如苑、創価学会、共済会立川病院、三船クリニックの皆さんは、もっと詳しい事まで、ご存じだと思います。

 

 

■■■

 

嶋田和子氏の精神医療問題(向精神薬の減断薬)の会合「茶話会」に参加した時。

 

(1)創価の話題になったら、Aさんが嬉しそうに話し始めました。

 

A「創価の暗殺って、特殊部隊や諜報機関で訓練を受けたスペシャル・エージェントが、誰にも見つからない所で、監視カメラにも写らないように細工して、誰にも気付かれない方法で、殺すんですよね」

 

A「スパイ映画みたいな事を本当にやっているんですよね♪」

 

私の心の声「何も知らないのに、嬉しそうにバカな解説を・・・orz。」

 

たぶん、Aさんは、007ジェームズ・ボンドや、ジェイソン・ボーンなど、スパイ映画が大好きなんでしょう。創価の裏稼業が、映画と同じだと考えているようでした。

 

(2)Bさんは、創価の被害者だと話していました。

 

B「創価に嫌がらせをされてるんです。家の中を荒らされたり、悪い噂を流されたり、本当に迷惑してるんです」

 

盗聴などの話題になった時。

 

私「電話会社の創価信者が、局内のシステムをいじるから、やりたい放題です」

 

いきなり、私の話を遮るように大声で否定し始めました。

 

B「創価にそんな事はできません!、盗聴が許されているのは警察だけです!、創価に盗聴はできません!」

 

私の心の声「自称被害者か(創価の信者か協力者か)・・・orz。」

 

 

Aさんが言うように、警察・海上保安庁・自衛隊の特殊部隊のメンバーに対しては、創価学会が積極的に勧誘していました。外部からだけではなく、内部の信者も積極的に勧誘していました。

 

現役を退いたOBを重点的に勧誘していた事があったそうです。OBは、現役時代と違い時間が自由になり、経験もあり、情報源やコネもあり、現役や関連部署への影響力もあります。特別な任務の為に、必要になったのでしょうか。(中途採用して)、教団の幹部を警護させたり、政財界の大物に対する諜報活動を行なわせたり、特別な相手の暗殺などでしょうか?。

 

 

Aさんや、Bさんは、なぜこのような言動を行なうのでしょうか?

 

Aさんは、本当は創価の事を知らないのに、解説して楽しんでいる愉快犯でしょうか。

 

Bさんは、創価の為に行動してるのでしょうか。精神病の被害妄想にする為、情報を攪乱する為、手法を隠して対策できなくする為、などでしょうか。

 

 

人間は、わからない状態におかれた時、自分の理解できる範囲で納得しようとします。近所の仲良くしている一家が嫌がらせの指示を出しているとか、隣に座っている同僚や友人が嫌がらせに協力しているとか、思いたくないですよね。しかし、それは、相手の思う壺です。創価は、人間の心理を上手に悪用しているのです。

 

最近は、デジタル機器にバックドアがあると認識する人が増えました。米国政府調達では、ファーウェイなどの中国製品にバックドアがあると問題になりました。しかし、日本国民の大多数は、いまだに「電話会社やメーカーはちゃんとやってる!」と信じています。

 

創価の方法を知らなければ、諜報機関で訓練を受けたスペシャル・エージェントがやっているとか、CIAやNSAの指示で創価が動いているとか、NASAや米軍が開発した最先端の電磁波兵器を使っているとか、映画やドラマで見た方法を解説されたら、信じてしまいますよね。ちょっと疑ってみませんか?

 

 

まず、最先端の電磁波兵器や衛星を使ったら、費用が幾らかかると思いますか?、誰かを脅したり殺すのなら、ヤクザや殺し屋を使った方が、安くて早くて簡単です。自分たちの信者を使えば、もっと安く済みます。そう考えると、電磁波攻撃や衛星を使うのは、創価を批判する大物政治家や、特別な相手への攻撃に限られるでしょう。

 

池田大作が創価学会のトップになって、50年以上になります。池田大作は、教団と全信者に、「真如苑の伊藤を殺せ、真如苑を潰せ」と命じてきました。今でも創価信者に「真如苑」の話をすると、激昂する信者もいるほど、徹底して叩き込みました(創価信者の見分け方にも使えます)。真如苑の会長に対して銃が使われたのも、会長暗殺を謀った「共済会立川病院と三船クリニックが褒め称えられている」のも、そういう事からです。

 

もし、最先端の電磁波兵器や衛星兵器を自由に使えるなら、池田大作の悲願である「真如苑の幹部暗殺と教団壊滅」に最優先に使うはずです。創価のせいで毎年1万人くらいが自殺や事故死しているそうですから、電磁波攻撃で真如苑・総本部を吹っ飛ばして、その際に職員が50人、100人、巻き添えになっても、全然気にしませんよね。なぜ、最先端の電磁波兵器や衛星兵器を使わないんでしょう?

 

そうなると、一般人の仏敵(暗殺や集団ストーカーのターゲット)に対して、何年もの長期間にわたり、最先端の電磁波兵器や衛星を使い、多額の費用をかけて嫌がらせをするのは変だと思いませんか?。

 

現実には、全国200万とも300万とも言われる信者が、監視、家宅侵入、尾行、つきまとい、盗聴、カメラ監視、クローン携帯、スマホやPCへのハッキング、データ通信の監視(暗号の無効化)などを行なっています。かなりの信者と機材を投入しています。それが出来るのは、信仰活動だからです。しかし、解説にあるような、CIA、NSA、NASA、最先端兵器、衛星などは、ちょっと違うのではないでしょうか?そう思いませんか?

 

2月下旬に、このブログやwebサイトへのアクセス件数などについて書きました。

 

アクセス解析(1)、福耳ブログ4、2016年12月(2017/2/19)

 

 

●小谷氏をはじめ、たくさんの方から、このブログのアクセス数を尋ねらて、うやむやにしてきましたけど、発表します。

 

前にグーグルに数えてもらったら、一日、25人とか、40人とか。。。。毎日のようにブログの有料化を強く勧められましたけど、素人のブログだからそんなもんだよ(笑)。

 

ちなみに、そんな状況なのに、アメブロのペタが120とか(笑)。

 

そりゃそうでしょ。

 

創価学会と共済病院と三船クリニックは、キチガイ(精神異常)の性犯罪者の妄想ブログだと言って、病院の職員や患者に見ないように言ってるし。さらに、共済病院の指示で、創価信者は必死にもみ消しを図ってる(コメント欄をご覧ください)。

 

やや日刊カルト新聞 > 2017年3月25日土曜日、カルト脱会者&2世信者トークイベント、清水富美加は出演せず

 

立川の宗教シンクタンクの皆様へ。総裁や主筆に連絡する事がありましたら、よろしくお伝え下さいませ。よろしくお願いします。

 

真如苑も「迷惑だ」と指導があったからと、見ないように指導しているみたいだし。

 

嶋田和子氏や中川聡氏も・・・。

 

結局、誰が見るのよ(笑)。

 

===閑話休題===

 

●児相の問題は、政府や厚労省の政策(児童虐待防止政策・法律・条例・他)の問題、児相の運営など組織体質の問題、児相の担当者の問題(個人の適性や、公務員の人事制度など)、一時保護所や養護施設の問題(社会福祉法人の法制度なども)、子供を保護された親や里親の問題などが、複雑に絡み合っています。

 

簡単に分けても、児相に問題がある場合と、家庭に問題がある場合と、政策に問題がある場合があります。正面からまともに取り組むとしたら、いろいろな分野の専門家や政治家が連携して取り組む必要があるほど、大きな問題です。

 

●このブログやwebサイトに書きましたが、この数十年間で、子供人口が大きく減っています。しかし、施設の定員や充足率は変わっていません。虐待親の割合はあまり変わりません(犯罪者の割合と同じで、統計的に一定割合になる)。となると、子供人口が減った分の人数を、虐待のない子供を保護して、員数合わせを行なっている事になります。冤罪(えんざい)ですね。

 

この状況で、子供を取り返す事だけに注力しても、員数合わせの為に、次の子供が保護されるだけです。「冤罪の連鎖」が引き起こされてしまいます。


子供を奪われた親が、「自分の子供さえ取り返せれば、それで良い」と考えるのは、理解できます。それを責める気はありません。しかし、「子供の権利」や「子供の福祉」を活動テーマにしている団体なら、冤罪の連鎖を取り上げるべきでしょう。

 

支援団体としたら、冤罪の連鎖で被害者が次々と出てくれば、仕事が途切れずに続きます。子供を取り返す支援を繰り返していけば、評価も実績も高くなります。まさか、そんな事を考えてるとは思いませんが。そういう勘繰りをされる前に活動してください。

 

この件について、私が「ブログに嘘を書いて扇動しているのではないか!」と、共済会立川病院の関係者(当然、私に敵意を持つ創価信者)が調べたそうです。結果、私のブログが間違った解釈ができる書き方をしているという事で、強い批判を頂きました。

 

ここに、子どもの権利条約日本・CRC日本、および、福田代表に対して、お詫びするとともに、内容を訂正します。(2018年4月)

 

----------

 

学校や児童相談所と争っているAさん(仮名)から、情報提供いただきました。

 

(私はCRC日本の会員ではありません)



子どもの権利条約日本・CRC日本の集まりのあった日に、Bさん(仮名)が、児童相談所問題に対して「保護単価なんてない」と発言したそうです。福田雅章代表が、その発言に対して、賛同したのか?、否定したのか?、その発言を聞いていなかったのか?、発言の場にいなかったのか?は、わかりません。

Aさんの情報提供には、Bさんの実名はありませんでしたが、誰かをほのめかすような感じの内容でした。Aさんは、福田代表を批判する時も仮名にしませんから、別の人でしょう。私がBさんだと思う方だとすれば、CRC日本の福田代表でもなく、役員でもなく、セクションリーダーなどの要職でもない、一般会員です。
 

 

一般会員であれば、いろんな方がいます。まだDCI日本だった頃に、私に児童相談所問題を教えてくれた方たちもそうでした。

 

ある方は自信満々に、「児童相談所が子供を保護するには、必ず親の同意が必要です。まず、親に『子どもを保護して良いですか?』と尋ねます。そこで親が同意しなければ、児童相談所は子供を保護できません。ですから、親が『子供を返してくれ』と、(保護や施設入所の取消・無効を求めて)裁判する事は出来ないんです」と教えてくれました。現実は、親の同意がなくても、児童相談所が必要と判断すれば保護できます。

 

別の方は、「児童相談所に敵対すれば、調査や家族再統合は行われなくなるから、子供は戻ってこなくなる。保護取り消しを求めて裁判したら、裁判所が判断する事になるから、結審するまで児童相談所は判断をしてはいけない状態になる。結審するまでは、現状維持になり、子供は施設に入ったままになる」と教えてくれました。それを、今、サイトやブログの注意書きにさせて頂いています。これ↓

 

注:児童相談所に裁判や敵対行動をすれば、子供は戻ってこなくなり、家族再統合も行われなくなります。サイト管理人として、裁判、敵対行動、児童相談所の撲滅をめざす活動などは支持しません。それ以前に、虐待、嘘、違法行為、非常識な言動があったとすれば、問題外です。

(4)創価だった時のこと。

 

昔、うちが創価だった時、川越市芳野台工業団地にある、電機メーカー(東証2部)の工場に勤めていました。技術研究所棟の同じ部署にいた創価幹部の真船氏の命令で、創価の別地域の地区部長の嫁?娘?へ嫌がらせをしました。最初は、口説け!って命じられましたが、相手にされなかったので、嫌がらせを指示されました。創価の指示ですから、被害女性にとっては辛かったでしょう。

 

ただし、もし真船氏が言うような悪質な性犯罪だったのなら、なぜ真船氏や今●部長(創業者一族で役員)や他の社員が、力ずくで止めさせなかったのでしょうか?。犯罪ですから殴ったり蹴って止めさせても、問題にはなりません。が、誰一人として、私に注意すらしませんでした。また、女性を異動させる事もしませんでした。一番下っ端の新入社員が勝手にやった事ではなく、職場の幹部が加害を指示したからでしょ。

 

当時、真船氏や信者たちは、創価の裏稼業~家宅侵入・盗聴・尾行・暗殺など~について自慢していました。それと同じ事を、共済会立川病院が指示しています。スマホやインターネットなど進化していますが、裏稼業の基本は変わっていませんから、こうやって書けるんです。

 

(5)安東太郎市議が創価に協力?

 

私が酷い嫌がらせを受けるようになったきっかけは、2013年7月25日に、真如苑の事務局員でもある安東太郎市議に、精神科の問題を伝えて、立川市の障害者支援施設(自立生活センターや地域生活支援センターなど)の運営を見直すように依頼したからです。彼は、すぐに共済会立川病院と三船クリニック(共に創価)に連絡し、口封じに嫌がらせを指示しました。

 

安東市議は、真如苑の事務局員ですから、私が会長を殺そうとした事を知っているはずです。彼に提供した情報は、私の件もですが、薬で操られて犯罪の加害者や被害者になったり、薬で廃人にされたり、ひどい状況にある患者です。患者が、暴行やレイプに行くのも、無料セフレにされるのも、薬でマインドコントロールされた結果ですから、仕組みとしては同じ事です。そして、加害者や被害者の中には、真如苑の信者が何人もいます。本人だけでなく、経親導親や、関わった事務局員の個人情報まで伝えました。

 

精神科の薬などによるマインドコントロールは、オウム真理教が、松本サリンや地下鉄サリンという無差別テロを行なった際に使った方法です。

 

なぜ、安東市議が、市役所に施設の運営見直しを指示する事なく、創価へ協力しに行ったのかは、本人から説明があるでしょう。ぜひ私も聞きたいので、後援会などで説明する時は絶対に呼んで下さい。また、ユーチューブにアップして欲しいと思う人が、全国に沢山いるはずです。低画質のスマホ録画でも構わないので、ぜひアップして下さい。

 

安東市議と共済会立川病院と三船クリニックの資料には、創価の裏稼業の手口があります。電話会社やプロバイダの創価信者を使って通信内容の監視を行なわせるとか、隣近所の創価信者に盗聴マイクや隠しカメラで監視を行なわせるとか、家宅侵入などを行なわせるとか、内科・柏崎一男部長医師の診察室のパソコンにインターネットを使って隠しカメラの画像を送るとか。

 

(6)DMMモバイルが創価に協力

 

スマホに使っているのは、DMMモバイルのSMS付データ通信契約です。SMSはショートメッセージで、電話番号で短いメッセージをやり取りできる機能で、マイクロソフトやグーグルのアカウントの二段階認証に使われます。

 

3月27日午前1時ごろから、SMSが使えなくなりました。不審に思ったので、復旧してから、マイクロソフトアカウントにログインして、ログイン履歴を確認しました。

 

マイクロソフトアカウントのログイン履歴。

 

 

私のログインは、6時間前で、電話番号とアカウントエイリアスでサインインしました。
デバイス/プラットフォーム:Windows
IPアドレス:218.226.199.122

 

ところが、SMSが使えなかった時刻、2時間前にログインされています。
デバイス/プラットフォーム:不明
ブラウザー/アプリ:Internet Explorer
IPアドレス:65.55.52.39

 

二段階認証をしていても、電話回線ごと乗っ取られてしまう事例です。創価が、NSAやCIAの傘下で、裏稼業をやってると陰謀論を主張する人が多いのですが、現実は違います。創価は何十年も前から、全国300万の信者が総掛かりで裏稼業をやる事を、信仰として教育してきました。

 

NSAやNSAのように特殊な訓練を受けたエージェントがやるんじゃありません。そこらの、ボケかけたジジババや、ヤンキー崩れでもできるように、内容ごとに細分化され、システム化されています。電磁波やハイテク犯罪という陰謀論者の主張とは、かなり異なっているのです。
 

DMMモバイルは、創価学会へ顧客情報を流出させただけでなく、電話回線の制御まで創価学会へ渡していたようです。もしかすると、技術的な事を担当しているIIJの可能性もありますが。

 

簡単な経緯

 

(1)精神科の異常さに気付いた事で、殺害ターゲットに。

 

共済会立川病院と三船クリニックが、精神科の薬で私に操って真如苑の会長暗殺を謀ったり、他の精神科患者を操って誰かを襲わせたり、女性患者を操って無料セフレにしたりしていました。私がそれらの仕組みに気付き、精神科の異常さを公表しようとしました。病院はそれを防ぐ為、私の事を「凶悪な性犯罪者だから始末しなければならない」と創価学会の殺害ターゲットにして、2010年頃から、慶応大学から共済病院へ派遣されていた色本涼医師や高田武人医師に命令しました。

 

共済会立川病院が、都合の悪い相手をのべつまくなしに殺している訳ではありません。10年以上前かな、病院前で「家族が病院に殺されました」とか「人殺しの病院です」と叫んでいた女性がいました。病院職員や患者なら覚えていますよね。当時すでに柏崎一男氏は、創価幹部でしたし、内科部長医師として病院を牛耳っていました(立川の医師会で柏崎医師に物申せる医師がいましたか?)。「人殺しの病院」と叫んでいた女性は、創価学会の仏敵として暗殺されましたか?

 

精神科の患者で、創価信者の黄野博勝(こうのひろかつ)部長医師の事を、「黄野はヤブ医者だ」とあちこちで言いふらしている患者が何人もいました。無料セフレの事を批判している患者もいました。彼らが創価の暗殺ターゲットになりましたか?

 

なぜ、柏崎一男部長医師、黄野博勝部長医師、三船英男院長は、3人とも私の担当医だった時には何もしないで、色本医師や高田医師に命令したのでしょうか?

 

そう考えていくと、「暗殺を繰り返した理由は、精神科の実態を隠蔽する事が非常に重要である。オウムの地下鉄サリンと同じ方法で真如苑の会長暗殺を謀った事や、多数の真如苑信者を犠牲にする事を、絶対に秘密にする為」という結論にたどり着きます。それ以外に、まともな理由は思いつきません。

 

(2)真如苑トップ「迷惑だ」

 

色本涼医師が、真如苑の修行で指導され、全てを白状しました。真如苑の事務局員が、三船クリニック・三船英男院長に問いただした所、共済会立川病院と共に命じた事を自白しました。高田武人医師も、次の勤務先の日赤足利病院で「部長医師に騙された」と言い訳しました。

 

真如苑の事務局員から「共済会立川病院と三船クリニック(共に創価)は今後二度とやらないと約束した」との事で、その時は穏便に公表せずに済ませる事になりました。しかし、その後も全然変わらず、創価に狙われて命の危険が続いた為、2013年末から2014年3月にかけて、それらの顛末を福耳ブログとして公表しました。

 

これらは、2014年3月に、真如苑・総本部と、立川市の安東太郎市議から発表された通りです。その際、私の行動に、教団トップが「迷惑だ」と言いました。そう言った理由は知りません。誰かご本人に尋ねて教えてください。

 

それより、尋ねる勇気を持った人がいるの?笑。

 

伊藤・前会長が殺されて(私が殺そうとした時は会長だった)、一番悲しむのが誰か、喪主が誰か、精神科で信者が1万人以上も犠牲になっている事を一番悲しむのは誰か、そう考えるのがヒントになるはず。

 

また、教団内で、伊藤・前会長を下の名前で呼び捨てできる方は、以前は3人いましたが、今は1人だけのはずです。それもヒントかな。

 

そうやって考えていけば、「迷惑だ」の真意はわかりますよね。

 

ただし、前会長が暗殺を謀られた事、教団中枢に同調者がいた事、精神科の実態や多くの信者が犠牲になっている事に、前会長も教団も気付いていなかったのは問題です。教団本部での職員研修(接心修行)すら、ローカルな創価信者(共済会立川病院と三船クリニックなど)に祈り負けしてた事も。私が指導する立場じゃないですけど、なんとも不甲斐ない。

 

真如苑の職員や信者では、「迷惑だ」と言われた事から、このブログを拒否して一切読まない人が多いはずです。しかし、他教団関係者や宗教問題ジャーナリストは、会長暗殺のマインドコントロールの具体的内容や、裏稼業を自慢していた特命係長の事を、知りたいはずです。今まで具体的な事は何も書いてきませんでした。あとしばらく生きていたら、安東太郎市議の資料などから説明したいと思います。今も、週に数回は命の危険を感じる事がありますけど。。。

 

(3)共済会立川病院と創価学会の裏稼業

 

その後わかった事です。

 

共済会立川病院が重役会で決定し、創価幹部の内科・柏崎一男部長医師を通して、創価学会へ私の口封じを命じた事。

 

共済会立川病院の職員が、勤務時間中に職務として、創価学会の連絡などを行なっていた事。

 

信越ポリマー(東証1部、信越化学の子会社)の労組委員長だった若槻誠氏や、電機メーカー(東証2部)の真船氏が、創価学会を通して共済会立川病院に人事情報などを提供した事。
 

創価学会が人事情報や社内情報を入手できない大企業はありません。創価と敵対する真如苑も、職員や信者が話した事を集めて、内部を把握されています。

 

電機メーカーの工場を担当する日本生命・川越営業所の山■氏からも連絡がありました。創価信者の日生レディは、ターゲットの情報収集、誹謗中傷の宣伝係、創価信者同士の連絡係などになっています。工場勤務時代に日生レディ(創価)から教わりました。立川で何度か会った日生レディも、創価の為に働く立派な信者と評判でした。
ちなみに、日本生命には、真面目に働いている創価以外の社員が沢山います。

 

創価の信者は、人事情報や顧客情報を、創価へ提供しなければなりません。もし、拒否したら、集団リンチで殺されるかもしれません。実質的に拒否する事はできません。うちが創価だった30年前も、今も、変わっていません。

 

病院は、信越ポリマーの情報システム室社員(真如苑信者)に騒ぎを起こさせて、技術部門役職者(創価信者)から「クビにしろ!」と激しい圧力をかけさせて、2014年3月にクビにしました。

 

広島や大阪にいる小学校や中学校時代の同窓生(創価)が、共済会立川病院の指示で、創価が必死になって調べていると伝えてきました。つまり、私は、普通のターゲット(仏敵)ではなく、必死に調べるほどの特別なターゲット(仏敵)なのです。その理由は、精神科の異常さを隠蔽する為としか考えられません。

 

日野駅から立川駅へ中央線では、アルビノなのか真っ白でふさふさの髪の小柄な初老男性に、無断で撮影されました。諏訪神社に初詣に行った時、後ろにいた坊主頭のがっちり体系の中年男性に、無断で撮影されました。あちこちで撮影されます。彼らは撮影後、急いでメールしています。自宅に帰ってから報告した府中のスポーツ店員もいます。これが、創価の尾行システムです。多数の信者がそれぞれの場所から報告します。うちが創価だった頃はスマホがなかったので大変でしたけど、今は非常に高度になっています。

 

こうやって情報を並べてみると、三船クリニックは1回も出てきません。創価へ指示を出したのも、創価から情報を受け取ったのも、全て共済会立川病院です。つまり、全ての黒幕は共済会立川病院だと判断できます。

 

病院の立場や規模を比べても、どちらが主導したかを判断できます。共済会立川病院は、戦前は陸軍病院だった大病院です。三船クリニックは、平成9年開業で、常勤医師は院長だけ、事務は奥様という個人クリニックです。共済会立川病院が、三船クリニックの為に、こんなに大掛かりな裏稼業をやりますか?、

 

個人的な立場を比べても、柏崎一男部長医師は、創価幹部で、立川の医師会の大物です。黄野博勝部長医師も、創価信者としても、大病院の部長医師としても、三船英男院より立場が上です。三船英男院長は、創価の幹部でもありませんし、医師会の重鎮でもありません。