''「秘密を打ち明けてもいいかな?」

 

『秘密を守るのは得意だ』

 

「あなたを助けたい」''

 

 

 

”「マシンは考えるのですか?人間のように。」

 

『もちろんマシンは人間のようには考えたりはしない。マシンは人間とは、違うからだ。

違う風に考える。面白い問題だ。物が君と違う風に考えるとしても、だから考えてないとは言えない。

人間が一人一人違うというのは誰もが認めていることだ。

 

君はイチゴが好き、僕はスケートが嫌い。悲しい映画で君は泣いて、僕は花粉症だ。何故人によって好みや傾向が違うのか。それぞれの脳が違う風に働いて、それぞれ違う風に考えるからだ。人がそれぞれ違うのなら、ワイヤーやスチールの脳にも同じことが言えるはずだ。そうだろう?』

 

 

「それが論文の内容ですか?タイトルは?」

 

『イミテーションゲーム』

 

「それはどういう意味です?」

 

『....プレイしてみるか?』”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロボットと人間を見分けるテストはご存知でしょうか。アラン・チューリングが1950年に提唱した俗にいう「チューリングテスト」です。

 

壁を挟んで二つの部屋にロボット(対象)と人間(審判)を準備します。

 

対象と審判は文字で会話をします。対象はできるだけ人間らしく振舞います。審判は対象が人間であるかロボットであるか見抜こうとします。審判が対象を人間かロボットかを確実に判断できない時、このロボットのことを「チューリングテストに合格した」といいます。

 

つまり、隣の部屋にいるのはもはや人間なわけです。

 

このテストに世界で初めて合格したのは、2014年6月7日、「13歳の少年」の設定でユージーン・グーツマンというロシアのチャットボットです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"『そのドイツ人に恋人がいるって思った理由はなんだったの?』 

 

「ジョークだから気にしないで」

 

 『大事なことなんだ!教えてくれ頼む』

 

 「……通信がいつも同じ5文字で始まるの。CILLY。だからきっと恋人の名前だと思って」

 

『有り得ない……ドイツ軍から毎回異なる5文字で始めるよう指示されているはずだ』

 

 「人は愛故に変なことをするものよ」 

 

『あぁ…だが今回は…ドイツ軍は愛故に戦争に負けたぞ……!!』" 

 

 

 

 

 

 

”『これはゲームだ。テストといってもいい。相手がマシンか人間かを、判定するテストだ。

 

審判と対象がいる。審判がいくつか質問をする。そして対象の答えを元に判断を下すんだ。対象が人間なのか機械なのか。さぁ、僕に何か質問してみろ。』

 

 

普通でないこと。

 

政府の命令でホルモン投与治療を1年間受けたあと、アランチューリングは1954年6月7日、41歳の若さで自殺した。彼の最後は、青酸中毒であった。部屋には青酸の瓶が多数落ちており、ベッドの脇には腐りかけの林檎が落ちていた。同僚の話によると、彼は死の前に、映画「白雪姫」を見た後、友人にこう述べたという。

 

『魔法の秘薬にリンゴを浸けよう、永遠なる眠りがしみこむように』

 

 

 

1885年から1967年の間に英国法によってわいせつ罪で有罪とされた男性の同性愛者は4万9千人。

エニグマ暗号の解読は戦争終結を2年以上早め、1400万人以上の命を救った。

 

You....will never understand!!! The importance of what I am creating here!!

あなたにはわかっていない。僕が今ここで創り出そうとしているものの重要性が!

 

 

 

 

 

 

 

 

”Now, you get to judge. So tell me, what am I? Am I a machine? Am I a person?

Am I a war hero? Am I a criminal?

『さて、判定してもらおうか。教えてくれ、僕はなんだ?僕はマシンか?人間か?

僕は戦争の英雄か?それとも犯罪者か?』

 

I can't judge you-

「...私にはわからない」

 

Well, then you're no help to me at all.

『だとしたら...僕を助けられないな。』”

 

 

映画『イミテーションゲーム』