40代からの「質」の高い人生の歩み方。あなたの宿命の特性、生き方に気づき、本来のライフプランを歩む思考法をアドバイス。 -2ページ目

40代からの「質」の高い人生の歩み方。あなたの宿命の特性、生き方に気づき、本来のライフプランを歩む思考法をアドバイス。

40代以上の方々向けに自分の特性に合った最適な仕事、生き方、QOLを提案、アドバイスをしています。
●各種講座も開催、(易経、マヤ暦、思考法、個人ビジネス)
●個人カウンセリング、アドバイス随時受付中です

NEW !
テーマ:

まだまだ未熟であり

まだまだ不徳である

 

 

火水未済は64卦の最後に登場する

卦になります。

 

事前63番目のの卦が水火既済と

いう卦で

 

相対している卦の並びになります。

 

水火既済は完全に正応している卦

で、万事完成を表しますが

 

この火水未済は

未だに済まない、まだ完成には

至らないという卦です。

 

この不完成を持って易は終わり

更に次の易への循環へと流転

していくことを意味します。

 

自分は

まだまだ未熟であり

まだまだ不徳である

 

だからこそ、易のめぐりを

また経験することで

 

その未熟で不徳な自分を

成長させていく必要がある

 

そのように気づかせてくれる

のが火水未済だと学ぶと

良いでしょう。

 

 

 

 

★爻辞の説明

 

 

未済は亨る。

小狐ほとんど済(わた)らんとして

その尾を濡らす。

利ろしきところなし。


彖に曰く

未済は亨るとは、柔中を得ればなり。

小狐ほとんど済(わた)らんとすとは

いまだ中を出でざるなり。

その尾を濡らす、利ろしきところなしとは、

続いて終わらざればなり。

位に当たらずといえども

剛柔応ずるなり。

 

 

未済は伸び栄える。

子狐が河を渡ろうとして

いま一歩のところで

尾をぬらししまう

 

挫折して万事順調に行かず。

 

しかし、六爻ともに

正位を外れているとはいえ

すべて正応しているのだ

 

一致団結して難関を切り抜けるのが良い

 

 

象に曰く

火の水上に在るは未済なり。

君子もって慎みて物を弁え方に

居らしむなり

 

 

火が水の上にあっって所を得ていない

 

これが未済の卦象である。

君子はこの卦象をみて、

慎重に事物を区別して

適所にこくことを心がけるのである。

 

 

<初六>

その尾を濡らすとは、

また極を知らざるなり。

 

見通しもなく河を渡ろうとして

尾を濡らす。吝。