ジャマール・マレーのストイックな生活と壁を克服する能力、そしてカナディアンとしての誇り。 | NBAブログ 〜We The NorthとGrind City〜

NBAブログ 〜We The NorthとGrind City〜

NBAが大好きな、しがない大学職員の書くブログ。
ラプターズとグリズリーズ、そしてデローザンのことを中心にNBA記事を和訳で綴っていきます(でも英語は大の苦手!)。

毎日が24時間で足りない日々ですが、
苦手な英語と戦いながらできる限りの情報をお届けします。

いつも閲覧くださりありがとうございます^^

 

 

今日は試合がお休みですね。しかもこの後はちょっと変則的。

明日はナゲッツvsレイカーズが行われて、次の日にセルテvsヒートという。イーストの日程はちょっと空き気味になりますね。なんでだろ・・・。

 

ということは明日にはWESTの今後の流れが見えてきそう。

イカーズが3連勝となれば、“歴史上は”ナゲッツが勝利する可能性がなくなる。ここで盛り返して2-1となれば、今回の流れから見てまだまだ可能性が残る。(厳しいだろうけど)

昨日読んだ記事のなかでマローンHCも言っていましたが、

“次の試合は非常に大きな一戦となる” まさしくそれです。

私は言うまでもなく、ナゲッツを応援しているのですが、今年特に思うこと。

扱いが本当にラプターズを見ているような感じだなって。そして、彼らは自分たちを証明するために闘っているのだなって。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中でもそう、ジャマール・マレーを応援して止まないんですよね。皆さんもお気づきの通り。

(このプレーオフの期間に彼について記事を読んだ回数の多いことよ。汗)

彼はカナディアン。カナダの現地新聞でもラプターズの敗退が決まった後、彼の応援にシフトしていくのが見て取れました。彼の情報はカナダのサイトだと豊富に得ることができます。

彼は、次の契約年度にはカナダのアスリートの最も稼いでる1位になるとかならないとか。

その存在が、カナダのバスケットの底上げになるってずっと言ってきているのですが、

このプレーオフでの彼の活躍は多くの子供たちの憧れの姿となっていることでしょう。

 

では、彼はどんな風に育ってあのような選手になったのでしょう。

あの不屈の精神はどこから生まれてくるものなのか。記事を読んでみたいと思います。

 

 

※カンファレンスファイナルが始まる前にUPされていた記事です。

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

Jamal Murray’s basketball career defined by ability to overcome any test

ジャマール・マレーのバスケットボールキャリアはあらゆるテストを克服する能力によって定義される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バブルでの生活は、NBAプレーオフのブレイクアウトチームのブレイクアウトストーリーになっているオンタリオ州キッチナー出身でのデンバー・ナゲッツのガードであるジャマール・マレーにとって非常に良いものだった。

 

彼は、気晴らしするものの欠如や、家や家族や友人がいないことによる快適さを欠いていることに苛立っていない。

 

彼の生活は必要最小限の必需品(食事、睡眠、フープのプレー)にまで絞り込まれているが、それは彼にぴったりなのだ。

 

23歳のマレーは、金曜日のウエスタンカンファレンスファイナルのGAME1に先立って、レブロン・ジェームズとロサンゼルス・レイカーズと対戦する前に、木曜日の夜にカナダのメディアとのテレカンファレンスで“楽しいよ、バブルは楽しいよ。”と語った。

 

“…僕のようにバスケットボールに夢中になっている場合は、それははるかに上手くしてくれるし、はるかに楽しいものにするからね。”

 

 

勝利、そして一見ゲームを成功させる能力がおそらく助けにもなるだろう。ナゲッツは、単なる勝ち目のない雑多なチームの物語ではない。彼らは密集したウエスタンカンファレンスの3位シードであり、マレーと共にプレーするニコラ・ヨーキッチはすでに“最大”契約の選手として扱われている。マレーは来シーズンに受ける1億7,000万ドルの契約により、史上最高額のカナダ人アスリートになるのだ。

 

彼らはベストオブセブンシリーズで3-1の劣勢から2度カムバックした史上初のチームであり、ユタに対する1stラウンドと非常にチャンピオンシップの候補として名高かったロサンゼルスクリッパーズとカワイ・レナードとの2ndラウンドで勝利したが、それはマレーの爆発が大きな理由である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マレーは火曜日の夜にクリッパーズを倒したとき、NBAの歴史の中でGAME7で40PTSを獲得した2番目に若いプレーヤーになった。リーグ史上最高の7ゲームプレーオフパフォーマンス:彼のそれらの試合でのアベレージは31.6PTSで、真のシューティングパーセンテージは68.2だった―—誰もそのレベルの効率でそのボリュームを獲得したことはない。

 

報酬は、ジェームズと彼のチームメイトであるアンソニー・デイビスをNBAファイナルで倒すチャンスだ。ナゲッツは再び弱者として扱われ、マレーはそれでも完全に元気だ。

 

 

“僕は何度もレブロンを見てきた、またはレブロンを見上げて僕のアイドルとして見たけど、今はそこに行って、僕がここ何年にもわたって取り組んでいる仕事を[テスト]する時が来たんだ。 ”と彼は言った。

 

“ここにいることは神の祝福だよ。僕は健康でうれしい。ウエスタンカンファレンスファイナルでレブロンとADと対戦できることは幸せだよ。それは僕にとって夢だったし、さまざまな方法で本当のテストになるからね。”

 

 

スティーブ・ナッシュ以外のカナダ人によって、最も印象的なNBAキャリアとなるための道のりにおいて、マレーを際立たせたのは、テストを克服する能力だ。

 

彼を最もよく知っている人物は驚いていない。

 

“正直言って、私は驚かないよ。”とオレンジビルプレップのバスケットボールオペレーションディレクター兼ヘッドコーチのTony McIntyreは言った。マレーはナゲッツによって2016年のドラフトで全体7位でドラフトされる前であり、ケンタッキー大学で1シーズンプレーする前に、そこでプレーしていた。

 

“彼は追いつめられた状況の時、それが皆がジャマール・マレーの最高のプレーを見られる時なんだよ。3-1の劣勢?それはジャマールのすべてが見られる時だよ。”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ADは同じ大学だったみたいですね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マレーは身体能力があるが、NBAで目立つほどの目を見張るようなものではなく、6フィート5で、サイズはかなり平均的だ。そして、彼のキャリアのこの時点まで、若い新興チームの効果的なプレーヤーだったが、最近までフラッシュで可能性の上辺を示しただけだった。

 

しかし、今では、自分の道をたどる新興の才能として彼を見ていた人々、たとえばカナダに高校に留まって見てきた人々にとって、マレーの爆発的な開花がおこるのは時間の問題だった。彼のスキル、才能、そして最も重要な自己信念の組み合わせは、ほとんどそれを保証し手いるようなものだったという。

 

“彼は常に最大のステージで常に最高のパフォーマンスを行っていたよ。いつもそうだったけど、何らかの理由で人々は少し懐疑的な見方で彼を見ていたんだよ。”と元カナダ代表チームのヘッドコーチであるロイ・ラナは、現在サクラメント・キングスのアシスタントを務めている―—彼は高校時代のNBAの有望選手のための最高のショーケースであるナイキフープサミットでマレーを2回指導した。

 

そのロスタはNBAドラフトボードの有力者のような選手が見て取れた— 2014年、マレーはヨーキッチ、ミネソタ・ティンバーウルブズのスターであるカール・アンソニー-タウンズ、アトランタ・ホークスセンターのクリント・カペラを含む世界のチームでプレーした。

 

“もっと大きな評価をもっている他の選手もいたが、彼には適切なエナジーがある。彼とプレーしていた選手と同じように、常に失敗を恐れていないんだ。”と2015年のゲームでマレーの手にボールを置いて見たラナは言った。彼は30PTSをあげて、MVPを獲得した。

 

“彼らはいつもそれで大丈夫というわけではないんだ。彼らは少し苦しむことになる。でもジャマールは決してそのようなことはなかったんだ…精神的に彼はいつも同じだった。”

 

“彼は精神的に私が今まで指導した中で最強の選手だよ。”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは彼がマレーをプッシュしてきた父ロジャーの助けを借りて培ったものであるが、彼は常にマレーの最強の支持者だった。彼は息子に武道を紹介し、一見不可能と思われる作業を実行するために必要なエリートの焦点の例としてブルース・リーを使用した。マレーはルーティンとして瞑想し、バスケットボールのスキルと同じように細心の注意を払って自分の考えを形作るために自分自身を訓練してきた。

 

“この経験は彼にとって初めてかもしれないね。”とMcIntyreは言った。

 

“しかし彼はそれについて夢を見て、それを視覚化し、計画し、心の中で何百回もそれを実行しなかったとは思えない。ゲームは肉体的であると同時に精神的でもあり、彼は常に信じられないほどの自己信念を持っているから―—すべてにおいて最高の人物はそうするもんだよ。”

 

 

パンデミックが襲った後、NBAが4か月近く中断したことは、マレーがあらゆる面で力を取り戻すために使われた機会だった。

 

“明らかに、僕は訓練を受け、すべてがその一部だけど、その多くは精神的な仕事でもあったんだ。自分が持っているものを知り、勝つために何が必要かを知り、勝つためにチームが何をする必要があるかを知るというね。”と彼は言った。

 

“僕はステップアップしてショットを撃つことができるけど、これらの勝利を得るために闘う集団ユニット、集団グループだ。僕らがボールを動かした方法は、みんなを助けてきたよ。僕はただみんなを整理し、もっと声を上げ、オフェンスとディフェンスについてもっと話したいと思っているよ。本当にコーチともっと対話をすること、それが僕らが考えていることだよ。本当に良いバスケットボール選手や本当に良いチームに勝ってハイレベルでプレーするのはクールなことだからね。”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カナダ人としてそれを行うこともクールなことだ。マレーは大きな誇りを持っている。彼の計画は、カナダがこの夏のオリンピックに出場できるように支援し、そこでオリンピックを表彰台に導くことだったが、彼はNBAプレーオフのプラットフォームを使用して同様のメッセージを送った:カナダのバスケットボールは考慮されるべき力だと。

 

“人々の注目を集めるのはクールだよ”と彼は言った。

 

“僕はカナダ出身だけど、僕はすでに、いつも人々が僕を疑ったり、自分の能力やコート上で何ができるかを疑われたりしてきたよ。グループとして、僕たちがこれらのゲームに勝利し、反撃し、特定の方法でプレーするとき、誰もがそれに反応し、そういう非信者を信者にするのは素晴らしいことさ。これらすべての批評家は、彼らの言葉を理解しなければならないよ。僕らがここにいることができるとは誰も信じていなかったから、僕らはその能力があることを示し、今では4つのチームが残っているけれど、そのチームの一つであることが祝福されるべきだしね。だから僕らはゲームについて話し続けるよ。”

 

 

ウォルトディズニーワールドリゾートのNBAキャンパスを歩き回っている間、彼は物事をコート外でシンプルに保っている。それは、NBAチャンピオンシップが授与される10月中旬まで彼が望んでいるルーティンである。

 

“練習をして、食事をして、部屋に戻って寝ているよ。”と彼は言う。

 

“それから僕はゲームをする。それから僕は寝て、そして食事をして。それから僕はプールのそばを歩くんだ。今ここに家族がいるから、家族全員が歩いているのを見ることができるよ。‘OK、僕は部屋に戻るね’みたいなことを言って、シャワーするんだ。それからいくつかのビデオゲームをして、それから寝る。・・・最近は、ここバブルでかなりたくさんの夢を持っているよ。”

 

それらのほとんどが実現している。

 

 

原文:Sportsnet Canada 2020.9.18(現地)

Jamal Murray’s basketball career defined by ability to overcome any test

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に出てきたカナダのメディアとのテレカンファレンスで、彼はこんな風にも話していました。

 

 

ーーーーーーーー

 

“ホームに帰りたいよ。全員に会いたい―—みんな1人1人にね。だけどまだ会いたくないんだ。もう少しここに残って、どこまで行けるか試してみるつもりだよ。”とマレーはフロリダ州ブエナビスタ湖のディズニーキャンパスで行われたZoomのテレカンファレンスでそう言った。

 

“僕はただバスケットボールをするよ。それが僕だから。僕が知っているのはバスケットボールのことだけだからね。今まで成長してきたことはすべてバスケットボールだから…心と魂を込めてやるよ。”

 

ーーーーーーーーー

 

心と魂が込められているの、見ていて解る。彼は常に心の底から全力でバスケットボールをやっていると思う。

 

 

そしてなんて質素で簡素化された生活。気を散らすものが何一切ないんですね。

だからああやってものすごく純粋な選手に感じるのかもしれない。バスケットボールをする以外は本当に人間の基本欲求に基づくようなものだけで彼は不満を感じないんです。

瞑想がルーティンっていうのも・・・精神統一?精神的訓練がまず根底にあるんだなと。

それで動揺しない、落ち着いたまっすぐな選手になったんだなって思います。

 

素敵すぎる・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この選手は、知れば知るほど好きになるタイプの選手だなって本当に思います。

そして、これから先、どんどん伸びていくんだろうなって。今回はある意味自分が目標にしてきたレブロンやADに対して自分たちがどこまでやれるのかってことのテストというイメージで彼は挑んでいることが解りました。

もちろん勝つのに越したことはないだろうが、もしここで敗退となったとしても、彼はきっと得るものがとても大きかっただろうと思いますし、明確な次の目標も持つことができるでしょう。

そして何より、すでにこのバブルで大きな成長を遂げていますよね。

 

 

上手くいかない現状や立ちはだかる壁にストレスを溜めがちな人が世の中には多いけれど・・・

そういうものをモチベーションに変える気持ちの強さ。

どんなプレッシャーのかかる状況でも、常に一定の気持ちでいられる心の強さ。

ほんと、彼を見習わなきゃって思いますね。

 

 

 

 

 

 

あつかましくて申し訳ありません。

最近疲れ気味な私デルフィですが、皆さんの応援が活力になります^^

↓気が向いたらピコってしてやってください。