チームUSAのキャプテンにウォーカー、ミッチェル、スマートが指名される/クズマのシュートの改善 | NBAブログ 〜We The NorthとGrind City〜

NBAブログ 〜We The NorthとGrind City〜

NBAとF1が大好き。
ラプターズとグリズリーズ、そしてデローザンのことを中心にNBA記事を和訳で綴るブログ。(でも英語が大の苦手…)
毎日が24時間で足りない日々ですが、
苦手な英語と戦いながら睡眠時間を削ってできる限りの情報をお届けします。

いつも閲覧くださりありがとうございます^^

 

 

今日はお昼頃、アメーバさんは何かの障害が出ていましたね。

おかげさまでいつもの13時台の更新は出来ず。見に来てくださった方には申し訳ありませんでした。

 

 

さて、昨日の夜に続いてチームUSAについての記事を読みます。

昨日は、オーストラリアとのエキシビションマッチを行ったチームUSAですが

しっかりと試合を見た訳ではないので詳しいことはわかりませんが、ちゃんと得点すべき選手が得点し、リバウンドを取る人が取って、比較的バランス良くやっているんじゃないですかね。

彼らにとって、特に若手選手にとってこの場所は成長のための場所でもあることを彼らはよくわかっています。

いろいろなことに取り組みながら、国の代表として戦っていくんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とあるサイトによる、昨日の選手たちの分析ではこんな感じ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

スターター

(PG)ケンバウォーカー:A-

(SG)ドノバンミッチェル:B

(SF)ジェイレンブラウン:C

(PF)ジョー・ハリス:C +

(C)マイルズターナー:A

 

ベンチ

カイル・クズマ:B +

ジェイソン・テイタム:A-

クリス・ミドルトン:C

ハリソンバーンズ:D

メイソン・プラムリー:B

 

 

本当は、五輪経験のあるバーンズにもっと頑張ってほしいのですが・・・

 

 

 

分析/評価:

チームUSAはオーストラリアの非常にフィジカルなチームに対して好成績を収め、主に54-36のリバウンドで優位性を示した。彼らは先週スペインと同じようにフィールドからボールを​​よく撃ち(48%)、30本中13本のショット(43%)で3Pの鋭いシュートを続けた。

 

おそらく彼らの最も注目すべき改善は、ターンオーバーエリアで、彼らは金曜日にスペインに対して行ったよりも10少ない13つにおさめた。しかし、彼らが決めた41本のバスケットのうち18本だけがアシストが記録されるものであり、ケミストリーの問題は依然として非常に重要な問題である。これは、ウォーカー、ミッチェル、その他の1on1の対応が得意であり、ピックアンドロールで積極的にオフェンスを組み立てているためであるが、チームUSAはセルビアやフランスのような身体の大きい(身長の高い)相手で、ボールへのプレッシャーをかけるのが上手いチームに対しすることを考えると、もっとハイレベルでプレーすることが必要である。

 

 

ーClutch Pointsより

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほど。

これを読む限り、USAは個人技に頼っている部分がまだ大きいということですかね。

もっとケミストリーの構築をして、チームプレーで戦うようにしたい。パスがまわるようにして、アシストをもっと稼げるようなチーム構成にしたいんですね。

 

 

で、やっぱり・・・

 

ケミストリーを築くにはチームをしっかりとまとめる選手が必要でしょう。

チームUSAは、3人の選手をキャプテンに指名しました。(3人も??)

これがどういう基準で3人なのかはわからないのですが、少なくとも誰か1人はコート上にいるであろう選手、ということですかね。

やはり、プレーメイカーであるガードの選手が3人。司令塔発でケミストリーを作っていこうということでしょうか。ラウリーがいれば適任だったのになあ、とも思いますが

リーダーの経験をすることも大きな成長に繋がるので、ミッチェルあたりが面白いのかも。

 

では、そのキャプテンを決めたという記事と、今回のエキシビションマッチでも積極的に3Pに取り組んでいたカイル・クズマのこの夏のショットへの取組みについての記事を連続で読んでみます。

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

Kemba Walker, Marcus Smart, Donovan Mitchell named Team USA captains

ケンバ・ウォーカー、マーカス・スマート、ドノバン・ミッチェルはチームUSAのキャプテンに指名される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チームUSAはケンバ・ウォ—カー、マーカス・スマート、ドノバン・ミッチェルをチームのキャプテンに指名した。

 

ウォーカーとミッチェルはチームUSAのバックコートコンビとして共にスターターを務めている。スマートはラスベガスでのトレーニングキャンプで負ったふくらはぎの負傷のためにまだプレーをしていない状況である。

 

しかしながら、グレッグ・ポポヴィッチはスマートに備わっているリーダーシップのクオリティを気にいっているように見える。

 

 

チームUSAは12人をFIBAワールドカップが行われる中国へ連れて行く。スマートはまだプレーしていないけれども、キャプテンに任命されたことで中国に向かうと予想される:

ポポビッチと彼のスタッフは、このグループから一人のプレイヤーをカットする必要があるのだ:ハリソン・バーンズ、  ジェイレン・ブラウン、  ジョー・ハリス、  カイル・クズマ、ブルック・ロペス、クリス・ミドルトン、ドノバン・ミッチェル、メイソン・プラムリー、マーカス・スマート、ジェイソン・テイタム、マイルズ・ターナー、ケンバ・ウォーカーとデリック・ホワイトである。

 

 

チームUSAは木曜日に2回目のエキシビションゲームでオーストラリアを破った。アメリカはFIBAワールドカップでこのところ2連続で優勝している。しかし、今年のロスタにはスーパースターの力が欠けているため、多くの評論家がチームUSAは脆弱であると考えているようだ。

 

ウォーカーとミッチェルは、すべての疑惑者が間違っていることを証明しようとするモチベーションについて何度か話している。2人のガードはアメリカにとって最高のスコアラーであり、実際のゲームが始まれば、中国で高いレベルでプレーする必要があるだろう。

 

 

原文:Clutch Points 2019.8.22(現地)

Kemba Walker, Marcus Smart, Donovan Mitchell named Team USA captains

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

 

 

 

 

スマートが離脱しないための処置だったりして・・・汗

でも、ポポヴィッチが彼のリーダーシップを買っているということなんですね。

 

 

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

Lakers’ Kyle Kuzma shows off revamped shooting stroke in Team USA’s win over Australia

レイカーズのカイル・クズマはチームUSAがアーストラリアに勝った試合でシューティングストロークの改善を見せる

 

 

課題を打ち立てて、それに取り組むっていうのは良いですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロサンゼルス・レイカーズのフォワードであるカイル・クズマはオフシーズン中に3Pのシューティングストロークの改善に取り組んでいた。そして、それを木曜日のチームUSAの対アースとラリア戦における102-86の勝利で全面的に見せつけた。

 

クズマはオースとラリアに対して早い段階からショットを撃とうとしていた。実際、元全体27位指名の彼は、3Pラインからの5本の試投のうち4本を決めてみせた。彼は1Qだけで3-3だった。

 

 

今月初め、クズマは、シューティングフォームを含め、ゲームで改善したい側面がまだあると指摘していた。彼は、Orange County Registerのカイル・ゴーンに、ショットをどのように調整しているかを説明していた。

 

“手首を使って高く保ち、強く弾くんだ。足を使ってね。”とクズマは言った。

“考えすぎないようにしたいね。その3つだけさ。プロセスを信頼しているよ。”

 

 

クズマはレイカーズと共に素晴らしいシーズンを迎えようとしている。チームでの70試合の出場で、24歳の彼は、FG率45.6%(3Pは30.3%)、1試合あたり33.1分の出場で平均18.7PTS、5.5REB、2.5ASTを獲得した。

 

チームUSAは土曜日に、オーストラリアと再びエキシビションマッチで対戦する予定だ。

 

 

原文:Clutch Points 2019.8.22(現地)

Lakers’ Kyle Kuzma shows off revamped shooting stroke in Team USA’s win over Australia

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

 

なんでこんな色の頭になっちゃったんだろうか。

 

 

 

 

 

クズマのハイライトをまとめたTweet。うん、なかなか良いフォームですよね。

 

 

 

 

 

 

 

このような目に見える改善がなされたというのに、昨日の試合の評価はB+なんですね。

まだ改善が必要な部分が多いということでしょうか。でも課題は多いほうがいいです。まだ彼は若いので。

でも、この評価をつけた記事でも、書いてある個人の評価内容は悪くありませんでした。

「ポポビッチ監督との試合で重要な時間を過ごしたいと願っている選手からの力強いプレーが見られた。」とありましたので。きっとポポヴィッチへのよいアピールになりましたね。

 

そして、彼が想い通りに成長したとすれば、レイカーズは本当に恐ろしいチームになるでしょう。

彼のアプローチは正しい。他のレイカーズのスター2人は、それほどアウトサイドに強い選手とは言えないので(まあ、レブロンは当たっていれば何でも入るが)アウトサイドの強化が出来れば、それはクズマにとって大きな武器になるはずですよね。

 

 

 

で、でもどうしても今の彼の髪型が気に入らない私・・・。なんだかメンディーみたいなんだもの。

シーズンが始まるころには元通りになっていると良いんだけど。笑

 

 

 

 

 

あつかましくて申し訳ありません。

最近疲れ気味な私デルフィですが、皆さんの応援が活力になります^^

↓気が向いたらピコってしてやってください。