L' ange Noir~黒い天使

言葉とキャンドルで心に火を灯す*Hirokoのブログ。
主にBUCK-TICKへの愛を綴っています。
ささやかな美しいもの、愛してやまないものを
魂の灯火にして、創造する日々の記録。



テーマ:

1987年の今日はBUCK-TICKデビューの日。

30周年おめでとうございます。


進(深・神)化する唯一無二の存在感と変わらぬ美しさ、

5人の生み出す世界が大好きです。


BUCK-TICKに出会う前と後で

人生が激変した、といっても過言ではありません。


出会えたことに、心からの「ありがとう」を。

そして、これから見せて下さる色々な姿も楽しみにしています♡

***


今週末はいよいよTHE PARADE。

ということで、数秘で予想してみました。

image

THE PARADE

ペルソナ 3

ハート 3

使命 6


思う存分、感じるままに、楽しもう。


難しいことなんて、なんにもない。

演者も観客も、無邪気に音と戯れて

ともに、歓びを味わう時間。


彼らの愛に包まれ、私たちの愛を届ける時間。


私たちの、彼らの

「楽しい!大好き!ありがとう!」がひとつになって

これからも続くパレードの、大切な1頁となる。

***


2daysなので、それぞれの日を数字で比較。

FLY SIDE(2017.9.23)

ライフパス 6

ペルソナ 3

ハート 5

使命 8


ノリがよくてアッパーな印象。

楽曲で言うと、独壇場Beauty、STEPPERS、

CLIMAX TOGETHER、Alice~あたりのイメージ。


とっつきやすい感じ、とでも言うのかしら。

うわーっと盛り上がる曲が多そうです。

一緒に遊ぼうぜー!みたいなね。


明るくて、楽しくて、わくわくする。

そんでもって、あったかい。

そんな感じ。


HIGH SIDE(2017.9.24)

ライフパス  7

ペルソナ 1

ハート 5

使命 6


こっちは、

これぞBUCK-TICK!というディープな曲が多そうです。


無題、BOY、誤解、SANE・・・その辺り。 


渾身の舞台に圧倒されて、

会場が一瞬静まり返る、みたいなことがありそう。


でもって、ここから先

彼らが追求していく世界の一端を

垣間見ることができる・・・かも。

BABEL、聴けるかしら。

どうかしら。


そして、観終わった後、しみじみと

音や空気の余韻に浸って、幸せな気持ちになる。

そんなイメージも浮かびます。


ものっすごく乱暴な言い方をすれば、

23日は今井ワールド、24日は櫻井ワールド。


ざっくりと、そんな予想をしております( *´艸`)


両日とも、ハート数が5。


ということで、新しいアレンジや

意表をついた衣装・演出などで

私たちを楽しませてくださるのでは♡と思います。



当たるも八卦当たらぬも八卦。

はてさて、実際はどうなりますやら。

楽しみです♡


♪御覧頂きありがとうございます♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「 └ BT数秘」 の記事

テーマ:

image
届きました。


ジャケットを開くごとに

きゃぁ♡だの、おぉぅ!だの

思わず声が漏れる仕様になっております。


ジャケ写が発表されたとき、

ごちゃごちゃしてるわ・・・と思ったのですが(笑)

CATALOGUE 1987-2016 (初回限定盤A)/ビクターエンタテインメント
¥12,960
Amazon.co.jp

BUCK-TICK記念館に入り込んで

探し物をしているようなワクワクを味わえます♡


長い長いジャケットは

そのまま30年という年月の長さも表しているみたい。


彼らの歴史が凝縮されたデザインの数々。


積み重ねてきた時間、

生み出してきたものへの愛情に

「今」の彼らの姿が加わって生まれたベストアルバム。


単なる過去の集大成ではない

未来への心意気、のようなものも

このデザインから感じたのでした。


30年ひとつのことを続ける

・・・これからも続けていく・・・ことの

凄みや重みを感じさせながら


その姿や姿勢が、年月を経るごとに

軽やかさを増していくように見えるのも


バンドのカラーや世界観を

一言では言い表せない彼らならではだなぁ、と思うのです。

image

特典のカレンダー。

 

新旧さまざまな写真が使われていたり

月ごとのリリース作品が書いてあったりと

こちらも贅沢な仕様となっておりました♡


飾りたいけど、画鋲で穴開けたくないなぁ。


ただひとつ気になるのが


・・・あっちゃんの髪型。^^;


ストレートの短いスタイルは大好きです。

でも!


なぜだろう、なぜこのスタイルなんだろう。


アー写はあんなにかっこいいのに!

30周年、記念の作品なのに!


比類なきあっちゃんの美しさ。

もっともっと引き出せたんじゃないのかしら。


なーんて思ったり。


そう言いながら

まぁ、どんなあっちゃんでも

大好きなんですけれどもね。


さてさて、5枚組超大作。

これからじっくり拝聴&拝見いたします♡


*ご覧頂きありがとうございます*

♰ L'ange Noirメニュー♰ お申込みフォーム
◆モニター募集
オートクチュールセッション*目覚めの灯火


キャンドルWEBショップ*L'ange Noir
♰ インスタグラム メインアカウント angenoir_434
キャンドル専用アカウントangenoir165
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

グッズの会場受取予約 が、思いの外呆気なく完了。

ほっとして公式サイトを開いたら・・・
image
New シングルのお知らせと

新しいアー写が画面にばーーーん!!!


この黒き衣を纏った

5人の妖しく美しいこと。


黒い天使そものですわ♡


そしてNew シングルのタイトルは「BABEL」。


New World(新世界=天地創造)

septem peccata mortalia(七つの大罪)


ときて、バベルですよ!!!


なんだかもう、これだけでゾクゾクします。


***


旧約聖書・創世記によるバベルの塔の大筋は


同一言語を使い、

高度な技術を手にした人間たちは

天高く聳える塔を建設しようとする。


その傲慢さに怒った神は

それまでひとつだった言語を分裂させる。


言葉が通じなくなった人々は混乱し、建設を断念。

その後、各地に散り散りとなった。

(多様な言語と民族のはじまり)


混乱の語源であるヘブライ語「バーラル」にちなみ

この塔はバベルの塔と呼ばれるようになった


・・・というもの。



BUCK-TICKが「BABEL」で描くのは


己の力を過信し

驕り高ぶる人間の姿か


そんな人間を

憐れみ怒る神の想いか


神の逆鱗に触れ

恐れおののく人の姿か


はたまた

まったく異なる視点から

眺めた世界なのか。。。


image
積み上げたものが、否応なく壊される。

これまでの当たり前が、そうではなくなる。


破壊、崩壊から生まれる新しい世界。

混沌から生まれ出ずるもの。

混乱、絶望の中にある希望。


そんなものを連想する「BABEL」

彼らの言葉と音から

どんな世界を生まれるのか。


今から楽しみでなりませぬ♡


***


現在、大阪の国立博物館では

バベルの塔展 が開催中。


東京開催時には、ヒグチユウコさん

バベルの塔にオマージュを捧げた原画展を開催されたり

書きおろし新作の作品集を出されていたり・・・。


世間で「バベル」熱が高まっている今、

あえて(?)シングル曲に「BABEL」。


30周年を迎える彼らの、攻めの姿勢を感じました。

・・・無関係かもしれないけどね(笑)


初回限定版 BABEL Higuchi Yuko Artworks/グラフィック社

*ご覧頂きありがとうございます*

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。