5月6日、忙しかった。

テーマ:

皆さん、GWも今夜で終わりですね。


いかがお過ごしになられたでしょうか?

NicoKota50308

(上記は40余年らいの大親友の田中シゲオ巨匠のお嬢様である、NICOちゃんとの荒木町での一コマです)


私は、就職活動と演奏活動等で、ケッコー多忙にしていました。


まずは先週末に、杉笑太郎おっしょ(芸能界大御所のプロデューサー・マネージャー)から、「代々木で路上ライヴをやるから手伝って」、との連絡を受けました。


んで、高田馬場のPlazaStageで週末からリハーサルに費やしました。


ライヴの内容は、世相を痛切にあしらった、古今東西の名曲の替え歌です。

それをアタシがギターで、バッキングしてソロで飾る、というものでした。


ところが、4日にはスタッフのKei君のお家が火事に遭い、それどころではなくなりました。


そんな日曜の夜、友人のギタリストが、高円寺でDuo Liveをご披露されるんで、行ってきました。


Liveは午後8時からだったのですが、時間をもてあましたアタシは、夕方から中野のブロードウェイをうろちょろ・きょろきょろ。


んまあ、こんなに幼年時のウルトラマンや仮面ライダー等のグッズが、希少なお宝物になっていたとは、全然師らなんだ。母方の実家が、豊島区の雑司が谷で、駄菓子屋を営んでいたので、仮面ライダー・スナックに付属していた、ライダー・カード等は一杯持っていました。


それらの、やっす~い単価のグッズが、今じゃ数万から数十万で取引されていたとは…


ああ、とって置けばよかった。


んでもって午後6時半あたりに、「もう寒くなってきたし、高円寺でコーヒーでも飲もうかな」と現地に向かいました。


そしたら、高円寺に着くなり、我が友人から電話があり、「コータ!今どこにいる?ギター持ってる?」と焦りまくったトーンで、ジョン・スコフィールド並にアウト・スケールされたフレーズで畳み込んできました…


前日には、この才覚溢れる友人から、「すげー技みせちゃうからな」と余裕で豪語されていたのですので、「あら、この焦り具合はどうしたのかしら」と思ったら、


「オレのギターが壊れた!どうにもならない!コータのギター貸して!」と激発懇願されたのです。


「え~っ、アタシのストラトは馬場のリハ場においてきちゃったし、アコギは小金井の実家よ」と伝えたら、「今から小金井に行って、とって来い!」とのご指示を御くだりになったのです。


「え~っ!!」とは思いましたが、でも、穴をあけることはできないだろうし、Duoのパートナーもいらっしゃるので、「へへい、お殿様、しばしお待ちを!」と伝え、009のごとく、再び加速装置を噛んで、一路小金井にむかったのです。


幸い、我がヤイリお姫様は、殿の荒いプレイにもすっかりお耐えになり、もとい、お応えになり、その晩の3ステージは大成功のうち終了したのでありました。


いやあ、我が友人(お殿)は生アコギで、Django並の素晴らしいプレイをご披露になりました。

最初は、人のギターなのに大丈夫かしら?っと心配したのですが、さっすがに「弘法筆を選ばず」を実践されました。

お姫も、プロの人に鳴かされてよかったね。


さて、そんな翌日の5日は、アタシと杉笑太郎おっしょの番です。


前日、火事というとんでもないご災難に遭ったにも関わらず、Kei君は健気に荷物等をまとめてくれて、また写真を一杯撮ってくれました。


Kei君、ありがと。

KotaSugibackfans50508!!

KotaSugi50508a!

昨日は代々木はちょっと肌寒かったのですが、おっしょさんとジャムりはじめた瞬間から、スパークが飛びはじめ、そんな寒さはふっとびました。


曲目は、


チベットの風になって (原曲=千の風になって)

年金がない (傘がない)

今日まで、そして明日から (原曲名ママー内容替え歌)

腹立ちの歌 (出発の歌)

毒の餃子は、東へ西へ (東へ西へ)

ホテル・ニュー高田 (Hotel California)

KYなんて (人間なんて)


これらを大体2回~3回やりました。

KotaSolo50508a!!


ここで一曲、おっしょさんの替え歌を披露しますね。

それでは、チベットの風になって。


聖火のリレーの前で、泣かないでください。

そこにスポーツはありません。 ダライ・ラマもいません。

チベットの風が 抗議の風になって

世界中の都市で 吹き荒れています。


北京の五輪の前で私を 勝たせてください。

負けても代表に選ばれた 谷亮子です。

田村で金メダル 谷でも金メダル

そしてママでも金メダル 期待に応えたいのです


北京の開幕式は どうなるのでしょう?

そこに人権はありません 政治しかありません

チベットの風が 抗議の風になって

世界中の都市で 吹き荒れています

あのチベットの風が 吹き荒れています


とこんな感じなのです。杉おっしょは声楽を勉強されているので、それはお美しいお声でお歌になるのですよ。


こっちはバンカラの元ハードロッカーです。それもストラトを抱えて…


ま、このミスマッチがいいのかも。


ちなみにおっしょが、アタシの譜面台の前に、「麗人ギタリスト、石島コウタ」とお謡いになりました。

(あっ、まだ"命名に関する考察”の続きを書いてない!)


セットのブレイク中に、拓殖大学に通われる学生さん達が、よってきて色々とお話をしてくれました。

KotaFans50508a!

KotaFans50508c!

話が、David Bowie~Deep Purple~ M. Manson等に及んだので、ブレイク中にも関わらず、Overdriveに切り替えて、BlackNight~ソロをとってしまいました。

KotaSoloFans50508!

杉バンマス、逸脱行為ごめんなさい。


そんなこんなでうまくいったので、次回は5月11日に、井の頭公園で演奏する予定です。

そして12日には、高田馬場のPlaza Stageでも杉おっしょとDuoります。


あっ、9日のオープンナイトでは、皆に混じって、ソロを数曲やりますね。当初は静かなインストを考えていたのですが、う~ん、昨日のBlack Nightで味をしめたな~、ここはDistortionかまして、ハードッチックにやっちゃおうかなあ・・・


セット狩猟後、薄情なアタシは、皆とそこで別れて、我がホッピー師匠のまあっちゃんがいる恵比寿へと向かいました。


そしてそこでのGirlsセッションは、翌朝まで続いたのでした。

KotaYuriMasami50508!

ああ、女性はみんな辛いんだな、ってな内容になったのです。


やい、そうなのよ、勝手な男性諸君!むっ


というわけで、次回はまたシリアスになります。


だって、Girlsセッションにおいて、男性不審から、命名考察から米国に関することやら、またまた虐待のことやら、すっごい話題が噴出したんだもん。にひひ