音譜お知らせ音譜
 

当社のFacebookページに、企業案内「教育を通じた社会変革への挑戦」を掲載しました。

右矢印ブルーミングキッズ教育社Facebookページはこちら。

 

 

そちらの企業案内文をこちらにも転載致します。

 

 

 

目標とする新しい塾

 

 これまでの塾では、「利益の配当を受ける企業所有者(多くは株主)」と「サービスを受ける生徒」が異なるために、塾のスタッフたちは生徒のためになることでも利益に繋がらない限り、実行するのは困難でした。

 

 しかし、「子供たちを企業の持ち主(株主)」にすることで、多くの場面でスタッフたちは「生徒の利益を第一に」考えて行動することができます。それが、生徒とスタッフの間に良好な関係をもたらし、双方の利益になると考えます。

 

 

メリット① 授業価格の最適化

 

 生徒こそが教育機関にとって最大の資産です。広告宣伝費を抑え、生徒の教育のために必要な設備投資と講師雇用の人件費に回すことで、教育効果の最大化を図ります。それによる生徒たちの活躍の姿こそが企業評価を高め、事業の発展に繋がります。

 

 いわば、生徒たちは当塾の「営業マン」であり、「広告塔」でもあるので、その成長のために経営資源を集中することが経営資源の効率を高めることにも繋がります。

 

 広告宣伝費の抑制と経営資源の効率化により得られた利益は、さらに企業所有者である生徒たちに配当を行うことで、サービス価格の最適化を実現します。

 

 

メリット② 責任ある経営判断への参加による組織運営経験

 

 社員総会(株主総会等)へ若年期から参加することにより、責任ある組織運営の意味と仕組みを早期から理解できます。社会へ出る前に企業運営の仕組みを体験することで、将来的に優れた労働者や企業経営者、あるいは思慮のある有権者や納税者としての活躍が期待できます。

 

 

メリット③ 通塾・卒業後の支援

 

 進学による通塾終了後も利益の配当により、大学の授業料等の教育費へ充当してもらうための金銭支援が行えます。

 

 

メリット④ 人材発掘による社会貢献

 

 財政的困難による学習機会の逸失を防ぎ、ひいては社会に貢献できる人材への早期からの学習支援が行えます。早期からの人材発掘により人的資源活用の効率化を図り、少子化によってますます細まる人材供給の不足を補います。

 

 

メリット⑤ 個人資産の早期構築

 

 配当により、社会へ出る前からの個人資産形成をお手伝いします。早期から始めることで次の世代に引き継がせるのに十分な資産を得るチャンスが広がります。

 

 十分な個人資産を持つことで、特定の国の政策に振り回されることなく、自由な思想を持って独立し、リスクの少ない人生設計が可能になります。

 

 

 

Objective of the Project(事業目的)

 

 In Japan,the recent social problem that education gaps are caused by income gaps of parents may be solved by our project's consistent efforts. We try to offer more children equal opportunities to receive more advanced education than the compulsory education curriculum . Eventually, we will cultivate different talents of children in childhood, such as sports, art, and intellectual ability, and then advise both the child and his or her parents on how to develop the child's potential and possibilities for success, and make contributions to efficiently find talents. The ultimate goal is to achieve a society where most people are happier due to equality of educational opportunities.

 

 

 家庭の「所得格差」が「教育格差」につながっている問題を解決し、多くの子供たちに義務教育以上の高度な教育を受ける機会を提供します。最終的には、スポーツ、芸術、知性の領域における才能を幼児期において発掘し、保護者と本人に助言を行い、子供たちの成功の可能性を高めるとともに効率の良い人材発掘と育成に貢献します。企業としての最終目標は「教育機会の平等によってもたらされる幸福感の高い社会」の実現です。

 

 

 

 

>最後までお読み頂き、ありがとうございましたニコニコ Written by Desaki