音譜お知らせ音譜
北海道内で受験可能な「全中学・高校のHPへのリンク集」を志望校の情報収集にご活用いただけます。

右矢印こちらのページにあるバナーをクリック!

 

 

 

6月16日(土)14:00より、札幌市中央区南3条15丁目1−1ノルベサ1F MIRAI.ST cafe にて、「ユニクロ」を中心とする企業グループの経営者である柳井正さんが創設された「柳井正財団」の奨学金プログラムを受給しながら、アメリカの大学で学ばれている4名の方々とお話をすることのできるセッションが開催されます。

 

 

セッションの詳しい内容はこちら

右矢印https://www.facebook.com/YanaiSummerSessions/

 

 

奨学金プログラムの受給資格等についてはこちら

右矢印http://h-lab.co/scholarship/

 

 

セッションに参加される4名のうちの一人である「久埜英一朗さん」(Brown University在学中)がお電話をくださりました。

 

海外大学進学に興味のある方にとっては、米国トップ大学で学ばれている方たちから直に生のお話を聞くことのできる貴重な機会です。参加無料ですので、そのような方にご参加をお勧めします。

 

特に下記のような学生の中で米国を中心に海外大学進学を考えている方は、有益な情報が得られる大変良い機会かと思います。

 

 

北海道インターナショナルスクール(HIS)生

 

奨学金受給資格が、「日本国籍」及び「高い英語力(TOEFL iBT 90点以上が目安)」となっています。この条件を満たす学生が多く存在するのは、札幌ではHIS(Hokkaido International School)です。HISに小学校または中学校まで通っていた経験のある子も該当する可能性があります。

 

 

札幌開成中等高等学校生

 

今回、お話を聴くことのできる留学生の中にUWCインド校で国際バカロレアを修了した方がいます。札幌で開成高校に通いながら「海外進学」か「国内進学」かで悩まれている方にとっては、バカロレアのメリット等について直に経験者の方からお話が聞ける貴重な機会のように思います。

 

 

上記の方々以外には、札幌で16年間暮らしていた方もいます。我々と同じ地域的な学習環境の中でどのような「学び」をされていたのかも是非、伺いたいところです。

 

 

留学を考えている札幌の中高生にとってはどの学校に通っている子にとっても、良いお話が伺える機会かと思います。

 

 

Written by Desaki