音譜ご案内音譜
北海道内で受験可能な「全中学・高校のHPへのリンク集」はこちらです。

右矢印ブルーミングキッズ教育社HPにあるバナーをクリック!

 

音譜志望校の情報収集にご活用ください音譜

 

 

 

 

大好評シリーズの”BKCのクラス紹介”キラキラ

 

今年も色々なクラスを紹介していこうと思っています。

 

「BKCではどんな内容の授業をしているのかな?」と、気になっている方も(そうでない方も)、ぜひご覧くださいね。

 

 

 

 

第3回目は…「センター試験準備クラス(数学)」です拍手

 

担当の出崎先生にインタビューをしました。カラオケ

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

―この「センター試験準備クラス(数学)」はどんなクラスなのでしょうか?

 

 

その名の通り、大学入試センター試験の数学対策を行うためのクラスです。

 

ですが、センター試験だけではなく、国公立大学2次試験や私立大学入試にも対応できる力がつくように、指導をしています。

 

現在授業は木曜日の19:30~21:25(115分)に行っていて、その後30分間は補習の時間にしています。

 

 

image

 

 

 

 

 

―授業内容を教えてください。

 

 

3年制の高校あるいは6年制の中学校よりもできるだけ早い進度で、基礎に重点を置いた解説と演習による定着を重視して授業を行っています。先取り授業を行うことで時間的に無理なく定着ができ、生徒の負担が減るようにすることを心がけています。

 

高校の進度(特に3年制の公立高校)に合わせてしまうと、入試までに定着させる時間が無いので、2次試験のための準備期間を確保できるように道内トップの公立進学高よりも若干早めか同じぐらいの速度で授業を進めています。

 

教材は数研出版の「青チャート」を中心に据えて、必要に応じて演習用のプリントも用いています。

 

 

(↓こちらが使用しているテキストです。ノートは生徒さんにお借りしました。↓)

 

 

 

 

{C0CADEC3-849A-46CF-9711-6662A3A7A4A5}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

―生徒の皆さんの様子はいかがですか?

 

 

現在は中3〜高2の生徒が受講していて、3年制の公立高校の1年生がクラスの中心です。

 

生徒たちの集中力は驚くほど高く、2時間の授業時間に加え30分の補習時間もあり、実質2時間半ですが、休憩を取りたがる様子もあまりありません。

 

部活や学校外のクラブ活動を行っている子もいますが、練習の後にも関わらずよく頑張っていると思います。

 

 

image

 

 

 

 

 

―このクラスを受講している生徒さんは、どんな進路を希望していますか?

 

 

国公立大学進学を志望している生徒が殆どです。

しかも理系希望者が多いので、数学の重要性については、生徒自身もしっかり自覚してくれていると思います。

 

その心構えが授業中の真剣な様子に表れているのでしょうね。

 

 

 

―指導の際、どのようなことを特に心がけていますか?

 

 

忙しい子が多いので時間を無駄にしないよう、本人の進学についての希望を聞いた上で優先順位を考えさせるようにしています。 進学の仕組みは年々複雑になり、子供たちの希望も多様になっています。「国内、海外、AO、一般、推薦、センター、記述、面接、バカロレア」等々で求められる学生像は異なります。 どの子にとっても一番重要なのは、学力の高低よりも「どれだけ時間が残されているか」ということです。その時間内に希望を叶えるための最適な方法を考えるようにしています。

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

―生徒の皆さんに今後どのように成長してほしいですか?

 

 

自分の人生を大切にし、余裕ができたら他者のために生きて欲しいです。幸せはどのような人生を選んだとしても、最終的には「誰かの役に立つ」ことでしか得られないことが多いように思います。他者の役に立ち続けるためには、いつまでも学び続けて、他者への理解を深めながら力を養うことが必要です。 入試で力尽きることのないようにして欲しいです。

 

 

 

 

―今頑張っている皆さんに、一言アドバイスをお願いします。

 

 

自分の力を過小評価することなく、喜びを感じながら頑張れるものを探してみましょうキラキラ

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

BKCのクラス紹介、いかがでしたか?

 

今後他のクラスも紹介していく予定です。次回もお楽しみにビックリマーク

 

 

 

Written by Miki Moriya