音譜 お知らせ音譜

ブルーミングキッズ教育社のHPに、<北海道内>で受験可能な「全中学・高校のHPリンク集」を作りました。志望校決定の際の情報収集などにご活用できます。

右矢印こちらのページにあるバナーをクリック!

 

 

 

 

2016年10月4日、[映画.com ニュース]に下記のような記事が掲載されました。

右矢印「スター・トレック」のキャストやスタッフ100人がドナルド・トランプに反対

 

記事の大まかな内容は、アメリカのSFドラマで映画化もされている「スタートレック」の出演者や関係者たちが米大統領選候補のドナルド・トランプ氏を人種差別主義者と看做し、その当選を阻止するためのサイトを立ち上げたというものです。

 

 

私も以前(2016年9月28日)に書いたブログ記事(右矢印SFドラマの中の「社会問題」② ー「スタートレック」と「人種・性差別」)で、”スタートレックの歴代艦長の顔ぶれを見ると、現オバマ大統領の次は、白人女性であるヒラリー・クリントンが大統領になるのではないか”というニュアンスのことを書きました。

 

その記事の抜粋はこちらです。

 

 

話は変わりますが、現在このドラマが制作されたアメリカでは大統領選挙が迫っています。

 

投票日は2016年11月8日です。

 

ここで、カーク船長とミスター・スポックが出てくる最初のTVシリーズ『宇宙大作戦』の後に制作されたスタートレックシリーズも含め、全5作品の船長及び司令官の「人種」及び「性別」をドラマ内の時系列順に並べてみます。※右にあるのは役名です。

 

 

『スタートレック エンタープライズ』

白人男性  ジョナサン・アーチャー(Jonathan Archer)

 

『宇宙大作戦』

白人男性  ジェームズ・タイベリアス・カーク(James Tiberius Kirk)

 

『新スタートレック ネクストジェネレーション』

白人男性  ジャン=リュック・ピカード(Jean-Luc Picard)

 

『スタートレック ディープスペースナイン』

黒人男性  ベンジャミン・ラファエット・シスコ (Benjamin Lafayette Sisko)

 

『スタートレック ヴォイジャー』

白人女性  キャスリン・ジェインウェイ(Kathryn Janeway)

 

 

スタートレックシリーズの中における船長達は、人間性に優れ、部下達の信頼を集め、強力なリーダーシップによって難局を乗り越える、正に大統領のような存在です。

 

当初は白人男性ばかりがキャスティングされていましたが、人種差別や性差別であるとの批判を避ける為、徐々に多様化していきます。

 

その結果、最初の3作品は全て白人男性、次に黒人男性、そして最新作は白人女性となりました。

 

4作品目のシスコ大佐は、現大統領のバラク・オバマに重なります。そして、次の5作品目のジェインウェイ艦長は‥‥‥‥。

 

なんだか、次の米大統領は白人女性であるヒラリー・クリントンになりそうな予感がしてきました。

 

スタートレックの船長・司令官たちはアメリカ社会が求めるリーダー像を示し、その時代の雰囲気を表しているのかもしれません。

 

 

 

数ヶ月前、当塾のSAT Math対策講座(海外留学のための数学講座)に参加していた女の子が、米大統領選の話をした際に、「トランプが当選したら、留学を考え直すかも」と言っていたのを思い出します。

 

 

差別主義に反対するトレッカー(=熱狂的な「スタートレックファン」)達の願いが叶えば、彼女も安心して留学に行けるのですが‥‥‥。

 

 

 

Written by Desaki