ネットがない時代、東京の高校生がオリックスを応援するということ

配信 文春オンライン

記事の詳細はこちらからお願いします

 

こちらの文春オンラインさんに掲載された記事についていですが

読んで、なんか感動しちまったって言うか

「俺も一緒じゃぁ~!!」って叫んでしまったって言うか

何か、こう言う記事を書きたいって気持ちに駆られてしまいました

 

元々は私、カープファンでしたがそれは両親がジャイアンツファンであり

何故か小さなころから「野球は巨人」なんて発想が大嫌いでした。

(このころからちょっと曲がった考えのガキでした)

そんなジャイアンツを倒して優勝するカープが当時はカッコよく見えてました

 

そんな私がロッテとパリーグが好きになりだしたのが小学生高学年くらい

きっかけはやっぱり「ファミコン」ですわ

ファミスタ1での「フーズフーズ」と「レールウェイズ」の両チームでした

考えれば2球団と3球団の合同チームなので戦力は抜群でした

レールウェイズなんて門田や石嶺が代打でいてましたし

フーズフーズは島田誠と西村徳文の1・2番に4番落合ですからね

(このあたりが今でも南海や阪急が好きって所につながってます)

 

ただ西武と近鉄は好きにはなれませんでした。

なぜかと言うと、どっちも『強かった』んですよ、なので好きになれんかったなぁ

でも1984年に優勝した阪急は好きだったですからちょっと矛盾しますがね

 

で『テレビでも見たことがないチームや、そこにそんなすごい選手がいるのか!』

なんて思い色んな選手に興味関心がわいてきましたが

その中でも私と同じ誕生日で、そんなに大きくないスマートな投手が弱いロッテの

マウンドで投げていたのがロッテファンへのきっかけでした

 

加えての情報源は岡山は昔からテレビ東京系のテレビせとうちがあったので

「パリーグHOT情報」を見ることができましたし

実家が自営業をしていた関係でスポーツ新聞を取っていた事もあり

記事は小さかったので基本的な成績情報は入ってきてました

まぁ関西版でしたので、パ記事なんてハナクソほどしかなかったですがね

 

本格的にロッテを応援するのは中学生になってから

千葉に移転してましたし明るいユニにはなりはしましたが相変わらず底抜けに弱いマリーンズ

 

まず地元・津山ではロッテグッズどころかパリーグ商品すら売っているお店なんてなくて

あっても地元のショッピングモールの帽子売場に西武の帽子が売られているくらい

家族で岡山市表町の帽子専門店に行ったときに12球団全部そろっていて

その帽子を買ってもらった時の感動と手の震えは忘れられません

 

その次に「球団の公式のレプリカユニフォーム」なんて発想は

私の中でまったくありませんでしたし、そんなもん存在もあったかどうかも知りません

『週刊ベースボール』の後ろの載っていた、いまでも頑張ってられる

シャープ産業さんの通信販売の広告をみて、そこにあった

ピンクのホームのレプリカユニを買ったのが最初の応援用ユニでした。これも嬉しかったな…

 

帽子はなんとか、ユニフォームも何とか手には入りましたが

その他ロッテグッズなんて、どこで売ってるか?どうやって手に入れてよいか?なんて

まったわかりませんでした。わからなかったので作りましたニコニコ

中学校の美術の授業で「ジグソーパズルをつくる」と言う授業がありまして

そのデザインは自分で描けるというものでしたが私はピンクユニ時代の帆船のマークの

マリーンズロゴをパズルに書いて自分の部屋に飾れるようにつくりました。

 

毎日の試合の経過についても、こちらの記事と同じく

地上波のジャイアンツ戦の途中に入ってくる「途中経過」で一喜一憂する毎日でした

あと中学生にもなるとAMラジオと言う知恵がつきましたので

土日デーゲームはABC近鉄バファローズアワー

平日ナイトゲームはOBC近鉄バファローズナイター

こちらには本当に助けてもらいました。

助けてはもらいましたがやはり岡山県北・津山盆地…ラジオなんてNHKの第一と第二と

山陽放送しか入るエリアではないのでほぼノイズを聞いてるでしかなかったですが

(福岡の試合もあったんですが、そちらは韓国の電波が強くて聞き取れませんでした)

 

一度、山陽放送が中継を予定していた巨人戦が中止となり雨傘になってたのが

東京ドームでの日本ハム対ロッテ戦で、その試合はロッテ勝利♪

それを中継してくれたのはものすごく嬉しかったですが

試合中継終了後、中継した勝ちのチームファンが電話で生出演できるって

コーナーがあったんですが誰も電話して行かなかったのは言うまでもなしえーん

 

90年代前半、我が家では観戦環境は少しづつ向上してまして

実家の商売柄もあり「USEN」を父親が引いてくれましたので

そこで、とてもクリアに聞こえる1008と1314に加えて、なんと文化放送まで入ってくれてたので

文化放送ライオンズナイター…菅野詩朗さんや中川充四郎さんの声にも助けてもらいました。

加えてCATVも父親が引いてくれたので今度はNHK-BS1に加えてサンテレビまで

視聴可能となったので申し訳なさ程度にするオリックス戦も

私の貴重な観戦源となったのも言うまでもなし

 

そんな私のこのブログ記事で『野球旅』…という事にはなりませんが

1997年と1998年と大阪に出てましたので「テレビ観戦」や「ラジオ観戦」よりも

大阪ドーム・グリーンスタジアム神戸・藤井寺球場と球場に行けるようになりました

それも大阪ドームには自転車で行けるという素晴らしい環境

それにこの時代に球場に行けた事が「七夕の悲劇」の悲しみと喜びに

つながったってことは本当に感慨深いですわ

加えて大阪球場最後のイベント「さよなら大阪球場」に参加できたのもよい思い出です

 

やはり身近にプロ野球球団と球場があるという事は素晴らしいですよ

 

ただ1999年よりふたたび津山に戻りますが

こうなると普通にプロ野球をみえてたような環境ではなくなるので

逆にこの年からプロ野球の観戦は、ほとんどが「野球旅」となってしまいます

岡山県内で開催されることはまずないので、行くとしたら神戸か大阪

交流戦が始まってからは甲子園に広島にちょっとだけ名古屋

千葉マリンスタジアムに行くようになったのは2009年ごろからだったですかねぇ

広島に関しては広島市民球場の最晩年とマツダスタジアム開場後の

最後の広島市民球場でのオープン戦に参加できたの良い思い出です

(その日はバックネット席もどこでも座り放題でした)

 

あと初任給で買ったのは「大型テレビ」と「スカパーチューナー」でした

もちろんプロ野球を見るために…

 

いろんな人にお世話になったり、いろんな人と飲んだり

私のように変わったユニフォームを着てたりすると、野球好きなおっちゃんが

話しかけてきてくれたり…面白い思い出が多いですかね

睨まれたのは津山線の車中で昼間っから純米吟醸を飲みあった時くらいです…

 

それに旅をすると「野球系」の飲み屋さんにも行くのも楽しいです

千葉では「芳葉」にも連れてってもらいましたし、「美醤」では和田投手とも会いました

大阪の「難波のあぶさん」もマスターが快く受け入れてくれましたし

奈良の「B‐CRAZY」でもこんなにパリーグのノリで話ができるのかと驚きました

もちろん岡山の「大蔵省」もロッテファンですが快く受け入れてくれました

広島の「野球鳥(旧称)」でロッテファン数人で騒がしてもらいましたし

大阪の「兆治」では最後の麺までたどり着けなかったので今度は食べたいな、とか

食べもんや飲みに関してもたくさん作らせて

 

ただ私がスタジアムがある街に再び住まない限り「野球旅」は続くと思いますが

まずは新型コロナ禍の終息、そして千葉ロッテマリーンズの

1974年以来の勝率1位でのリーグ優勝を切に願う毎日でございます

 

…てようったらかなりの長文ブログ

すいません

 

津山ブログランキング