今年「ロッテが優勝かも?」の戯言の理由1 | 津山鴎会のブログ

津山鴎会のブログ

パリーグとマリーンズと美味い酒と肴と特撮をこよなく愛す津山鴎会のブログへようこそ!!

昨日のマリーンズ

オリさん相手にまた勝ってしまいましたが

逆にオリさん…しっかりして欲しいですよね

でも逆にウチが西武にまったく勝てなかった

1991年を思い出してしまいましたわ

調べたら引分を挟んで13連敗もしてました

 

で、先日書きましたブログにですな

ロッテが強いシーズンは

①西暦末尾が「0」のシーズン

②プロ野球界の大事件もしくは国内的大事件が

 発生した翌シーズン

 

なんて書きましたけれども

その戯言の理由を書き綴ってみようと思います

もちろん最初は「1950年」シーズン

 

①については書いています通り西暦「195"0"」年

②についても毎日球団が深くかかわっている

「2リーグ分裂」ですかね

 

日本野球連盟に加盟できなかった「毎日」新聞社が

既設球団「阪急」「南海」「東急」「大映」に加えて

球団経営の経験もある

「西日本鉄道」「近畿日本鉄道」を加えて

「太平洋野球連盟」を結成したのが『1949年』11月26日

 

となると①②どちらの法則にも当てはまりますな

 

戦力的には1949年に都市対抗野球優勝の

別府星野組の主力の荒巻、西本、今久留主兄弟を獲得

大洋漁業の主力の河内・戸倉をも獲得

加えて「太平洋野球連盟に加入する」という

毎日球団との密約を反故にした阪神球団より

報復措置としての主力選手の一斉引き抜きのおかげで

1950年は断トツでリーグ優勝→日本一

 

でもここから戦力均衡のための戸倉を

阪急に放出したとはいえ翌年は連覇ならず

「パリーグの盟主たる毎日オリオンズ」に

なるつもりだったのがなれないのが

とってもオリオンズらしいですね

 

 

にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ にほんブログ村 酒ブログへ