やはり出た! 「石破氏はネトウヨに落選させられた」的な記事 | 我が国のかたち

我が国のかたち

平成22年の尖閣事件で自虐史観から解放された私。気づけば日本は大変なことになっておりました。

自民総裁選 石破茂氏、ネトウヨによる落選運動に悩まされた

安倍晋三・元首相の勝利に終わった自民党総裁選だが、選挙中には対立候補らのネガティブ情報が流されたほか、『石破茂 石原伸晃の真実』と題した怪文書も飛び交った。

党員票で優位な戦いを演じた石破茂陣営が最後まで悩まされたのは、ネット右翼(ネトウヨ)といわれる安倍シンパ層による“落選運動”だった。ネットで石破氏の推薦人たちの氏名や電話、FAX、ホームページやツイッターのアドレスが公開され、抗議を呼びかけていた。

石破支持派議員が語る。
「党員票で圧倒的な支持がある石破に議員票まで流れては困ると考えたんでしょう。事務所に『どうして石破さんを支持するんですか』という組織的と思われる電話やFAXが殺到して対応が大変だった。そんなことが議員票に影響を与えたとは思いたくないけどね」

総裁選当日には、『安倍晋三総理大臣を求める民間人有志』のメンバーである有識者らが呼びかけて自民党本部前に100人以上の安倍シンパの民間人が集結。半数は20~60歳代までの女性で、「メールで連絡を受けて飛んできた」(50歳代の主婦)といい、「きゃ~、安倍さん、ありがとう~! 日本国バンザイ!」というような安倍コールを続けた。そして、総裁就任が決まると、安倍陣営の議員が群衆の前にやってきて、「安倍の代理で来ました」とお礼の挨拶をしたのである。

しかし、そうした安倍支持者の熱心な応援と、その裏で展開された徹底したネガティブキャンペーンが、対立候補の陣営との暗い亀裂を生んだことは否定できない。

石破選対幹部の議員は、「石破さんと安倍さんは、当初、石原1位だった場合、2位・3位連合を組む話し合いをして、一緒の勉強会まで開いた。それなのに、ここまでネガキャンをやったんだから、もはや関係修復は不可能だ」と吐き捨てた。石原陣営の議員も、「あの安倍側近連中だけは許さない」と憤りを隠さない。

総裁選さなかに体調を崩して入院した町村信孝氏が、最後まで断念せずに戦ったのも、スキャンダル合戦を仕掛けた安倍陣営への対抗意識からだった。
「安倍陣営からは『町村派は安倍に一本化することになった』というニセ情報がさかんに流された。町村さんは安倍に票を渡さないために意地を見せた」(町村派ベテラン議員)


決選投票では、長老グループが乗った安倍氏の圧勝と見られていたが、議員人気が低いといわれた石破氏が予想以上に健闘した。それは安倍陣営の猛烈なネガティブキャンペーンに怒った石原、林、町村陣営から多くの票が石破氏に流れたからだ。


※週刊ポスト2012年10月12日号

-------------------------------------------------------------------------------------------

早速来たな。
先日書いた通りの展開である。

「ネトウヨに支持される安倍=アブナイ政治家」のイメージ作りである。
さらにこの記事が悪質なのは、自民の内部分裂も暗に含ませて居るトコである。

まぁそれにしても酷い記事である。
愚にもつかない人間4人が出馬し、足の引っ張り合い、他者批判、
党としてのまとまり無さを露呈した、
次のポスト狙いが目的のドロドロ代表選の方が
よほど汚らしいドラマであったはずだ。
尚且つ、このオゾマシイ代表選で勝った人間が日本の総理大臣になるという
馬鹿馬鹿しさであったのに、こちらのコトは殆んど報道せず、

「石破落選はネトウヨのせい」

をマスコミは報道するのである。



確かに一部「さすがにそれは…」と思うような偏狭的な石破批判もあったが、
石破バッシングなんかよりも、ノビテルバッシングの方が圧倒的に多かった。
さすがの私もノビテルだけには批判的な記事を書いた。

さて、冒頭の記事は

「安倍はネトウヨの力で当選した」
  ↓
「安倍の支持者は偏狭的なネトウヨ」
  ↓
「ネトウヨが自民を分裂させる」
  ↓
「そんなネトウヨに支持される安倍はダメ」

を言いたいがための記事ではあるが、
私はマスコミが本当に焦っている証明だと感じる。

というのはだ。

マスコミは総裁選が始まった当初、気持ち悪いほどにノビテルを支援した。
ところが、この男。口が軽い、誠意がない、中身が無い、薄っぺらいと良いとこなし。
挙句、自らの失言でオウンゴール。
結果、マスコミも「ダメだ」と判断。
すかさず石破支援に回った。

連日石破有利の報道、安倍さんがTVに出れば「腹痛政権放り投げ」である。

その構図は総裁選当日まで続いた。

投票前
「石破さんが過半数を取る可能性が高い」

開票後
「石原さんの票が石破さんに流れると思う」

決選投票中
「野田さんは『石破さんがいい』と言っていた」←★重要★

決選投票後
「うわぁ~・・・」

当選演説後
「なんで谷垣さんが辞めなきゃいけなかったんでしょうか?」

番組終了直前
「6年前の今日、安倍内閣が発足したと言う事で・・・繰り返さないといいですね(笑)」
「まあ『野党』の総裁ですからね(笑)」


挙句はカツカレー騒動にまで発展した「庶民派ではない安倍」報道まで行った。

最後の最後まで、TV・新聞・雑誌を通じて石破支援、安倍批判を繰り返したのはマスコミである。
ネットで安倍氏が応援されていることなぞは一切報道しなかった。
マスコミにとってネットの声は「国民の声・民意」ではないのであろう。

さらに
「総裁選当日には、『安倍晋三総理大臣を求める民間人有志』のメンバーである有識者らが呼びかけて自民党本部前に100人以上の安倍シンパの民間人が集結。半数は20~60歳代までの女性で、「メールで連絡を受けて飛んできた」(50歳代の主婦)といい、「きゃ~、安倍さん、ありがとう~! 日本国バンザイ!」というような安倍コールを続けた。そして、総裁就任が決まると、安倍陣営の議員が群衆の前にやってきて、「安倍の代理で来ました」とお礼の挨拶をしたのである。」
とまで細かく書いているのに、総裁選当選当日の報道では一切そんなコトは報道しなかった。

こーゆー状況なぞは「脱原発デモ」と全く同じパターンではないか。あの時マスコミはこーゆー人を
「ツィッターやネットなどで自然に集まった市民のデモ♪」だの「あじさい革命♪」だのと賛美し持ち上げまくった!
背景が左翼であれば褒め称え、背景が保守であればネトウヨかい!
本来であれば、そんだけ支持される候補者がいることの方がスゴイのに、完全にキワモノ扱いなのだ。

当然、応援者の言葉なんぞとは真逆の放送を垂れ流した。

我が国のかたち
我が国のかたち
我が国のかたち
我が国のかたち


あれだけ安倍批判を繰り返し、石破有利を報道したにも関わらず安倍総裁が誕生した。
大マスコミが一丸となって安倍批判キャンペーンを張ったにも関わらずである。

マスコミは完全に負けた。

だが、マスコミは諦めない。
総裁決定後は当然の流れで「腹痛政権放り投げ総裁」報道である。

我が国のかたち


さらに次は「国民の意志・声」連呼である。

石破氏が党員票で過半数を取ったと安倍氏を非難をしているが、
その党員の投票によって選ばれた自民の国会議員が安倍氏に投票したのだ。
しかも、その国会議員は国民の投票でも選ばれているのだ。

だいたい、「国民の意志」だとマスコミは偉そうに言うが、
総裁選開始直後は「自民党員にしか投票権はありません!」
「全くもって国民の意志は反映されない」的な報道、
国民不在を暗に示すような報道を行なっていたではないか。

さらに酷いのになるとこうだ!
-------------------------------------------------------------------------------------------
自民党を本気で怒らせたコメンテーター
問題の発言があったのは9月23日に放送された上沼恵美子と高田純次が司会をつとめる「上沼・高田のクギズケ!」(読売テレビ)。同番組でコメンテーターをつとめる元NHKアナウンサーで医学博士の吉田たかよし氏が同党の総裁選について、「犬でも投票できる」、「党費を納めてたらペットでも故人でも投票ができる」などと発言した。

2012年10月01日 リアルライブ
-------------------------------------------------------------------------------------------

要は「国民の意志・声」ではなく、
マスコミの声が反映されなかったのが悔しくて仕方がないのだろ。

とにかく「安倍体制・自民政権でなければ良い」が目的で報道をしているのだ、
様々な手段で非難をすればするほど矛盾がボロボロ出てくる。

だが、だが、マスコミは諦めない。

ワイドショー総動員で
嵐のような安倍批判である

総裁選出馬からずーーーーと安倍批判。
そしてあのテリー・オヅラの発言。
ここまで酷けりゃさすがに「マスコミいーかげんにしろ!」の怒りが表面化する。

マスコミへの抗議爆発である。
これまでは抗議なぞ「ネトウヨの仕業」と高をくくってきたが、
以下の動画のように一般の人までもマスコミへの偏向ぶりに意見を言うようになった。



見られなくなるかも知れんので概要を。
安倍批判をキャスター・上杉が繰り返す。だが、視聴者の投票では安倍さん勝利。悔しくてさらに文句を言いたいのだろうが、それは視聴者からのFAXでバッサリとブッタ斬りにされた。
そのFAXは「安倍さん押しですということで。どーしてマスコミはいつまでも前回お腹を壊して投げ出した人とか、豪華なカツカレーを食べた人とかを報道しているのでしょうか?いつまでも石破さんを持ち上げていないで安倍さんの理念や安倍政権時代に成立させた法案などもっと報道してほしいです。私も最初はゲゲ安倍かよという感じでしたが調べていくうちに考えが変わりました。こんなに語ると自民党の支持者のようですが、私は典型的な無党派層です。
というもの。これを読ませたテレ東スタッフはGJ。だがそのスタッフもマスコミに言わせればネトウヨなのであろうwww。

だが、こーゆー動きを見逃さないのがマスコミのイヤラシイトコである。

今度は、総裁選報道では完璧に無視した「安倍応援団・支持者」を引っ張りだした。
今度は、そーゆー人たちを使っての安倍批判だ。

だが、マスコミは一番怒らせてはいけない層を刺激した。
マスコミに異を唱える人、純粋に安倍さんを応援した人、そしてネット。

ワシはこーゆーやり方は完全にマスコミが「虎の尾を踏んだ」と見ている。
まず、ネトウヨと呼ばれた「純粋な支援者」は怒るだろう。
マスコミさんのお陰でネトウヨが気持ち悪いと思っている人もいるのだ。

当然ながら、ネットを利用している人間は、今更マスコミがネトウヨと言おうが相手にしていないので怒りもしない。一層マスコミを馬鹿にするだけである。

悪いが、マスコミで働く人間よりも、
マスコミに異を唱える人、純粋に安倍さんを応援した人、ネットで応援した人の方が多いのだ。
どんなに知恵を絞った所で、こーゆー人たちの知恵・意見の数の多さ、そして繋がりの拡大は止まらない。

麻生さんをアキバのオタクで貶めようとした時とは時代が違うのだ。

マスコミの影響力が低下しているコトは、
視聴率、購読数の激減だけでなく、安倍さんの当選でも証明された。

マスコミを侮りはしないが、
マスコミの言う通りにならない人が増えているのは間違いない。

安倍支持者をイロモノ扱いするまでにマスコミは劣化した。
今回の記事はマスコミのイヤラシサと焦り、そして低能さ、見境の無さを如実に表した記事だと思う。


マスコミの安倍批判が激化してきました。
なので、しばらくの間ランキングにこだわっていきたいと思います。
ポチっポチっと押していただければ情報の拡散にもなりますし、励みにもなります。
厚かましいお願いとは思いますが、ご支援頂ければスゴく嬉しいです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
※携帯の方はこちらでお願いします>>>にほんブログ村 政治ブログ

我が国のかたち
実は…時々ツィートしております。




「日韓関係を未来志向的に発展させていくために
両国が協力することで一致した。」
(時事通信 2012/09/09)
ふざけんじゃない!
我が国のかたち
我が国のかたち

首相官邸
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
Tel 03-3581-0101 Fax

民主党
http://www.dpj.or.jp/contact/contact
TEL:03-3595-9988 FAX:03-9535-7316

自民党
http://www.jimin.jp/voice/
TEL:03-3581-6211 FAX:03-5511-8855

公明党
https://www.komei.or.jp/contact/
TEL:03-3353-0111 FAX:03-5511-8855

共産党
http://www.jcp.or.jp/web_info/mail.html

みんなの党
https://www.your-party.jp/contact/mail.cgi

外務省
https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

財務省
https://www2.mof.go.jp/enquete/ja/


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<知ってますか?本当は恐いTPP>
■参考動画
忘れてませんか?野田はTPP諦めていません!



【必見!】TPP アメリカの本当の狙い 1/3 東谷暁
http://www.youtube.com/watch?v=qMHMICZZu4Q

【必見!】TPP アメリカの本当の狙い 2/3 東谷暁
http://www.youtube.com/watch?v=D8xkojjmCLc

【神動画!】TPP アメリカの本当の狙い 3/3 東谷暁 【アンカー】
http://www.youtube.com/watch?v=j3A26nWiv5w

緊急警告・TPPに参加してはならない
http://www.youtube.com/watch?v=gI_cIWjd5O0

中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!
http://www.youtube.com/watch?v=RlyluxDfjMo

考えてみようTPP(TPPがよく分かるサイトです)
http://www.think-tpp.jp/

----------------------------------------------------------------------------------

【人害法(人権侵害救済法案)】【外国人参政権】に断固反対します。
署名にご協力ください。
http://www.shomei.tv/project-1300.html




----------------------------------------------------------------------------------