ソニーミラーレスカメラ | Blog Cops

Blog Cops

Let's Be Internetan | Relax, Enjoy di Warung Browsing Internet.

ソニーミラーレスカメラ、価格と仕様 - この議論ではミラーレスカメラに関連しています。日本の原産国の製造業者はEと分類されるレンズが付いているAPS-CおよびFEレンズが付いているフルフレームを含む2つのシステムを、運ぶ。このカメラのAPS-Cシステムは、そのEレンズでもかなり安い価格などの利点があります。ショットもかなり良いです、彼らもプロのニーズに使用することができます。この機会に、価格と仕様を含めて、APS-Cセンサーを搭載したソニーのミラーレスカメラについて簡単に説明します。

1.ミラーレスソニーアルファA5000カメラ

デジタルカメラを購入する計画をお持ちの方には、このタイプのカメラの簡単なレビューを読むことをお勧めします。 Alpha A5000は最初のミラーレスカメラとして使用するのに非常に適しています。そのコンパクトなボディとそれを使用する方法は装置の多くのボタンなしでかなり簡単です。このタイプの仕様は、目詰まりや自分撮りを容易にするために180度回転させることができる3インチの液晶画面を備えています。スナップショットでもスマートフォンに直接転送できます。

20.1 MP CMOSセンサーとBionz Xプロセッサーを搭載したAlpha A5000が提供するその他の仕様。もちろん、深く費やすことなく写真を学ぶことができます。その利点に加えて、このタイプには、室内にいるときのオートフォーカスのパフォーマンスが比較的遅いなどの弱点があります。提供されている価格は比較的安いため、Alpha A5000はルピアで販売されています。 500万。

2.ソニーアルファA5100ミラーレスカメラ

Alpha A5000が写真を撮ることを学ぶのに非常に適しているなら、それは仕様の点では価格と同様にA5100の機能とは異なります。このレビューでは、このタイプのカメラはビデオ録画に重点を置いていることを説明しました。仕様に関連して、ソニーアルファA5100のタイプは、動く被写体を追跡することができる179ポイントの高速ハイブリッドAFシステムを装備しています。すでにタッチパネルを使用している3インチLCDスクリーンでは、タッチフォーカスをサポートし、最大180度まで曲げることができます。

形状の外観は、Sony Alpha A5000とほぼ同じですが、A5100カメラの特徴は、24 MP CMOSセンサーとBionZ-Xプロセッサを搭載していることです。欠点はホットスポットがないことです。そのため、マイクやフラッシュなどの追加のアクセサリをインストールしないでください。このタイプのカメラの費用はルピア前後です。 600万

3.ミラーレスAlpha A6000カメラ

Sony Alpha A6000ミラーレスカメラは、仕事をしている、または本格的な仕事をしているあなたに最適です。前回のレビューのAlpha A5000とA5100と比較すると、物理的な違いは非常に顕著です。仕様と価格については、アルファA6000はより完全なビューファインダー、ホットシュー、およびナビゲーションコントロールボタン、画像の終わりまでの179の位相検出点を持つ高速オートフォーカスシステムを備えています。 24 MP CMOSセンサーとBionZ-Xプロセッサを搭載していますが、Sony Alpha A6000には外部マイクジャックがないなどのデメリットがあります。提示された価格では、Alpha A6000だけのボディの価格は700万ルピアです。

4.ミラーレスAlpha A6300カメラ

次のレビューはAlpha A6300です。このタイプは、仕様上、Alpha A6000カメラの弱点を修正します。両方とも物理的なアイデンティティを持っているのでしかし、それはデザインの面ではありません。アルファA6000のオートフォーカスには179ポイントがありますが、アルファA6300のオートフォーカスには425のフォーカスポイントがあります。ビデオキャプチャの場合、A6300は最大100 Mbpsのビットレートで4Kビデオフォーマットを記録できます。外部マイクジャックもあります。外付けマイクジャックは、特に音声品質を向上させるためにvloggers / videographerによって使用される場合に非常に重要です。 24 MP CMOSセンサーやBionZ-Xプロセッサなどのその他の仕様は、Alpha A6000と同じです。このカメラはルピアで販売されています。千万。

5.ミラーレスAlpha A6500カメラ

最後のレビューはAlpha A6500です。このタイプのカメラは、前述の4つのタイプのカメラと比較して、高速オートフォーカスを備えた最先端のAPS-Cセンサーを備えています。価格はフルフレームアルファA7第二世代と比較した場合は特に、特に素晴らしいです。このAlpha A6500仕様は、カメラに取り付けられたレンズに作用する5軸安定化振動ダンパーを特徴としています。

持っている利点には、タッチフォーカス、最大307枚の写真まで連続して写真を撮る能力などの機能があることが含まれます。それらはS-Log3ビデオフォーマットを備えた100Mbpsのビットレートでスーパー35mmフォーマットと1080pビデオで4K品質のビデオを記録することができるので、ショットは写真とビデオにほぼ完璧です。他の仕様、アルファA6300はメインBionz X画像プロセッサを助けるLSIプロセッサを搭載した24.2 MP Exmor CMOS APSセンサーで武装しています。価格に関しては、このタイプのミラーレスソニーカメラはかなり高価です。