今日は週刊ストーリーランドからショートストーリーをお届け(*ゝω・*)ノ


画像:NaraTodaijiDaibutsu0212.jpg

奈良県東大寺大仏殿に奉られる大仏像。多くの観光客が見学に来ている。


修学旅行の学生たちが群がって大仏を見つめていると、唐突に大仏が動き出した!



いったいなぜ突然に大仏が・・・∑(゚Д゚)



人々の興味を一身に受けながら、なおも大仏は動き出す。


東大寺大仏殿を抜け出して、雑司町から東北東へと進路をとる大仏。


この異常事態に対して、地元のテレビ局が動き出した大仏の中継を始めて街中大騒ぎ。


立ち上がると30メートル以上もある大仏が街中を闊歩するので大仏が通る街は大混乱に陥った。



この事態はすぐさま首相官邸に伝えられた。


総理は一報を信じられなかったが、テレビ中継で大仏が動き出して街中を破壊しながら進行中の事態を知り、主だった閣僚を招集して緊急対策本部を設置する。


大仏は既に愛知県内の都市に到達しており、市街地は大混乱。警察や消防では対応できない事態に陥った。


自衛隊が大仏の進路を分析した結果、大仏は真っ直ぐ、関東圏を目指しており、このまま行くと首都圏へ突入する見込み。


総理は自衛隊へ治安出動を発令し、大仏を迎撃して動きを食い止めるよう指示。


航空自衛隊の戦闘機が大仏を空爆して動きを停止しようとする。


しかし、そのとき対策本部に東大寺の僧侶が現れて、大仏攻撃を止めるように要求。


僧侶の話では、奈良の大仏は日本国の国宝であり、しかも世界遺産に登録されているので、それを攻撃することは仏教への冒涜、文化遺産の破壊に繋がるという。


国宝・世界遺産を攻撃した場合、全世界から批難を受け、政府のイメージダウンになるかもしれないとことを憂慮した総理は、大仏攻撃命令を撤回、国民を批難させて大仏の進行を見守ることにした。


(この時点で、総理の決断は国民<大仏になってんだね。)


対策本部では、奈良の大仏がどこへ向かうのかの分析が始まっていた。


大仏の気持ちなど分かるはずもないので無理難題極まりないが、軍事衛星からの伝送写真を分析した結果、大仏は関東圏へ進路をとっていることが分かり、もしかして大仏は鎌倉高徳院にある鎌倉大仏に会いに行くために動き出したのではないか?という結論に達した。


政府は、とりあえず大仏を待ち受けるため高徳院に自衛隊を派遣した。


奈良大仏が鎌倉大仏のところへ向かって静止したところを自衛隊のヘリで吊り上げた捕縛網で確保しようと言う計画が立てられた。


そして奈良の大仏は鎌倉市内へ入域し、高徳院に出現した。


現場では幕僚長以下自衛隊員たちが息を飲んで大仏が静止するのを待っていた。


高徳院内へ入域し、鎌倉大仏へと足を早める奈良大仏。


自衛隊のヘリはホバリングしながら奈良大仏捕縛の網を吊り下げ今か今かと待機していた。


ところが大仏は静止する様子もなく、鎌倉大仏を追い越してさらに進行、相模湾方面へ向かい、ついに太平洋へ出てしまった。


結局、国内のパニックは収まったが、日本国は貴重な文化遺産である奈良の大仏を失ってしまった。


総理は「何故大仏が動き出したのか?」という答えられるはずもない質問を記者団にぶつけられながら、なんで大仏が動き出して、国外へと去っていったのか考えていた。


そのとき、アメリカ政府から奈良大仏がニューヨークに来湾したとの連絡が入った。


奈良大仏は太平洋を突き進んでニューヨーク湾へと出現していた。


その模様を衛星中継で見ている総理と閣僚たち。


するとおもむろに大仏が口を開いた。


「私は貴女に会うために、ここに来た。どうか私と結婚してください。」


その声の向こうにいたのは


自由の女神



自由の女神はかろやかに口を開いて大仏に言う。


「私は自由の女神。貴方と結婚してしまったら私は自由ではなくなるので結婚できない。」


大仏は「嗚呼・・・」とうなだれて、もはや二度と動き出さなかった。




信じられないほど多大なる犠牲を払って(大仏が動いたせいで奈良から東京までの道程が破壊された∑(゚Д゚))、日本政府の総力も挙げさせたっていうのにフラレルこともあるという教訓ですかな


恋って難しいね(´Д`)



この話、テレビ番組化されてVHS化もされたのに何故かDVD化はされてないですね


是非また見たい話です(●´Д`●)


大仏が動き出した理由は、自由の女神に求婚しに行く為なんですね。


でも自由の女神は結婚の申し込み断ります。うまくいかないもんですね。


いまさらながらだけど自由の女神って女なんですね。まぁ女神だから女でしょうが。なんか顔付きが美女というより美男っぽくないかな(●´Д`●)


なんで生物ではない大仏像が意思を持って動き出したのか?という理屈は今回は抜きの方向で。


おそらく大仏は何百年もの間信仰を集めているうちに信者の思念の影響で擬似生命化でもしたんでしょう


でも、かりに擬似生命化したとしても銅・鉄製の硬質な大仏が粘土みたいに動くわけがないという理屈も抜きにしてね。