道しるべ

風に吹かれて流されて・・・ユラリユラリと行く先は?・・・


テーマ:


80630


系 統 :クライミング・ローズ

作出年:1968年

作出国:イギリス

剣弁高芯咲き。柔らかなピンクが愛らしい。

整った花容は美しく、香りもあって花もちも良い。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


80629



系 統 :クライミング・ローズ

作出年:1978年

作出国:フランス

大輪クライミングローズ。


花色は杏色がかった淡い橙色。

花弁数30枚、花径13cm程で、半剣弁高芯咲き。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


80628


          ―かねのわらじでたずねる―



【意味】 しんぼう強く、あちこちを探し回ること。
     多くは打ち消しの語を伴って、得難いことや発見できないことに
     ついていう。


   ⇒ いくら歩いてもすりへらない鉄の草鞋を履いてたずね歩くという
     意。


【類義】 金の足駄で捜す

     金の草鞋で捜す


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


80627



  
           ―おもいたったがきちじつ―



【意味】 事を始めようと思い立ったら、すぐに実行するのがよい。
     吉日を選んだりしていると、時期を失ってしまうというたとえ。


   ⇒ 「吉日」は、何かをするのに縁起がよい日のこと。


【類義】 旨い物は宵に食え

     思い立つ日に人神(にんじん)なし

     好機逸すべからず

     善は急げ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


80621


         ―かぶをまもりてうさぎをまつ―



【意味】 古い習慣にこだわって融通が利かないこと。
     進歩のないこと。
     また、手に入れた幸運に味をしめ、同じことでまた幸運を得ようと
     するたとえ。


   ⇒ 中国の栄の時代、切り株にぶつかって死んだ兎を得た男が、以後働
     かず、切り株のそばで兎が来るのを待ち続けたという故事による。
     『韓非子(かんぴし)』より。


【類義】 茸(きのこ)採った山は忘れられない

     剣を落として舟を刻む

     株(くいぜ)を守る

     守株(しゅしゅ)

     柳の下にいつも泥鰌(どじょう)はおらぬ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。