「絵本で支援」の想い。

テーマ:
被災された方にお見舞い申し上げます。

こうしている今も、胸が痛いのは
物理的困窮もさることながら、
心的障害後ストレスに見舞われるだろう
子供たちを中心とした方々の存在です。

今回の東日本大震災で被災された方たちに
絵本で支援したいという夫境修一郎と私の想いで
3月22日から始まった
「絵本deえがお」プロジェクトの詳細をお知らせします。

賛同してくださり、ご予約や連絡をくださった方々、
本当に本当にありがとうございます!!
心から感謝していますクローバー

******************************

募集期間 3月22日~4月5日です。

01.義援金と冊子絵本を被災地へ送る
  私たちは、任意団体 Milart として、
  冊子絵本の販売予約を受け付けることで、
  印刷経費と被災地への義援金を捻出したいと思います。
  冊子絵本の定価は、350円です。
  印刷費用は、1,000冊で約10万円。
  10,000冊だと約25万円。
  ご予約いただいた数に応じて印刷冊数を決めます。
  印刷冊数が増えると、単価がぐっと安くなります。

例)1冊350円で1,000冊のご予約が入った場合。
  350,000円-1,000冊分の印刷代100,000円-送料
  =250,000円-送料
  なので、1,000冊の絵本と
  義援金250,000円-送料を支援。


  絵本と義援金は宮城県仙台市の子育て支援施設
  「のびすく仙台」を運営している「特定非営利活動法人
  せんだいファミリーサポート・ネットワーク」に
  お送りし、そこを窓口として配布していただきます。
  その際の振込手数料は負担します。

  冊子絵本掲載ホームページ http://www.milart.info/

◉ご予約の方は、支援者として名前を記載:
  予約購入戴いた個人又は法人名を一番最後の
  ページに記載する予定です。
  そのときに被災された方への
  一言メッセージも一緒に載せたいと思います。
  ご覧になった方の励ましになると思うのです。

◉ご予約の方法:
  希望の冊数とお名前・ご連絡先を
  この本文下記の境修一郎宛のメールでお知らせください。
  夫婦二人で全てをやりますので、
  まとめ予約がうれしいです。
  できれば、10冊単位でご予約ください。
  何人かで10冊を予約していただくことも歓迎です。
  その場合できれば、窓口になる方を
  おひとりにしていただいて、
  振込、お名前・メッセージ記載のご確認等の
  連絡のやりとりをしていただくと有り難いです。
  その場合も全員分のお名前とメッセージを
  記載させていただきます。

  振込手数料はご負担をお願いしています。
  振込先はmilart境修一又は境修一で、
  いくつかの中からご都合の良い振込先を
  選んでいただきます。
  ご予約をいただいた方に、振込先を
  2週間以内にお知らせいたします。

  募集期間 3月22日~4月5日です。
  
02.約一ヶ月後予定(現地の状況をみながら)で
  完成した冊子絵本「きみのこと とっても すきさ」と、
  と義援金を被災地の子供たちを中心に届けます。

◉絵本のご予約を締め切った段階、
 お届けするとき、お届けした後は
 改めてご報告いたします。


私たち二人は、作家活動を家業としています。
それを前提に、今やるべき事や
できることを話し合いました。

結果、義援金と癒しや希望の持てる作品を
届けようということに決まりました。

上記の冊子絵本「きみのこと とっても すきさ」の
元々のテーマは「戦争は止めようよ。
違う環境のみんなと仲良くなれることは
とっても素敵なことだね。」というものです。

このたび、内容を少し変更して、
英語と日本語を併記します。

ご賛同いただける方、またご意見も含めて
ご返事をお待ちします。

境修一郎メールアドレス
sakai@artofborder.org

******************************

という内容なのです。

本当にお役に立てるのだろうかと、いろいろ悩みましたが、
みなさまの想いと一緒に作り上げることが出来たら、
きっと少しでも、こどもたちの役に立ってくれると信じて
少しずつでも前に進んでいこうと決めました虹

ご賛同いただける方は、上記の夫のアドレスに
連絡をお願いします!!
AD