【京都/不安解消/時短ライフシフト】時短ライフシフトで安心ライフ〜西陣の拝み屋

【京都/不安解消/時短ライフシフト】時短ライフシフトで安心ライフ〜西陣の拝み屋

京都に現存する令和の拝み屋/西陣の拝み屋公式Blog。
京都在住のライフシフターが独自論により皆様の不安を解消し時短で人生を変えるお手伝いをします。
あなたも、西陣の拝み屋で安心生活、はじめてみませんか?

★☆臼井靈氣の発展系龍神靈氣伝授中☆★
詳細はこちらから
https://www.nishijin-ogamiya.com/%E9%BE%8D%E7%A5%9E%E9%9D%88%E6%B0%A3/


【西陣の拝み屋公式HP】
https://www.nishijin-ogamiya.com/

【ライフシフト論HP】
https://nishijin-ogamiya.jp/


【Twitterやってます】
https://twitter.com/heiseitakamura

【Instagramやってます】
https://instagram.com/heiseionotakamura

【公式LINE登録大歓迎】
https://line.me/R/ti/p/%40pea2334b

【LINEブログ】
https://lineblog.me/nagomaseya_emiko/


【監修アプリは、こちらから】
https://lineblog.me/nagomaseya_emiko/archives/1891612.html

 

 

 

 

 

始まりは、この空からだった。

お目通し下さり光栄です、移動する

安心の家 西陣の拝み屋 えみこです。

本日8/10(水)は、対面予約承れます。

15時~17時カフェでの受付となります。

ご希望の方はこちらから

オンラインも同時間受付中。

本日は都合により17時で閉店させて

頂きます。

明日8/11(木祝)対面依頼承ります、

ご希望の方は本日中にご予約下さい。

今週のスケジュールはこちらから

8月のZOOM講座受付開始しております。

対面のご予約方法まとめました。

 

 神奈川営業8月より受付再開致します

8月より神奈川での対面受付再開いたします。

残席わずか、ご予約はお早めに。

開催日 8/24(水)、25(木)

ご予約お問い合わせはこちら

 

週間スケジュールは2週間ずつ公開中。

8/8~14のスケジュール

8/15~21のスケジュール

8月月間スケジュール(最終更新日入)

9月の月間スケジュール

 

♪本日8/10(水)の更新記事、はじまりはじまり〜♫

 

ライオンズゲートが閉じるまであと2日、今日はゲート内で

迎える一粒万倍日です。

今年のライオンズゲートはいろいろ不思議なことが世の中

的に起こる門だったようですね。

えみこはこのゲート内で、3年前に縁ができたらしい霊体に

「この女いつ死ぬの?死んでくれねーかな、本当に」

と言われました笑。

本日アメブロの過去ログが上がってきて、その記事には

「いつまでもあると思うな親と金」という言葉が書かれていて。

脈絡がないから前後が分からないのですが、霊体がこの

言葉を持ってきたとき、ちょうど話の流れでこの言葉を

言っていたんですよね笑、なにそれ、めっちゃ気持ち悪い。

その記事にこの動画が貼り付けてありました。

 

One OK Rockの恋ノアイボウ心ノクピド。

多分、業界の先輩に翻弄されて、大切なものを失いかけて

いた時期だったんだと思うのです。

その先輩はとある霊能者の一団にいて、人の過去や

前世、そして交友関係あらゆる情報をコントロールして

自分たちの目的のために動かそうとした。

ま、最もそれはえみこSIDEから観たら、という話に

なるので、向こうさんは向こうさんの言い分がきっと

あるのではないかと思います。

見えない世界なんて、結局そんなもの。

 

この一味の最大の誤算は「その人と関わったら死ぬ」

といわれた人間をわたしが自らの意思で手元に置き、

さらにその相手が「あなたのために祈ります」と

いう信頼関係を築いてしまったことにあると思うのです。

そこまでは想像してなかったんだろうな・・・・・・、

今考えると「えみこの愛情馬鹿、軽くみてましたね、

あんたさ、馬鹿にしてんの?」と心底思うし。

そんなどーしょもない手口にまんまと乗っかりかけた

当時の自分に「お前ちょっとそこ座れ、話がある」的

思いもあるのです。

(ドラえもん、ちょっとタイムマシン出せや)

 

2019年に突如始まった殺害予告を伴う炎上騒ぎ。

別にそれほど、というかほとんど一般人のえみこが

どうしてそこまでされるのか全く分からなかった

あのとき。

その裏にあるものが、三年目の今、うっすらと見えて

来ている気がするから、人生とは面白いと思う。

知りたい、と思っていたら、いつか必ずわかるのだろう。

だから、思っておく、死ぬ瞬間まで。

あの炎上の全貌が知りたいし、首謀者が知りたいし、

仕掛け人が知りたい。

そいつらが何を企み、何の目的であれを行い、わたしや

大切な家族を苦しめたのか。

生きているうちにわからなくてもいい、死んだら閻魔

ちゃんにがっついて聴くし。

その分、そいつらの審議とか、あちらでの対応とかに

反映させて貰うから。

でもできたら生きているうちに知りたい、なぜか。

どこかに書き残して死ねるでしょ?あれだけの思い

えみこみたいなやつが黙っているわけがないじゃん。

死ぬまでネチネチ、死んでもネチネチ言っていく、

そう思っているから(結構楽しんで)。

 

誰かを愛せる能力って、ある種の才能だと思ってる。

その才能を手に入れるのが靈氣の一つの効果性なのでは

ないかと。

「感情調整」って歌詞が、ワンオクの歌に何度も出て

きたけど、そこまでは自己責任だと思うんですよね。

人間の喜怒哀楽は神様から貰ったギフト、その結果

いろいろな感情を味わうことになる。

そこで出てくる熱に対しては、個人の責任として調整

してほしいところじゃないですか。

信頼に値しないものを信頼させることを「詐欺」と

言うのだけれど、このときの一味って本当に詐欺師

集団そのものだった。

でも、怖いなと思ったのはその出来事の数年後、

この一味のボスの息子が大病したと聴いたとき。

この世に還らない因果なんてありはしないと、

心底思った。

 

 

 

大切な思い出を切り刻まれたあの夏の日。

詐欺師集団というものの存在が、人間に

与える影響を我が身を持って知り、そこから

ギリギリ生還した人間が何をすべきかを悟った日。

同時に。

大切に守ってきた「わたし」の存在を永遠に

亡きものにされたあの日。

「この女、いつ死ぬの?」

霊体はわたしにそう聴いたけれど。

その答えがあるとしたら、これかな。

 

「お前たちが捜していた女は三年前に殺されたよ。

 ここにいるのは蘇ったその女。

 蘇らせた人間がいる以上、何度でも蘇るんじゃねーの?」

 

そして。

最後にこうも、言ってやろうと思う。

 

「お前に、蘇ってほしいなんて祈ってくれるやつ、

 いるのかい? 

 羨ましいんだろ?素直になれよ」

 

望んでいた形とは、全く違ったけれど、一度わたしが

「死んで」くれたから、いまがある。

だからこそ、わたしはいま、こんなにも幸せ。

すべての過去は、もう何の意味も持たない。

なぜならわたしは、三年前に死んだのだから。

ここにいるわたしは、真新しいわたし、それを教えて

くれたライオンズゲートの門の下。

 

世界のすべてに。

心から感謝します。


 

 

 

 

自分で問題を解決するスキルを育てる「せるふへるぷ」

通称せるへぷでは、相談依頼を受付中。

せるへぷプログラムにてチャット相談受付開始

 ムーンショット対策講座開催中、月替わり対策講座

やってます。
詳細はこちら。

取材記事公開第二弾★
電話占い探偵団さまに取材掲載頂きました。
掲載記事をまとめて紹介しました。
ぜひご覧ください。

 

 
毎月変わる月替わり講座、ただいま絶賛
ご予約承り中です。
ムーンショット対策講座をさらに活かせるよう2018年から
2021年まで開講していた真理予防学のリピート講座も開講します。

リピート講座の詳細はこちら。

 

 

 

AmebaREQUさんにて鑑定受付開始いたしました。

 

 

Ameba占い館SATORIにてアプリで占いしております。

 

 

 

 

 

終わり良ければ、すべて良し。

お目通し下さり光栄です、移動する

安心の家 西陣の拝み屋 えみこです。

本日8/9(火)は受付終了致しました、

明日8/10(水)は対面含めご予約承れます。

お問い合わせはこちらから

今週のスケジュールはこちらから

8月のZOOM講座受付開始しております。

対面のご予約方法まとめました。

 

 神奈川営業8月より受付再開致します

8月より神奈川での対面受付再開いたします。

残席わずか、ご予約はお早めに。

開催日 8/24(水)、25(木)

ご予約お問い合わせはこちら

 

週間スケジュールは2週間ずつ公開中。

8/8~14のスケジュール

8/15~21のスケジュール

8月月間スケジュール(最終更新日入)

9月の月間スケジュール

 

♪本日8/9(火)の更新記事、はじまりはじまり〜♫

 

ライオンズゲートこと獅子の門、とうとう閉まり出す。

昨日は突然プリンターが通信エラーを起こしたり、

まぁいろいろ大変な日でした。

そろそろ有線ケーブル買っておかないと駄目だなぁ。

そんなライオンズゲート全開大の8/8、とてもとても

信じられないような神様劇場の1日でした。

そしてきっと、昨日から始まったのだと思うのです。

Closerとしての資質を問われる最終試験が、ね。

始まりは2018、ある場所でそれは始まり。

知らぬ間にわたしは候補者リストに名前を記載される

ことになったのだと思うのです。

上洛して5年目、そこで我が躯体を通して語られた

事実は、本人にしたら結構な破壊力を持つものでした。

 

2015年、逗子という街でRRFというプログラムを

行っていました。

Reiki Reading Figical、その頭文字を取ったRRF

というプログラムは、前世療法の一種としてリリース

したものでした。

リーディングと魂の部分をわたしが、フィジカルの

部分を鍼灸師が担当する形ではじめたこのプログラム。

わずか三ヶ月で閉じることとなったこのプログラムは

その人の前世を閉じ、今世の肉体に直接反映させる

いわゆるスピリチュアルワークでした。

この三ヶ月を経た後、わたしは「前世師」という

名前を貰い、人の前世に手を入れる専門家として

海町で仕事をしていく人になります。

人の前世を観て、今世への影響を終わらせる、それは

きっと今思うとCloserの質があるかどうかを

見始められた始まりだったのかもしれません。

 

RRFの破壊力は目を見張るものがあり、受けた人の

変化率もさることながら、術者も大きく試されて

いきました。

結果、当初のパートナーはあっという間に振り落とされ、

数年を経た後、ドイツ帰りの理学療法士と組んで

再スタートをすることになります。

結局この先生とは、辻堂秘密基地が幕を下ろすまで

ともに仕事をしていました。

そして、同じタイミングでわたしは上洛、右も左も

分からない都でその生涯を「よそさん」として

生きる決意とともに移住しました。

上洛してから前世師の仕事はおろか、霊媒の仕事

さえ、いったいどれくらいの周知度があったか、

という時期があり。

関東に通い続ける中で、東の霊能者の企みに

巻き込まれたことを機に鑑定士から講師へと

ライフシフトを起こしました。

その中でわたしがどう変わっても、ついてきて

くれる人がいることを見せて貰い。

この街で自分がどう世界を作っていくのかを改めて

考える時間がこの四年間だった気がしています。

 

「あなたが少しでも信頼できない動きをすれば

 わたしは即座にあなたを切る。そう周りの

 ものにも、そう言っています」

 

これは上洛して最初に縁ができた人に言われた言葉。

そこには人格も尊厳も、一切ありはしない。

そんな言葉を時に吐かれながら、それでもわたしは

この街で生きてきました、拝み屋として。

なぜ、そこまでしてこの街で生きていたかったのだろう。

泥をかぶるような仕事を随分させられた2018年、それほど

自分という存在は、ここにいてはいけないのか。

そんな疑問を心の隅に抱えながら、それでもこの街に

呼んでくれた神様の聲を信じて今日まで生きてきた。

いわれないデマを流布され「あんなやつから何を奪っても

いいのよ」と言われながら。

時に殺害予告を出され、家族を危険にさらされながら

それでも引き下がることはなくここで生きてきた。

いまも捕まっていない、人物特定さえされていない

あのときのSNS炎上犯。

えみこの世界は死んで終わりではないから、この先

わたしが生きているうちに白黒つかないそのときは

死んでもなお、犯人特定をし、末代まで世にそれを

呈していくと思うのです。

 

我が宝、奪おうとしたことは生涯赦しはしない。

その意味ではわたしはある種の海賊かもしれない。

賊、ね。

そうね、そんな遺伝子もあったね、遠い昔に笑。

その意味では、はじめてDNAに感謝するかもしれないね。

 

扉を開けることを随分長くしてきました。

人の扉を開けて次の世界へ連れて行く、それがえみこの

仕事なんだと信じて生きてきた。

でも、この五年でわたしは悟ったのです。

どれほど世界を変えようと、どれだけ扉を開けようと

元の世界にいる輩は追ってくる。

どこまでもどこまでも、新たな世界へあらゆる手を

使って追いかけてくる。

そうして、奪い続ける、いつまでも。

そのあさましい姿はもはや人ではなく、きっとゾンビ

かなにかなのだろう。

そんな世界で、新世界を平和に保とうと思ったら

一体何をすればいいのだろう。

 

閉じればいいんだよ、元いた世界と繋がる場所を。

 

京都に来てからはじめた「予防学」というプログラム。

現在は「対策講座」に名称変更しているけれど。

その中で何度か「扉を閉じ、閂をかける」という

ワークをしてきた。

あれはきっと、閉じ方を教えながら自分以外にも

いるかもしれない仲間を探していたのだと思う。

どんな仲間か?

 

Closerさ、きっと。

 

いろいろなことが繋がったライオンズゲート全開

大の日。

そしてわたしはまた一つ、啓示を受け入れたのかも

しれない。

今度の適性試験は三ヶ月、そこをどう乗り切って

いくか。

まぁ、まずは舞謡うことから覚えましょうか、

このままじゃ、きっと試験に落ちてしまう。

なんのためにそれをするのか、そこが明確に

ならなければ何も始まらない。

 

「Closerって、かっこいいじゃないですか」

 

昨日聴いた言葉。

レイトショーの映画を観ながら、ふと誰かが

呟いた気がした。

「これも何かの縁だから。そう思った存在を

 信じたいと思ったんだろう?」

そうだね、あのとき確かにわたしは思った。

他の誰かの意見じゃなく、わたしが観たままの

その子を信じよう。

だからこそ、泣いて訴えられたのだと思う。

 

自分の運命を信じる、そこで出会うすべてに対し

自分がどう感じたのか、を。

ねぇシャンクス、それでいいんだよね?

きっと。

 

 

 

 

 

 

自分で問題を解決するスキルを育てる「せるふへるぷ」

通称せるへぷでは、相談依頼を受付中。

せるへぷプログラムにてチャット相談受付開始

 ムーンショット対策講座開催中、月替わり対策講座

やってます。
詳細はこちら。

取材記事公開第二弾★
電話占い探偵団さまに取材掲載頂きました。
掲載記事をまとめて紹介しました。
ぜひご覧ください。

 

 
毎月変わる月替わり講座、ただいま絶賛
ご予約承り中です。
ムーンショット対策講座をさらに活かせるよう2018年から
2021年まで開講していた真理予防学のリピート講座も開講します。

リピート講座の詳細はこちら。

 

 

 

AmebaREQUさんにて鑑定受付開始いたしました。

 

 

Ameba占い館SATORIにてアプリで占いしております。

 

 

 

 

 

始まりはいつも、天使のはしごから。

お目通し下さり光栄です、移動する

安心の家 西陣の拝み屋 えみこです。

本日8/8(月)はご予約満了、明日8/9(火)

以降ご予約承れます。

今週のスケジュールはこちらから

8月のZOOM講座受付開始しております。

お問い合わせはこちらから

対面のご予約方法まとめました。

 

 神奈川営業8月より受付再開致します

8月より神奈川での対面受付再開いたします。

残席わずか、ご予約はお早めに。

開催日 8/24(水)、25(木)

ご予約お問い合わせはこちら

 

週間スケジュールは2週間ずつ公開中。

8/8~14のスケジュール

8/15~21のスケジュール

8月月間スケジュール(最終更新日入)

9月の月間スケジュール

 

♪本日8/8(月)の更新記事、はじまりはじまり〜♫

 

ライオンズゲートこと獅子の門、いよいよ全開大。

麻からプリンターが通信エラーを起こしました笑、

いいもんね、今日の講座準備どうにかできてるから。

残りはコンビニに印刷に行くよーだぁ。

しかし、勝手にオフライン認識される現象、どうにか

ならないのかしら、本当に。

そんなライオンズゲート当日、これから8/12までに

してほしいこととしてこちらの記事を公開しました。

ワークシートが入っているので有料記事となっています、

ご興味ある方はぜひご活用下さい。

えみこも、仕事終わったらやってみようと思っています。

 

獅子の門は毎年開くのだけれど、今年はなんか例年と

違っている気がします。

そんなゲート全開大前日、嫁ぎ先のお墓参りにいち早く

行って参りました。

暑いから夕方閉門ギリギリに行ったため、なんかもう

何もない上に時間に追われましたが(ポンコツな嫁で

申し訳ないです・・・・・・)。

今年は息子も一緒にお参り、息子が墓所に行くのは

初めてな上に、この10数年の激動の人生過ぎてお盆の

墓参り自体が十年ぶりくらいだったという。

お寺の墓地に眠っている身内は父方だけなので(母方は

田舎の地域の集合墓地に眠っています)、その意味で

大きな霊園的なところのお墓参りは初めてだった息子。

京都のお参りは、ちょっと関東と違う部分があり、

その意味でも家族らしいことができてよかったかな、

と思ったりしました。

空に何度かかかった、ちょっと不思議な天使のはしご。

それはルーツ代々からの聲のように思えて、ちょっと

嬉しかったりしたのです。

 

獅子の門の向こうには願いを叶える「源」のエネルギーが

眠っている。

それがライオンズゲートが注目される由来、年に一度

その門は開かれて願いのあるなしにかかわらず地上に

気が舞い降りてくる。

その気を使うもよし、見送るもよし、というのが

おおらかな宇宙方式。

えみこ的には、「使わないならせめて仮置き場くらい

設置しておきなよ」という意見。

そして、その扉の向こうを覗くことは、自分の未来や

願いを覗くことに繋がっている。

この世で一番悲しいことは、何の希望も持てないこと。

そしてもっと悲しいことは、大切なものの希望を奪い

取ってしまうこと。

知らず知らずに愛の名を借りて希望を奪い取る、それ

ほど悲しいことない。

 

昨晩の大河を観ていて、そんなことを思いました。

希望を持つものに対し、優しく真摯なものに対し、

我欲でその未来を駆逐していく存在。

それは遙か昔からDNAとして残っているのだな、と。

「寝た子を起こすな」このライオンズゲートの直前に

何人かの生徒さんとそんな話をしました。

そして、もし起こしてしまったならば最善を尽くしなさい、

と。

人の意見に耳を貸さぬものにいつまでも助け船が来る

ほど、今の世の中はあまくはない。

それは時代が魚座の時代(緩い時代)から水瓶座の

時代へとシフトした表れかもしれない。

 

大河をしっかりと観たのは前作の渋沢栄一くらい。

今回の大河は鎌倉で、とてもなじみのある場所が

舞台な訳ですが。

個人的には、そこに渦巻く人々のいろいろをここ

京から眺めることに意味があるのかもしれない、と

ちょっと思っています。

あさましきは人間の所業なり・・・・・・か。

まだまだ、えみこも未熟よのう。

 

 

 

 

自分で問題を解決するスキルを育てる「せるふへるぷ」

通称せるへぷでは、相談依頼を受付中。

せるへぷプログラムにてチャット相談受付開始

 ムーンショット対策講座開催中、月替わり対策講座

やってます。
詳細はこちら。

取材記事公開第二弾★
電話占い探偵団さまに取材掲載頂きました。
掲載記事をまとめて紹介しました。
ぜひご覧ください。

 

 
毎月変わる月替わり講座、ただいま絶賛
ご予約承り中です。
ムーンショット対策講座をさらに活かせるよう2018年から
2021年まで開講していた真理予防学のリピート講座も開講します。

リピート講座の詳細はこちら。

 

 

 

AmebaREQUさんにて鑑定受付開始いたしました。

 

 

Ameba占い館SATORIにてアプリで占いしております。

 

 

 

 

 

 

禍(まが)、世に忍び寄る8月。

お目通し下さり光栄です、移動する

安心の家 西陣の拝み屋 えみこです。

本日8/7(日)は定休日となります、

明日8/8(月)はご予約満了、8/9(火)

以降ご予約承れます。

今週のスケジュールはこちらから

8月のZOOM講座受付開始しております。

お問い合わせはこちらから

対面のご予約方法まとめました。

 

 神奈川営業8月より受付再開致します

8月より神奈川での対面受付再開いたします。

残席わずか、ご予約はお早めに。

開催日 8/24(水)、25(木)

ご予約お問い合わせはこちら

 

週間スケジュールは2週間ずつ公開中。

8/8~14のスケジュール

8/15~21のスケジュール

8月月間スケジュール(最終更新日入)

9月の月間スケジュール

 

♪本日8/7(日)の更新記事、はじまりはじまり〜♫

 

ライオンズゲートこと獅子の門全開大まであと1日。

いよいよ明日はライオンズゲートこと獅子の門全開日、

源と繋がることができる獅子の門ですが。

今回はちょっと勝手が違っているように思います。

来週末にくるお盆、その際に開かれる冥界の門。

その門が開くのが、幾分例年より早いような気が

するのです。

その影響か、「禍事の種」が地上に広がりつつ

あるような。

吉凶は糾う縄のごとく、といいます、善いことの

あとには厄災が待っていることもある。

獅子の門が閉まった翌日には入り盆、つまりは

そういうことなのだろうなあ、と。

 

ルーツについて、いろいろな考え方があると

思います。

前世もルーツなら、先祖もルーツです、そして

この世にある未成仏なものも、誰かのルーツ

だった可能性もある。

えみこは霊能者ではありません、だから祓いは

行わない。

えみこにできるのは、その人の見えない世界の

書庫にある「物語」を読むことだけだから。

それでも、その物語を読み聴かせたとき、それを

信じる人と都合よく聴く人に分れていく。

都合よく聴かれてしまった人にできることは、

きっともう何もない。

そして、こんな風に地上に蒔かれた「禍事の種」

に対しても、間引くことも発芽を止めることも

できはしない。

きっと、そういうことなのだろうと思うのです。

 

この世の至福は「穏やかな日常」の継続、それは

一見何の変哲もないものに思えるけれど、実は

それこそが最も難しく、最も価値のあるもので

あったりするのです。

日々積み重ねたい、と思うものを手にすることの

難しさ。

そして、積み重ねたものを守り切っていくことの

大切さ。

人の人生には必ず終わりがある、それは躯体に

賞味期限がある限り避けては通れない。

だからこそ、自分以外の人のそれも大切に丁寧に

扱って然るべきだとわたしは思う。

今世最大の不幸は、相手に対し不遜な扱いを

していることに気づけずにいること。

そして、自分は誰よりも善人だと信じ切って

疑わないこと。

 

もうすぐ、亡者たちに慈悲が与えられる瞬間(とき)

が来る。

そのとき、あなたはしっかりと守ることができますか?

自分と、自らが大切に思う者たちを。

えみこも、ちょっと揺らぐレベルのいろいろが地上で

起こる今年の夏。

自分とは、どんな存在か、しっかり捉えておかないと

危ない世の中になったな。

そんなことをこの獅子の門期間中に、強く思っています。

 

 

 

 

自分で問題を解決するスキルを育てる「せるふへるぷ」

通称せるへぷでは、相談依頼を受付中。

せるへぷプログラムにてチャット相談受付開始

 ムーンショット対策講座開催中、月替わり対策講座

やってます。
詳細はこちら。

取材記事公開第二弾★
電話占い探偵団さまに取材掲載頂きました。
掲載記事をまとめて紹介しました。
ぜひご覧ください。

 

 
毎月変わる月替わり講座、ただいま絶賛
ご予約承り中です。
ムーンショット対策講座をさらに活かせるよう2018年から
2021年まで開講していた真理予防学のリピート講座も開講します。

リピート講座の詳細はこちら。

 

 

 

AmebaREQUさんにて鑑定受付開始いたしました。

 

 

Ameba占い館SATORIにてアプリで占いしております。

 

 

 

 

 

そちらへ行ったら、何がみえましたか?

お目通し下さり光栄です、移動する

安心の家 西陣の拝み屋 えみこです。

本日8/6(土)は対面相談一名様のみ

ご予約承れます、午前10時までに

お申し込み下さい。

ご予約お問い合わせはこちらから

明日8/7(日)は定休日となります、

週明け8/8(月)はご予約満了、

8/9(火)以降ご予約承れます。

8/9以降のスケジュールはこちらから

8月のZOOM講座受付開始しております。

お問い合わせはこちらから

対面のご予約方法まとめました。

 

 神奈川営業8月より受付再開致します

8月より神奈川での対面受付再開いたします。

残席わずか、ご予約はお早めに。

開催日 8/24(水)、25(木)

ご予約お問い合わせはこちら

 

週間スケジュールは2週間ずつ公開中。

8/8~14のスケジュール

8/15~21のスケジュール

8月月間スケジュール(最終更新日入)

9月の月間スケジュール

 

♪本日8/6(土)の更新記事、はじまりはじまり〜♫

 

ライオンズゲートこと獅子の門全開大まであと2日。

今回の獅子の門は「立ち位置」「スタンス」という

課題を持ってきているように思います。

ときどき講座などでお伝えするのですが、こちらと

そちらでは見える景色や使う言葉が違っています。

鑑定士の育成をするとき、そもそもの初動で相手の

方にお話しするのは「こっち側にきたらいいんじゃ

ない?」ということ。

しかし、わかりました、といってこちら側に来て

何事も無く仕事ができるかと言えば、当然そんな

ことはありません。

こちら側にはこちら側のルールがあり、その法則に

従えない人は残ることができないようになっている。

世の中とはそうやって俗に「均衡」と言われるものを

守っているのだと思います。

 

獅子の門の奥にある源と繋がったら、どんな願いも

実現する。

それは源の力が下駄を履かせてくれるから。

ただし、門が閉まればエネルギーの供給が止まる、

止まったらあとは自力走行になる。

だからこそ、自力で走ることができない人は、どれほど

願っても獅子の門は手を貸さない。

それが均衡を保つためのルールであり、見えない世界の

一つの掟のようなもの。

だからいま、見せられる。

そちら側の世界でも、あなたがやっていける人かどうか。

 

人間の脳は、このリミッターでもあります。

そちら側に行ってやっていけるかどうか判断するとき

脳は本人の素地を見る。

そして、だいたいこう判断します。

 

「不足がありますね、リスキーなのでよしましょう」

 

この脳の指令に従ってしまえば、いわゆるコンフォート

ゾーンから出ること無く生涯を終えます。

人間のライフシフトは「コンフォートゾーン」「ストレス

ゾーン」「パニックゾーン」という三つのエリアをどう

歩いたかによってシフトの可否が分れます。

エリアへの出方を間違えば、問題が起こる。

なにより、脳というところが自分に何をするのかを

冷静に見て、常に裏をかかない限り変化できない。

コンフォートゾーンは快適で、その際で発生する些細な

圧に対し、本人がどう対処したかでその先は決まってしまう。

ここに「どのくらい本気で変わろうと思っているか」が

含まれる、えみこはそう思っています。

 

えみこ自身の大きなライフシフトはこれまでに何度か

ありました。

就職、転職、最初の結婚、離婚、独立、震災、そして

京都移住。

その後も二拠点生活、炎上、関東の拠点閉鎖、再婚、

そして遠隔介護の開始。

まぁまぁ、よくもこれだけいろいろあったね笑、と

振り返っても笑うしかないくらいいろいろあった。

その度に、脳と向き合って脳を制して現実を動かして

きた、振り返るとそう思うのです。

「できない」ということは、容易い。

でも、一度できないと言ってしまったら脳は永遠に

そういうことを覚えていく。

だから、できない、というとき、言わなければならない

ときの対処は本当に重要な意味を持つ。

できない、ということが悪いのではない。

できない、と、どう言ったか、ということが問題。

本当に頑張ったのか、それとももう限界まで頑張って

いるのか、その見極めは本当に大切だと思う。

痛みを伴わない成長などない、そして、そちら側の

世界を体験する機会があったのに棒に振るほど勿体ない

ことはこの世にはない。

その時点で、もう二度とその扉が開くことはない

のだから。

 

今年の秋になったら「閉じ師」の仕事を観て貰うよ。

昨日、そんなことをガイドから言われました。

これね、結構衝撃だった。

閉じ師?なにそれ、そう思った。

えみこはこの20年「開ける」ことをしてきました、

いうなれば「開け師」だったかもしれない。

(一時「オープナー」と呼んでいたこともある)

オープナーの反対はクローザー、いわゆる閉じ師。

開けた人が閉めるのがルール、靈氣の講座で何度と

なく、そうお伝えしてきましたが。

オープナーとして活動してきたお前には、クローザー

として仕事をする義務と責任がある。

なんだか、そう言われた気分になって、実はちょっと

ゾッとしたのです。

 

まだ、「観て貰う」と言われている段階。

でもきっと観たら「どうだい?やれそうかい?」

と問われるのだろうな。

観てないからなんともいえないけれど・・・・・・。

えみこの世界には、奇跡しか存在しない、だからこそ

オープナーであったし、ずっとそうして誰かの扉を

開けていけると思っていたけれど。

きっと、その禁を破った出来事が知らぬ間にこの

間(あわい)の世界で起こってしまったんだろうな。

もうすぐライオンズゲート、獅子の門への願いはもう

決めてある。

しっかりしようか、わたし。

次の「そちら側」への扉はもう、見えているのだから。

 

ね。

 

 

 

 

 

 

自分で問題を解決するスキルを育てる「せるふへるぷ」

通称せるへぷでは、相談依頼を受付中。

せるへぷプログラムにてチャット相談受付開始

 ムーンショット対策講座開催中、月替わり対策講座

やってます。
詳細はこちら。

取材記事公開第二弾★
電話占い探偵団さまに取材掲載頂きました。
掲載記事をまとめて紹介しました。
ぜひご覧ください。

 

 
毎月変わる月替わり講座、ただいま絶賛
ご予約承り中です。
ムーンショット対策講座をさらに活かせるよう2018年から
2021年まで開講していた真理予防学のリピート講座も開講します。

リピート講座の詳細はこちら。

 

 

 

AmebaREQUさんにて鑑定受付開始いたしました。

 

 

Ameba占い館SATORIにてアプリで占いしております。