2005-10-27 09:38:20

映画「サマリア」

テーマ:韓国映画
ハピネット・ピクチャーズサマリア

 今、世界的に注目される監督の1人であるキム・ギドク監督。この作品でベルリン映画祭銀熊賞(監督賞)、続く『3-Iron(空き家)』でヴェネチア映画祭監督賞を制し、残りカンヌ映画祭で監督賞を取れば、3大映画祭の3冠達成と言われています。


 この映画も、キム・ギドク監督らしい作品です。人が人生を転落して行くさまは、本当に身近な出来事から起因するのだなと考えさせられます。実際、人生って紙一重のところがありますね。

 またこの作品は援助交際を扱っているのですが、韓国でも社会問題になっているようです。

 一方で宗教的な要素を散りばめながら、道徳とは何かを問う作品にもなっています。


 クァク・チミン(ヨジン役)とハン・ヨルム(チェヨン役)は、仲良しの女子高校生。2人は友達以上の感情を互いに抱いていますが、一緒にヨーロッパ旅行に行くための資金稼ぎに援助交際、要するに売春をしています。

 チェヨンが男たちに体を売り、その連絡・見張りをヨジンがするという役割分担で、お金を稼いできた2人。しかし、ある日、チェヨンは現場を警察に踏み込まれ、逃げようとしてホテルの窓から飛び降ります。頭を強打したチェヨンを背負ってヨジンは、病院に駆け込みますが、チェヨンは死んでしまいます。


 ヨジンの手元には、チェヨンが体を売り、男たちから得たお金が……。そのお金を最初燃やそうとしたヨジンは、チェヨンの供養のために、チェヨンが寝た男たちに自分の体をゆだね、そして男たちにお金を返して行くという方法を選びます。


 ある日、刑事であるヨジンの父親=イ・オル(ヨンギ役)は、娘が男とラブホテルから出てくるのを見かけます。驚いたイ・オルは、娘の行為を追ううち、自身も人生の歯車を狂わせて行き……。



※サマリア【Samaria】
パレスチナ中部にあった古代都市、のちに地方名。前9世紀初めイスラエル王オムリが北王朝の首都として建設。北王朝は前721年アッシリアに滅ぼされ属領となるが、移住してきた異民族と混血したのがサマリア人で、以後長く異教徒としてユダヤ人に排斥された。

聖書には、キリストと「サマリアの女」との会話がある。

キム ギドク, イム スング, 朴 珍浩サマリアの少女

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

龍さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。