2005-02-15 22:00:22

シュリ

テーマ:韓国映画
 韓国映画を日本に定着させた功績の大きい映画です。ハリウッドばりのスケールの大きさで、これまで韓国映画では、あまり見られなかったスタイルといえます。この映画の成功によって、韓国では、大きな予算をかけて作られる「大作モノ」が増えました。
 北の特殊工作部隊と韓国の情報機関との、壮絶な戦いに織り込まれる、悲しい愛が見る者の心に突き刺さります。



タイトル: シュリ


著者: 鄭 石華, 姜 帝圭, 金 重明
タイトル: シュリ―ソウル潜入爆破指令


アーティスト: サントラ, キャロル・キッド, リー・ドンジュン
タイトル: シュリ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-15 21:32:10

朝文(問)研と韓文研。特に高校教員の方へ

テーマ:在日コリアン
 みなさん、「朝文(問)研」というのをご存知ですか。「朝鮮文化(問題)研究会」を略して、朝文研といい、「韓文研」というのは「韓国文化研究会」の略称です。日本の高校や大学にあるサークルの一つです。
 
 ここでは、高校にある朝文研について感じることを書きます。
 まず、その名称です。予備知識として、日本の高校では、朝文研と韓文研では、圧倒的に朝文研が多いことを頭に入れておいて下さい。
 ところで、なぜ、朝文研という名称が圧倒的に多いのか、私には理解できないのです。
 なぜなら、朝鮮籍や朝鮮総連系の主要な高校生は、日本の学校ではなく朝鮮学校に通っています。それ以外の大多数の在日高校生が日本の高校に通っており、そのほとんどは韓国籍だからです。そう考えると韓文研が圧倒的であるはずです。
 だから最近では、その実態にあわせ、学校によっては当たり障りないようにKCC(コリアン・カルチャークラブ)など名称変更が行われているところもあります。
 実際、私のように日本の学校に行っていた「韓国籍コリアン」にとって、排除されたような疎外感が、朝文研という名称にはあります。また、朝文研という言葉に政治的意図を感じる人がいるかもしれません。

 私の意見は、朝文研という名称は、その名称を「韓国・朝鮮文化(問題)研究会」や「KCC(コリアン・カルチャークラブ)」にすべきだと言うことです。ただの韓文研というのも、あまり好ましくないと思います。少ないかもしれませんが、日本の高校に通う朝鮮籍の高校生もいると思うからです。

 高校に朝文研サークルのある先生方、一度、お考えください。


著者: 山本 すみ子, ヨコハマハギハッキョ実行委員会
タイトル: 韓国・朝鮮と出会おう
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。