沈黙の世界 | ひでの徒然『映画』日記

ひでの徒然『映画』日記

映画レビューを徒然なるままに書き綴ります。


テーマ:

ひでの徒然『映画』日記-沈黙の世界


Comment:

海洋学者たちの海の冒険。


その年のアカデミー賞ドキュメンタリー長編賞およびカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞したジャック=イヴ・クストー&ルイ・マル監督の作品です。


後の「ヌーヴェルヴァーグ」を代表するルイ・マル監督の協力のもと製作されたそうです。


海洋学者ジャック=イヴ・クストーが仲間たちと共に大海原へ旅立ち、海底の世界を調査、観測する姿を追うドキュメンタリーです。


でもなぁ・・・何だか人為的な感じがするのは気のせいなのかなぁ・・・。


何だか動物たちが人間たちにいいように利用されてしまっている感が・・・。


クジラの子供のエピソードなんて、人間が回避すべきことなのでは?・・・さらに、その後のサメへの報復?あのエピソードもサメが悪いわけではないのにね・・・。


まぁ、ストーリーはこれくらいにして、やはり特筆すべきは美しい映像の数々。


・・・とは言っても、時代ですからね(^_^;


でも、1956年に製作されたとはとても思えません。


深海に潜る技術もそれほど発達していなかったのなぁと素人ながらにも感じられますが、それなのに、あれだけの映像を撮影した労力は相当なものだと思いました。


音のない海底・・・「沈黙の世界」。


時代を感じる作品でした。



にひひにひひ



Title:

LE MONDE DU SILENCE


Country:

Italy/France (1956)


Cast:

(Himself)JACQUES-YVES COUSTEAU


Directors:

JACQUES-YVES COUSTEAU

LOUIS MALLE


Awards:

Academy Awards, USA 1957

(Oscar(Best Documentary, Features))JACQUES-YVES COUSTEAU


Cannes Film Festival 1956

(Golden Palm)JACQUES-YVES COUSTEAU

(Golden Palm)LOUIS MALLE



にほんブログ村 映画ブログ 外国映画(洋画)へ ←ランキング参加中です。


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス