2006-08-27 23:21:09

【超簡単!】日本のネットショップで海外顧客を取り込む

テーマ:システム開発

門田です。




日本で情報商材のネットショップを経営されている方が、簡単に海外の顧客を増やすことができる方法です。

情報商材とは、ネットショップ上でダウンロードして購入できる商品のつもりで書きました。

海外現地法人を作らなくても、ターゲットのお客さんを集める事ができます。




これを見てください。

バンコクで入手可能な、日本人向けフリペーパーの数々です。

日本人が頻繁に出没する、アパート、スーパー等に置かれます。




週刊ベイスポ

日本人に受けそうな、タイの社会面の新聞記事が日本語化されてて面白い。

最新号から、『王宮広場近くで警察が暴走族400人を逮捕』。

バンコクに暴走族がいるの、知りませんでした。ガーン

バンコクのフリーペーパーペイスポ






Necos社発行のNewsClipDACO

DACOの読者は多いですね~。

フリーペーパーの中で最も流通してるんじゃないかな~。

KKD(勘と経験と度胸、製造業でよく使います。)によるいい加減な推測です。

バンコクのフリーペーパーダコとNewsClip








move X-Press

表紙を入れて8ページくらいしかないんですが、これからなんでしょう。

バンコクのフリーペーパーX-Press






KOKO

手持ちの特集はタイの政治。

この写真の真ん中の赤いネクタイはタクシン(元?)首相ですね。

KOKOは、新聞のように綴じられていない冊子です。

バンコクのフリーペーパーKOKO







Bangkok madam

ターゲットは昼間、ソイ31の韓国料理イーファーウォンとか、23のタイ料理プワンゲーウでお会見かけする駐在奥様方。

バンコクのフリーペーパーBANGKOK MADAM







この中で、一番最初に紹介したベイスポにこんな広告がありました。

ベイスポの日本屋の広告






www.nihonya.net  って書いてます。

広告の一番下には、

これは、電子書籍、オンラインコミックのebookjapan海外在住日本人向けの入り口です。

ebookjapanの海外入り口日本屋






これは、日本のebookjapanの入り口です。

ebookjapanの入り口






日本屋のトップページは海外向けに作られた入り口だけです。

その他のページはebookjapan(日本)のページにリンクされるようになっています。






これから、こういうやり方が流行るのではないかと思います。

海外在住の日本人はとにかく情報が限られています。

バンコク在住の大使館登録日本人だけでも、23,000人もいます。

実際はその1.5~2倍近くいるのでは。




フリーペーパーはあっと言う間になくなります。本当に早い!オバケ

NHKに出演させて頂いた 時に感じたのですが、番組を見たよと言う人は、バンコク在住の方が圧倒的に多い。

それは、日本語のチャンネルがNHKだけだからだと思います。

選択肢が他にない。英語のチャンネルは見ない人が多いし。






インターネットだけでは、リーチに時間がかかります。

フリーペーパーは選択肢の無い日本人に人気があるのです。

そこに、広告を出すことで、会社が認知されるまでの時間を節約できます。





いまのところ、フリーペーパーの多くの広告は、在バンコクのレストラン、スパ、その他のお店です。

恐らく、日本の事業者が知らないからですね。

僕も、シンガポールや中国、台湾のフリーペーパーを知りません。

fanmu さん、今度、台湾のフリー誌紹介してくださいね。





今、インターネットショップで海外でも役に立つ情報を提供している人は、海外のフリーペーパーに広告を出すと良い結果が得られるかも知れません。その際、入り口は別に作ることが重要です。そうしないと、効果の測定ができません。新聞広告等で大々的に販売されているパソコンのDELLなんかも、広告毎に入り口を変えて効果の測定を確実に行うようにしています




おしまい!





ところで、最近バンコクの夕方はとでも涼しいのです。半袖だと、ちょっと肌寒いような。DASH!

昨日も、今日も。去年の8月といえば、暑かった記憶があるが、どうなっているのでしょう?





人気blogランキング。押すとこのBLOGに一票入ります。ご注意下さい。 (8月27日午後11時、308位でございます。しょぼん

みんなのプロフィールSPに飛びます。 ロケット
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

バンコクで働く社長さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

5 ■HOJO様

バンコクの門田と申します。何かお役に立てたようで何よりです。米国やヨーロッパの事情も紹介して頂ける方がいらっしゃればいいのになーと思います。BLOG拝読させて頂きましたが、詳しく書かれていますねー。

4 ■とても参考になりました。

初めまして。
とても面白い内容の記事でした。実は私も同じようなことを考えておりました。
閉鎖された社会(海外の日本人、田舎)では、地方紙がとても重要な役割を果たしていることが多く、それらをどう利用するか、また、それらメディアを通じて訪れてくださるお客さんにどう利便性を提供するかはとても興味深いテーマですね。

3 ■madiranさん

門田です。コメントありがとうございます。フリーペーパーの効果はどうでしたか?新聞の折込広告と比べると、フリーペーパーの場合、自ら取らなくてはならないため、見たい人が見るとも言えますね。その分効果は期待できるのかなと思います。

2 ■ご指名有難う御座いました

台湾フリーペーパー情報をブログにかいておきました。
台湾はバンコクとはかなり状況が違うと感じています。

バンコクにも一度行ってみたいですね。

1 ■当社も

現地に日本法人向けの事務所を構えたのもあり、ようやく軌道にのりかかってきたのもあって、昨年あたりフリーペーパーで広告をうってました^^ 日本だとフリーペーパーって星の数ほどあってあまりあまっているのを都心でも自宅方面でもみかけますが、すぐになくなるというのはうった価値が高いなーと改めて感じました♪ でも将来的には現地の日本法人向けだったり、駐在者の方々向けへのwebを設けるのがいいかもって読んでいて思いました^^

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。