ときどき日記Ⅱプラス

ときどき日記Ⅱプラス

千葉の海沿い小さな町で四代続く家具屋の社長ブログ

日々の出来事や思い付くこと家具の事など気楽な内容です。

動き出すきっかけの前に私と圧縮杉の出会いについて

 

杉の圧縮材との出会いは今から6年くらい前のこと

東京の神谷町駅付近にある飛騨産業ショールームで定期的に行われている新作発表会へ行った時で

ここで初めて杉の圧縮材を使用した家具に出会いました。

それが飛騨産業株式会社の「KISARAGI」シリーズ

 

有名なデザイナーが手掛けただけありシャープなラインと柾目を使うと言う斬新な木目使いであり

本来の杉とは違った圧縮杉もつあまり見かけない色合いで

座ってみると薄く削りだした座面の座り心地は良く、触れる手当たりも柔らかで上質な印象でした

 

が、それよりも一脚165,000円(税込み)という価格に驚いた事を今も覚えています。

しかし価格には理由もあり圧縮材についてなど詳しく説明をして頂き納得したのですが

 

その時私が担当の営業さんへ言った言葉が「でも杉でしょ?」でした

 

正直これが圧縮杉と出会った第一印象だったんです。

 

当時はまだ杉を使うことの意味がよく分からず何でそこまでして杉を使うんだろうと軽く思う程度で

KISARAGIのもつ本当の意味や飛騨産業の見つめていた先をまだ理解できなかったのです

 

 

異常気象や肌で感じる季節の異常変化。。。木を扱う者としての責任から何ができるか

そしていつの日からか芽生えた千葉の杉を利用した家具が飛騨産業とできないものかとの思い

 

しかし、ひとり思うだけで何も行動すらできないまま日々が過ぎた2019年

 

「思」から「動」に変わるきっかけとなった出来事が「いすみ市商工会 新規事業創造委員会」との出会いでした。

 

このいすみ市商工会 新規事業創造委員会とは、いすみ市内の事業所や個人といすみ市外、県外の企業が組み合わさることで新しい事業や可能性を生み出す場として誰もが参加できるオープンな委員会であり第一回目から獣医さんや民泊関係、福祉事業者や畳屋さん、信用金庫などの幅広い業種の方が集まり、今では市外からは飛騨産業はもちろんNTT、銀行、IT関係、旅行、建設業など様々な業種の方が集まる画期的な委員会となっております。

 

そんな杉の圧縮材との出会いと新規事業創造委員会との出会いが私の中で合わさったことで千葉の杉を使った杉圧縮材家具への挑戦をやってみようという事となったのです。

 

次回は知られざる杉の性質などについて書こうと思います。

今ではもう買うこともできない鎌倉彫の箪笥
30年ほど前に弊社にて購入された婚礼箪笥です。
この度、新築に引っ越しをされると言うことで家具の移動のご依頼を受けました。

場所は千葉市、家具は2階の一室にあると。
そして、当時たぶんベランダから入れました。。との情報に吊し下げの準備をし伺うと、思わず声が出てしまうほどの素晴らしい箪笥が!しかし頭はすでにそれをどうやって下ろして運ぶべきかを模索
確かに階段では扉や引出しは運べても本体はドアをすら通らないサイズ
やはり当時吊し上げたベランダからしか道はありません。。

実は家具は上げるより下ろす方が何倍も難しいんですよ(^o^;)
とは言え今までいくつもの家具を下ろしたことがあるので、もちろん何とかなります。

作業としてはベランダに養生をして、家具は布団でくるみロープをしっかり巻きます。
そして二人がかりでベランダかお互いのペースを合わせながらゆっくりゆっくり下ろしていき、下で待ち構えるもう一人が受け取ります。

今回も無事に下ろし終え、新築宅へ運び再組立てし無事に終了、並び終え改めて見てみるとその素晴らしさに感動!良い家具は何年経っても良いもんなんだなと改めて感じました。


私たち大丸木工所は千葉県産の「杉」を使った新たな可能性へ挑戦いたします。

 

概要

千葉の杉 X 飛騨産業で杉の秘めたる可能性を引出し、新たな分野での活用を模索し

国産材を使ったこれからのスタンダードとなるようチャレンジです。

 

なぜ?

 

霜柱すら立たない温かい冬、猛烈化する台風、漁獲量が激減した秋刀魚

肌で感じるほどの自然環境の変化はどれも地球温暖化が影響していると言われています。

そして世界各地で起こる大規模森林火災や溶けゆく北極の氷、動植物の減少。。。

その原因は私たち人間による環境破壊が影響しています。

 

木を扱う者としての責任、子供たちへ何を残せるか、これからの地球へ

今だからこそ やらなければならないと思いました。

 

きっかけは数年前、何気なく見ていたGoogleアース

たった40年で、さらにここ数年で加速的に減っている森林があることに気づきました

 

1986年の南米上空写真

10年後の1996年

さらに2006年で

そして4年前2016年、10年で爆発的に開拓されたことが分かります

日本地図を当てはめてみるとその規模が分かります

 

北極の氷も

1970年 黄色い線は1000kmです

1986年

2006年

2016年

Googleアースの時間スライドを使うと世界中過去の画像と比べられます

 

この様に地球は確実に人間により環境を破壊されている事実に気づいた時

今までとは違う家具への関わり方について考えるようになりました。

 

もちろん現地で暮らす人にも家族があり生活があり

様々な考えのもとで開拓や保護もしていると思います。

そしてその恩恵は必ず私も受けていることでしょう。

 

だからこそ個人として、大丸木工所として何ができるのかを考えた中で

弊社でも製品を取り扱っている岐阜県高山市にある飛騨産業で

岐阜県産の杉を圧縮加工し製品化している事を思い出し

飛騨産業 KISARAGI

 

ふと、この目の前に多くあり、時には厄介者とされる

千葉県産の杉を使うことで少しでも環境改善に関われるなら。。。

 

そう思いつつも何もできぬまま

数年を過ごしていました

 

しかし、とある事をきっかけにこの話は新たな展開へ動くこととなります

 

それはまた次回に。。。

 

アメリカ西岸上空

ブラジル上空

氷河の減少

今週末に毎回好評の「ギャッベ展」を開催します。

それに先立ち久しぶりにGoogle広告をやってみました。

これ、検索ワードによって探してる方や必要な方にピンポイントで広告が表示される仕組みなんです。
費用は自ら決められ一日の表示回数と必要日数を掛けた分だけ先払いだからそこも安心
さらに狙いたい広告エリアも選べるから無駄もない
内容は限られた文字数の中で自分で考えないといけないけど、それもまた楽しいです
Googleは検索だけじゃなく様々な機能やサービスがあるから知ると本当に便利ですよ👍

何かの検索でこの広告を見かけたら

そういう事なんです(笑)

明日から12日までの10日間
秋の大売り出しを開催いたします
木をテーマに心地よさを大切に
各地から仕入れた自信の家具を
ぜひこの機会に選んでください。

また寝心地の良いベッドも多数揃えてあります
自分に合ったベッドで質の良い睡眠をご提案いたします。

その他にもアウトレット品などお買い得品を多数そろえて皆様のご来店をお待ちしております。
 
今夜の満月と飛行機です
近くの太東﨑灯台で撮影しました。