敗戦

テーマ:

しばらく更新ができない状況でした。

バージョンアップ?とやらです。


さて、メンテナンス中の日記は夜にして、今日は試合がありました。

準決勝です。


結果からいうと、2点差で負けました。


点差は詰まってるんだけど、負け方としてはあまりよくなかったと思う。


まず、正直な話、ベンチワークは失敗でした。

タイムアウトのタイミング、そしてそこでのアドバイス。

3ピリの苦しい場面で、なぜもっと選手を鼓舞出来なかったのか。

また、4ピリ残り7分18点差負けまでオールコートで仕掛けなかったこと。


終わってしまったことだけど、自分にも悔いが残ってしまいました。


選手は最後よく頑張った。14点差から始まって、2点差まで追い上げたのだから。


いかんせん3ピリが痛い。

20-4とかだったし。

あの場面、シュートまでの形はよかったものの、シュートが入らなかったことで

自分たちからリズムを崩していってしまった。


そこであせってしまい、ディフェンスも悪くなり、オフェンスもバタバタしてしまった。

ああいったときに誰か冷静に判断できるといいのになぁ。


後はサイド、エンドからのセットプレーを作るべきだと思った。

相手が今日みたいに厳しく当たってくる場合、有効なはず。

チームとしても持っていたほうがいい。


そして、練習の時からスクリーンの練習をすること。

いつも負けそうになると、シューターに打たせようとするけど、スクリーンが上手くかからない。

練習でやってないんだから、当然っちゃ当然。


その他諸々あるけれど、チームの課題が一気に浮き彫りになった試合だったかな。


課題が明確になってきたから、夏休みに出来れば。。


そして、何よりあと1試合残っている。


この試合に勝って、雰囲気よく夏の練習に入れることを願っています。


あと1試合、頑張ろう!


それにしても勝たせてあげたかった。。


これからゼミの発表の見直しです。


落ち着いたらまた夜にでも。。。

AD

今日は学校行って、友人とカフェでまったりして、サークルの練習へ

というスケジュール。

 

いやー疲れた疲れた。

久しぶりにバスケしたら体が全く動かない。

シュートもはずしまくり。。同じチームの人ごめんなさい。

 

今年からコーチという肩書きはついてるけど、実際何もやってないなぁ。

何をすべきかを必死になって探している途中です。そりゃプレイヤーの不満もたまるか。。

 

よくありがちなプレータイムについての不満。これどうしようもない。

みんなが満足できるような試合なんてほとんどないと思う。

自分も現役のとき、かなりフラストレーションがたまる時があった。練習しても意味ないわぁ、って思った。

自分の代わりで出ているやつがミスしたら、どこか心の中で「よしっ」とか思ってた。

あの時は本当に人として最悪だった。全部人の責任にしてたし。。

 

でもいつの間にか、自分にしか出来ないことってないだろうか?って考えるようになってた。

チームのために何が出来るだろうって真剣に考えるようになってた。

そしたら、自分の代わりに出てるプレイヤーも素直に応援できたような気がする。

きっかけは何だったか忘れてしまったけど、チームが一つになるためにはこういう存在もありなのかな。

 

部活だったら成り立つけど、サークルだったら難しいね、きっと。

俺が俺が、私の方が。。 って考えるのが普通だと思うし。

でも「あいつには正直かなわないけど、自分はこれが出来る」って発想変えられるといいんだけどね。

 

えらそうに言ってるけど、結局21歳のただの学生です。

人が見たら、いや違うだろと思うはずです。でもこれが自分の考えなんだと思う。

見過ごしてあげてください。

 

さて、サークルの仲間たちも徐々に進路が決まりだしてうれしい限りです。

大学院に行く人や教職受ける人もいる、みんな頑張れー 素直に応援しています。

俺も5月からもう少し頑張りますっ!

 

ここ最近本を読み始めてます。

今日から読んでるのは、「バッテリー」という文庫です。

野球の話なんだけど、タッチとかH2から恋愛の部分を差し引いた感じのストーリー

こういうスポーツ絡みのサクセスストーリーには滅法弱いのです。

5巻くらいまであるみたいなんで、今週中に全部読もう。

 

著者: あさの あつこ, 佐藤 真紀子
タイトル: バッテリー

 

 

 

AD