我在北京

テーマ:

相当放棄していたブログ。


そして、中国でFacebook等も見られない環境の中で

さりげなく再開してみようと思います。

たまにブログも検閲で引っかかるけどね。


昨年11月に内示を受け、今年の2月から北京で働いています。

今日でちょうど2週間が経過したことになります。


反日、そして大気汚染と、来る前に抱いていた、いや

植えつけられていたイメージとは今のところだいぶ異なります。

これから徐々に現実と向き合っていく中で、何が起きていて

何が正しいのかということを自分の目で確かめていければ

良いかな、と思っております。


格差社会、と言われていますが、それだけはこの2週間で

痛感しているところです。

北京という大都市であっても、一本道に入ったりすると

物乞いがいたり、家、と言うよりは小屋が数多く目に入ります。

その一方で、想像以上に高級車が街中を走っています。


社会主義の国ではあっても、鄧小平の改革開放政策以降

資本主義、市場経済の要素が入ってきており、この10年でそれも

加速してきています。


この大きなうねりの中で、少しずつ感じたことなりを

備忘として残していければと思っております。


2週間ではありますが、既に日本食が恋しい(笑)


さっ、明日から仕事頑張ろう!



AD