こりんごの「自分磨き、ときどき旅」デキる女への道!

こりんごの「自分磨き、ときどき旅」デキる女への道!

フランス語圏に5年間在住したアラサーの
帰国後奮闘記を掲載していきます。
日常生活/旅行記/フランス語勉強/就活などなど…
たまに話がぶっとびます。

こんにちは爆  笑

 

すんごくお久しぶりなこりんごです。

1年4か月放置…よく戻ってきたなおいって感じですよね笑い泣き

 

自己満なので見逃してください照れ

 

 

さてさて、この1年4か月のこりんごは、

現在も医局秘書は続けております。

仕事は相変わらず奇想天外で突拍子もないことを言い出すドクターズに

振り回され、楽しくやっております。

 

 

プライベートもいろいろありました。

 

 

ジム通って痩せすぎてみたり、

リバウンドしてみたり、

彼氏と別れてみたり、

婚活してみたり、

姪っ子の面倒をこれでもかというほど見てみたり、

旅行にも国内外たくさん行きましたウシシ

 

 

 

ハワイ

 

那須

 

台湾

 

↑ここまでが去年

 

 

そして今年。ってかこないだ。

 

 

スイス

 

フランス

 

 

楽しかったです!!!!ハート

そして久しぶりに心が動くことがありました。

 

 

昔好きだった方に会ったんだけど、

「やっぱり好きだな」「もっと一緒にいたいな」って思いました。

 

そして、こういう気持ちを思い出せた自分に嬉し涙。

 

 

 

 

前の彼と付き合ってるときも、

ずっとこの気持ちを思い出せなくて、辛かった。

 

 

結婚の話が出ても全然気持ちがついてこなくて、

 

他の男性と出会ってもまったく心が動かなかった。

 

 

 

そういう人に出会えてないだけといえばそれまでなんだけど、

旅行中にこんなに大泣きできるとは思わず笑

泣きながら笑えてきました。

 

もちろん彼の前で泣いたんじゃないですよ。

1人になってから。

 

 

 

スイス(ここで好きだった人に会う)→フランス完全1人

 

 

そしてフランスでは、1人は寂しいって感じた。

ニュージーランド以来、

約2年ぶりの完全1人旅で楽しみ方を忘れたみたいですUMAくんUMAくん

 

周りの人を大事にしようと思った。

 

 

1人暮らしから実家に戻り、なかなか1人の時間がなく、

「1人になりたい…」「ほっといてほしい…」と思うことが多かったけど、

人がいることはありがたいことだなって実感コアラ

 

 

パリで働きたいな~なんて気持ちも出てしまいましたが、

一時の感情で動くと失敗するので、とりあえず今は仕事の研修とか、いろんな勉強とか、

日本でしなきゃいけないことを年内頑張って、それからまた考えようハート

 

フランス語もちょいちょい勉強していきたいと思います。

 

 

 

 

戻ってきて5日、まだ仕事モードになってませんが、

がんばって調子戻したいと思いますラブラブ

 

新年になり、叔父の四十九日も終わり、

やっと落ち着いてきたところです。

 

 

それと同時に、医局秘書の仕事も少しずつ落ち着いてきました。

 

 

 

もうすぐ4か月になりますちょうちょ

 

 

 

最初の3か月は試用期間でしたが、

正社員と変わらぬ仕事をさせて頂けて、

大変なときもあれば、こんなもんか。と思うこともあり。

 

 

だけどドクターたちと同じ事務所にいることで、

いろいろ学ばせてもらえることが多いです。

 

 

医療の「い」の字も知らないわたしには、

今まで知らなかったことがたくさん。

 

 

 

 

と、同時に、看護師である母は、こういう世界にずっといるんだなという

不思議な感覚も出てきます。

 

 

 

よく先生たちに聞かれます。

 

 

 

「お母さん看護師なのに、看護師になろうと思ったことないの?」と。

 

 

 

全然、なかった。笑

 

 

 

ドクターたちは逆に、親もドクターという方が多い。

「医者は医者の育て方を知ってる」ってことかなー照れ

 

 

 

生活も仕事もガラっと変わったこの半年。

 

余裕がなかったけど、

これからのことをいろいろ考えた時間だった。

 

仕事のことも、これから少しずつ書いていきますね。

 

 

そろそろ今年の目標でも決めなくちゃ!!アセアセ

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いしますハート

 

 

こんばんは、こりんごです。

 

 

 

1番の心配事。

フランスの日本人留学生行方不明事件。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161226-00000048-nnn-int

 

ほんとにほんとに、心配です。

 

 

簡単に家に入れて、バカだなと思う人も多いと思いますけど、

経験談からいうと、

彼女は一応、犯人の男のことをある程度警戒していたと思います。

 

家に誘ってくる男性はいっぱいいました。

 

 

 

全員が全員、下心があるかどうかはわかりません。

 

でも、言葉が流ちょうにできないうちは、

誰が善人で、誰が悪人かは判断がちゃんとできないんです。

 

会話をすることで精いっぱいなんです。

 

だから全部断りました。

私の場合は、自分の家にも入れませんでした。

 

 

 

愛海さんもきっと、警戒していたと思います。

だからこそ、自分の部屋に入れたんだと思います。

 

 

 

「相手の家に行くよりもマシだと思った」んじゃないでしょうか。

 

 

留学生活、最初のうちは孤独です。

彼氏できたら絶対嬉しいんです。

 

 

 

あ、この人いい人だな。

 

 

 

だけど、もし悪い人だったら…

もし襲われたら…

 

 

自分の部屋なら、誰かが助けに来てくれる。

 

 

 

 

そう思っていたのかもしれない。

 

 

実際に何人かが叫び声を聞いてる。

だけど残念ながら、だれも助けに行かなかった。

 

そのことを疑問に思う人もいると思いますが、

推測するに、普段からうるさい寮だったんだと思います。

 

 

海外で生活し始めた当初、言われました。

 

 

 

「フランス人とシェアハウスするのはやめなさい。」

 

 

 

一番の理由は、生活スタイルが違うから。

 

夜はうるさい。

片づけはしない。

人のものを勝手に食べる。

とにかく汚す。

 

 

これだけでわたしは絶対に嫌だと思った。

 

寮だから、まだマシだったのかもしれませんが、

少なくとも悲鳴が聞こえても、『ん?何か聞こえた。』で済むくらいの環境。

 

 

いろんなことがリアルに想像できて、嫌だ。

 

 

どんなに不幸中の幸いでも、監禁されている。

命があってほしい。

 

 

こういう希望に満ち溢れた子を食い物にするのは許せない。

 

 

とにかく無事でいて。

 

 

連投すいません。

 

 

 

 

 

 

 

こいつ可愛い~~~~~~~~~カナヘイうさぎカナヘイうさぎカナヘイうさぎカナヘイうさぎカナヘイきらきらカナヘイきらきらカナヘイきらきら

 

 

カナヘイちゃんって名前じゃなかったっけ??

 

手帳もこいつのにしようか迷ったんですが、

結局違うのにしてしまったので、

せめてスタンプだけでもゲットしたくて使ってみるとびだすピスケ2

 

 

 

良い年してこういうのが好きなのよね。。カナヘイハート