陽はまた昇り繰り返す | あ、どうも!瀬田のお便りです。

あ、どうも!瀬田のお便りです。

DURCコーチの徒然なるつぶやきをお届けします。


テーマ:

お世話になっております。
金野です。

 

春は出会いと別れのシーズン、とよく言います。
出会う喜びの前に、少し心さみしい別れが先に訪れます。
それが、「卒業」。

4年間、ボート部の一員として駆け抜け続けてくれた選手たちが羽ばたいていきました。

 

思い返せばボート、ボート、ボート。
こんなにもボートのことばかり考え抜いた4年間は他になかったと思います。
その上、自分のことのみならずチームのこと、OB会のこと、お金のこと、そして未来のこと。
たくさんの思考を凝らしながら進んできたことと思います。
そこには多くの笑いがあり、多くのいら立ちがあり、多くの歯がゆさがあり、多くの奥深さがありました。

 

これからその経験をどう活かすのでしょうか?

 

同志社大学ボート部の理念は、以下のように定めています。

「ボート競技を通じ知・徳・体の涵養に努め、良心に満ち溢れ
自治自立の精神を備えた有為な人材を輩出することにより社会に貢献する。」

 

ボート部で培った4年間。
今、陸を離れて蹴りだしていってくれました。
新たな未来に向けて。

 

4月からの新生活。
スタートスパートはSR50overで頭一つ抜きんでてくれることでしょう。

 

長い長い、40年余りの社会人生活。
我々の艇の名はWild Rover。
荒波へ、漕ぎだそう。

 

 

4年間、ありがとう。

そして、行ってらっしゃい。

 

 

金野

DURCコーチさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス