オバマ新大統領にアメリカが期待する気持ちがだんだんとわかってきました。

絶妙のタイミングだったといえますね。

我々にとってのリーマン破綻の衝撃はアメリカではやはり昨年起こっているわけですね。

いや実際にローンが払えなくなってサブプライム問題が表面化したわけだから、もっと前から、世の中を変えたい欲求は強かったのかもしれません。

それをこれから検証してみます。

私はアメリカの第二の敗戦が起こったのかもと見ています。

「ベトナム戦争」と「イラク戦争」

いいっぱなしですみません。