Black Eyes Tattoo 代表取締役 -2ページ目

Black Eyes Tattoo 代表取締役

武蔵梵天 彫浅 / Asami
経営者 技術者 釣人 旅人

まだ梅雨終わらないですね、、、

 

もう梅雨もコロナも飽きました、ウンザリですよ本当に、、、

 

関東は梅雨が明けない可能性もあるそうで、

このまま秋雨前線がやってきて、ずっと雨なんて、

もう体中にカビが生えて死ぬかも、、、

 

山小屋の渓流も連日の雨で茶色い流れになっていまして、

肌寒いし、流れ早いし、茶色いし、ヤマメやイワナって気分にもならないです、

 

あ、春に植えた柑橘類、

予想通りアゲハチョウが卵を産み付けまして、

幼虫がミカンやカボスの葉を食べまくってる、、、

 

でも、何故かアゲハだと許せる、というか、どうせ今年は実も付かないし、

まぁ、いいかな、って。

しかし不思議ですよね、

これが蛾の幼虫だったりすると、すかさず川に投げ込んで魚の餌にするのに、

アゲハだと何故か許せる、、、

これって成虫時の姿のせいなのかな?

 

やっぱり虫とはいえ見た目って大事なんですねw

 

見た目で鳥の捕食から逃れたり、人からも駆除されなかったり、

外見で命が左右されるって過酷な世界ですよね。。。

 

そして人間も、

外見で怪しまれたり、避けられたりってありますよね、

イミグレーションなどでも外見だけで余計な時間かかったりしますし、

人間中身が大事だって言いますけど、

外見がちょっと嫌な人の中身を知ろうとも思わないですよね、

人は外見で、ある程度判断されてしまうのが現実。

 

ちょっと話は飛びますが、

20年ぐらい前かな、当時の周りと話していて、

10年後、20年後、世間のTattooを見る目はどんなふうに変化するかな?

と話したりしていたのですが、

当時、希望も含めて、きっとアメリカみたいにTattooに対する偏見も薄くなって、

街でTattoo露出していても変な目で見られなくなったり、温泉とか全然OKになるに違いない!、

なんて思っていたのですが、あれから20年、現実は厳しかったw

 

当時、入場できた各プール施設はTattoo禁止になり、

海の家もTattooはダメ、

そして当時からTattooダメだった施設は未だにダメなところが多い、

昔よりTattooに対する締め付けは厳しくなっていますね、

やっぱりTattoo嫌な人って、目にするだけでも嫌なんですよね、

Tattoo入れる人は多くなってきているけど、

その分、目にする機会も多くなり、摩擦が起きる。。。

 

我々、彫師、Tattoo愛好者は、

今の状況を少しでも良くするために、、、

10年後、20年後を今より生きやすくする為に、、、

外見やマナーなど、色々考えて生活しなくては、ですね。。。

 

やっぱり、人も虫も外見は大事、

そしてマナーもね。。。

 

まぁ、20年後なんて、すっかり爺さんになっているので、

もう、どうでもよくなっているかもですが、笑

 

 

Line ; @blackeyes  / BlackEyesTattoo 武蔵梵天

Facebook; https://www.facebook.com/asami.black

instagram ; asami_blackeyes(和彫り)

instagram ; asami_blackeyes02(Black&Gray)

twitter ; https://twitter.com/blackeyestattoo

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Black Eyes Tattoo & the Families
Web; http://www.black-eyes.jp/
Mail ; tattoo@black-eyes.jp
●Kanagawa 1st shop 044-932-7825 (川崎市多摩区)
●Tokyo Setagaya shop 03-3413-1955 (東京都世田谷区)
●Yokosuka shop 046-827-2296 (横須賀)
●Third Eyes tattoo 046-874-9908 (横須賀)