国鉄民営化とは何だったのか?鉄道省から国鉄へ 第2話 占領軍に接収されかかった国鉄 | 鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog

鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog

福祉と公共交通の視点から、鉄道のあり方を熱く語る?
blackcat こと加藤好啓です。
現在の公共交通の問題点などを過去の歴史などと比較しながら提言していきます。
随時更新予定です。

運輸通信省は、再び運輸省と逓信省に分離することに

前述のように、戦時中の強制合併で、逓信省と鉄道省が合併し、運輸通信省が誕生することになりました。
元々逓信省は、郵便・電信電話業務に加えて、航空・船舶の業務まで所管する官庁であり、鉄道省は同じく鉄道はもとより、陸上輸送全般を司るこちらも巨大組織でした。
さらに、双方とも現業を抱えていましたので、その定員は80万人とい巨大な組織でした。
国鉄が40万人も職員がいて大きすぎるとして分割されたように、さすがにこれは大きいと言うことで、昭和20年5月の終戦前には再び逓信省が分離することとなり、鉄道省は運輸省とその名称を変えることになりました。

鉄道省が最初に手がけたものは、復員輸送であり、特にアメリカ軍が進駐するため、第1次の撤退区域で或る、伊豆半島の南端から御殿場を連ねた関東圏に【東京・千葉付近】までを8月27日までに軍隊の撤退を行うこととされ、最初の軍事輸送が開始されたそうで、具体的には、伊豆半島全域、御殿場~秩父、熊谷、古川、から、潮来、銚子を結ぶ以南の地域ぁら8月29日までに軍を撤退させることが命令され、鉄道はその幅員輸送をしなければならなかったそうで、概ね通常ダイヤの中で。復員は進んだと記録されています。

 

進駐軍は、鉄道の接収も検討していた


その後終戦を迎え、日本はアメリカ軍を中心とする軍事占領を受けることとなりました。
結局占領政策は、アメリカが中心となった占領となったことで日本に分割は避けられたものの、鉄道に関しては当初は、アメリカは自前での輸送を計画していたそうです。

DD12形、アメリカ軍の形式では、 US ARMY8500 形機関車を持ち込んだという話は既に聞かれた方も多いかと思います。

この機関車は、野戦用と云うことを想定していたこともあり、頑丈で運転もしやすく、その後国鉄が5両、名古屋鉄道に2両、八幡製鉄に1両が払い下げられ、昭和49年頃まで使用されたようです。

 

なお、鉄道の接収に関する話は、山川三平著 桜木町日記に詳しいので少し引用してみたいと思います。

 

やがてこの青年将軍も、日本人との幾回かの交渉の結果。ぼつぼつ内輪話をするよするなり、或る時
「実は日本の鉄道について一応現地の知識を得次第、自分の部隊をマニラから連れてきて、日本鉄道を進駐軍で動かすつもりだった」
と語り、日本側を大いに驚かせたと言うことである。それが何故日本に任せたかと云うと、もう少し爆撃で破壊してあると思った日本の鉄道が案外に動いているし、この複雑な機構を来たての将兵で動かすのはとても無理だと云うことになって取り止めたというのである。今考えても誠に幸いな話ではないか。
 しかも彼は、日本人が日本の鉄道を動かしてくれるなら、非常にいいことである。自分は挙げて安心して任せるからやってくれという態度であったから、鉄道としてはこの優秀な青年将軍の進駐によってかなりその運営上幸いであった。
 それで、当時の運輸大臣(故小日山直登氏)は、とに角安全な輸送を補償することを誓い以後連合軍輸送に関しては、第三輸送司令部だけがごく少人数で運輸省に指令するということになり、マニラに待機していた鉄道部隊は殆ど全員本国に帰って行った。


ということで、国鉄独自の運営が任されることとなりました。
こうして、戦後は、運輸省としてその任に当たることとされました。

ここで出てくる青年将軍というのは輸送司令官ベッスン代将ですが、当時三八歳という非常に若い将軍であったそうです。

ここに、鉄道省は進駐軍の管理下に置かれるとはいえ。その実務は自ら行えるようになったことは大きかったと言えます。

客車の徴発始まる

その後は占領軍による車両の徴発が始まりました。
占領軍は、大井工場に保管していた、御料車10号、11号を接収、その他1等車、2等寝台車もことごとく接収されてしまったことは、既に鉄道雑誌などで多く紹介されていますのでご存じの方も多いかと思います。

10号御料車

10号御料車

11号御料車

11号御料車

形式図はいずれもwikipedia参照
 

余談ですが、進駐軍の軍用客車は白帯が巻かれていましたが、これは当時の一等車が白帯、二等車は青帯、三等車が赤帯でしたが、(昭和15年2月11日から赤帯は廃止され、Ⅲの表記だけに)1等車の白帯が気に入って、軍用客車全部に採用したためであり、その後1等寝台車復活に際してはクリーム色が採用されました。
このときの帯色はクリーム色一号だと思うのですが、ご存じの方おられましたらご教示願います。

wikiのRGB表示を参考に、色見本を作ってみました。

 

続く
*****************************************

取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に
blackcat.kat@gmail.comにメール
またはメッセージ、コメントにて
お待ちしております。

国鉄があった時代 JNR-era

*****************************************

この記事が気に入りましたらぜひ、クリックをお願いします。m(__)m


にほんブログ村