大いなる妄想シリーズ、大阪外環状線のダイヤを勝手に妄想してみた | 鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog

鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog

福祉と公共交通の視点から、鉄道のあり方を熱く語る?
blackcat こと加藤好啓です。
現在の公共交通の問題点などを過去の歴史などと比較しながら提言していきます。
随時更新予定です。


テーマ:

おおさか東線が。来年春に開通する予定ですが、そうなるとどのような運転系統になるのでしょうか。
現在は、放出から久宝寺間のみの運転ですが、当然のことながら、運転区間は、新大阪~久宝寺間となるかと思いますが、これでは、新大阪以外では大きな駅を通りませんので、以下のような運転系統になれば良いなぁと勝手に妄想してみました。

下図は、現在の時刻ですが、ポイントは下記の通り
現在は、快速電車は、JR難波から奈良への運転となっており、大和路快速は大阪を経由して、天王寺に入るダイヤになっています。
妄想ダイヤでは、
JR難波発の快速電車は、久宝寺で大阪東線に乗り入れて新大阪まで、新大阪到着後、大和路快速として奈良まで直通運転、西九条で環状線普通と接続する。
折り返し列車は、その逆で奈良→新大阪と進み、新大阪→大阪東線経由でJR難波へ入るというダイヤ。
天王寺~西九条までは快速電車の本数は現行と変わりませんが、西九条から福島間の本数が減少【実際には福島を通る電車が減る】し、踏切の閉まる回数が増えるデメリットはあります。
しかし、奈良方面から新大阪まで乗換え無しで行けるメリットはありますし、大阪市内から東大阪方面に向かう場合も、地下鉄+近鉄という選択肢のみではなく、JRだけで移動できると言う選択肢が増えます。

東大阪地区の近鉄の牙城を崩せるかが鍵になりそうです。

 

何て、妄想を考えていました。
ただ、このダイヤですと、久宝寺以東の快速電車がなくなってしまいますので、大阪東線の電車が接続する形で奈良まで運転となるのが理想かもしれないですね。
久宝寺で乗り換えのデメリットは生じますが、大阪東線の快速運転は難しそうですが、西九条駅は配線の大幅な変更を行わなくとも、現在でもくろしお等が、西九条駅で環状線電車と接続するのではないでしょうか。

実際には、来年の開業前にはダイヤが正式に発表されるでしょうが、それまで、しばし妄想で楽しみたいと思います。

 

まぁ、列車ダイヤの妄想はあくまでも、言葉遊び程度に思ってくださいね。

ということで、厳しい突っ込みは・・・お待ちしています。苦笑

 

取材・記事の執筆等、お問い合わせはお気軽に
blackcat.kat@gmail.comにメール
またはメッセージ、コメントにて
お待ちしております。

 

Tetsudo.Com

鉄道コム

blackcatさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス