鉄道ジャーナリスト加藤好啓(blackcat)blog

福祉と公共交通の視点から、鉄道のあり方を熱く語る?
blackcat こと加藤好啓です。
現在の公共交通の問題点などを過去の歴史などと比較しながら提言していこうと思います。

随時更新予定です。


テーマ:
 三江線と言う路線ですが、地勢的に考えても県境を越えての交流が活発な地域とそうでない地域に分別できます。

例えば、和歌山市の場合を例にとりますと以前は泉南・阪南市地域は和歌山の経済圏で、買い物等は和歌山まで来るのが一般的でした。

昨今は、関空アウトレットや、泉南りんくうイオンと言った大型商業施設が出来たこともあり、力関係が逆転、和歌山から泉南地域に買い物に行くのがトレンドとなっており、小さなストロー現象が起こっています。

さらに、延伸中の第2阪和道が和歌山まで延伸されますと、和歌山市からさらに大阪方面に出かける人が増えることでしょう。

さて、そこで三江線を改めてみてみますと、三江線単独で陰陽連絡のための機能は果たし得ないことは以前にお話しました。

実際、江津から広島に向けて高速バスが走っており約3時間で広島まで結んでいるわけで、三江線で三次に着く頃には広島に到着するとあれば、当然のことながらバスを選択すると思われます。

結局、三江線は沿線の足としてどこまで寄り添えるかと言うことになります。
そして、三江線を沿線の足として生かしていくとなればできるだけ小回りの利く体勢をとる必要があるでしょう。
すなわち、三江線をいくつかのブロックに分割して運行します。
もちろん、検修施設等が浜田なり三次に集約されるため、中間地域の場合はいずれか1往復が最終便と始発で所属の車庫に帰る運用を入れる必要があります。

さらに、運転区間が地域のみになりますから最低でも2時間に1本程度の運用は必要かと思われます。
社会実験でほぼその運行はされましたが、実際にはほとんど効果なしでした・・・。
そういった意味では、地元にすらなくても特に困らないと言われている存在となっています。
また、過去の社会実験による増発を行っても利用者が増えないということは、地元では積極的に鉄道を利用しようという傾向が無いのではないかと言う気持ちが生じてしまいます。

少なくとも現在使用中のキハ120、定員の7割が埋まる程度の利用者がいないと鉄道の方が、経費がかかるわけで必ずしも鉄道が省エネと言うことにはなりません。

また、三江線沿線には観光施設と呼べるものが殆どありません。
地元で神楽を観光の目玉にと言っていますが、それを見たいがためにわざわざやってくる人がどれほど居るでしょうか?
まして、別に三江線を利用する必要もないわけです。

とこうして、書いてしまうと見も蓋もないので、改めて三江線に鉄道を残すためにはどうするか?
と言う視点から考えて見たいと思います。

このまま廃止ではなく活性化できる方策を考える。

と言うことで、こうした病院が出来ることで鉄道の活性化が見込まれるという観点から考えてみます。

例えば、がんや成人病専門の病院を三江線の駅付近に設けます。(もちろん。地方の専門病院として、国立もしくは県立病院でないと難しいでしょう。)
そこで、鉄道優先的に利用してもらう方策として、病院の入り口を駅改札と直結しておき、鉄道利用者の場合は優先的に受診できると言った、ある意味極端な偏重策を取ります。
これくらい、えこひいき的な措置を取らないと鉄道を利用して貰えないのではないでしょうか。

先ほど申し上げた、「鉄道利用者の場合は優先的に受診できる」と言うのは、診察券をICカード化してそこにICOCA等の電子マネー機能を持たせます。

(もちろん。地方の専門病院として、国立もしくは県立病院でないと難しいでしょう。)
そこで、鉄道優先的に利用してもらう方策として、病院の入り口を駅改札と直結しておくとか、鉄道利用者の場合は優先的に受診できると言った、ある意味極端な偏重策でも取る必要があるかと思います。
これくらい、えこひいき的な措置を取らないと鉄道を利用して貰えないのではないでしょうか。

先ほど申し上げた、「鉄道利用者の場合は優先的に受診できる」と言うのは、診察券をICカード化してそこにICOCA等の電子マネー機能を持たせます。

図が判り難くて恐縮ですが、ICOCAに病院の診察券機能を持たせて、乗車時に車内でICOCAリーダーに読ませることで受信したデータは支社のコンピュータに送られるとともに、病院へ個人情報が暗号化された状態で氏名等の個人情報(もしくはID番号)が病院に送信されます。
病院では乗車駅が把握できますので、そこから逆算して優先的に受付順番の中に割り振らせることが可能となります。
なお、鉄道無線周波数の帯域の中でこうした通信は使えると思いますので、鉄道無線の同じ帯域で使えば新たな割り当て等も必要なくなると思われます。

なお、駅で下車する際にも、同じく情報が吐き出されるのでこれで運賃分も確定するとともに患者が病院に到着したことが確認できることになります。

無茶苦茶なアイデアであることは承知していますが、ICカード(スマートカード)の有効な活用方法としてこうした方法も使えるのではないでしょうか。

もちろん、個人情報の漏えいを防ぐため暗号化することはもとよりトークンを使ったワンタイムパスワードを添えて送信するなどの機能を持たせるとともに、送信するのは個人情報を示すためのIDだけであり、個人情報との照合は病院内のサーバーで行うこととすれば個人除法の漏えいリスクは限りなく低く抑えられると思います。

トークンの例 ジャパンネット銀行のトークン、時間ごとに変更されるパスワードをサーバー側とトークンで同期させることでパスワードの漏えいを防ぎます。

クリックをお願いします。m(__)m


にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

blackcatさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。