Blackbyrd McKnight プログレッシブ・ファンク・ロック・ブログ

伝説のギタリスト、ブラックバード・マックナイト。その一環した職人気質な音作りとは裏腹にお茶目なブラックバードの一面を、日本生まれの日本育ち、ミセス・マックナイトがご紹介します。


テーマ:

9月末から10月にかけてPファンクは大忙し。明日米国を立ち、オーストラリアからバリ島にかけて回り、その後、米国ツアー続行です。

 

オーストラリアでは、うまいブッキングができたものだなと感心するのですが、Thirteenのライブがあり、そちらもお手伝いすることになっています。

 

 

参加メンバーはライジ、ダニー、ベンゾーとブラックバード。PファンクのFabulous Four、ファンク・グルーブの屋台骨を支える最強リズム集団です。

 

 

このFabulous Four、略してファブ4と言うことも。Fabulousは素晴らしいという意味。4とはF繋がりでしょう、華麗なる四人という意味合いで、四人組を称する際に、よく使われる言葉です。

 

 

 

オーストラリアのファンカティア達には、楽しみな一週間が始まります。

 

さて、タイトルにもあるように、先日、ジョージ・クリントンから謎のメールが届いた我が家。

 

 

タイトルは”ブラックバードのメールアドレス”で、ブラックバードと、もう一名、見知らぬ人に宛てたものでした。本文はなく、ブラックバードのメールへのリンクがあるだけ。

 

アメリカではつい最近、史上最大と言われるハッキング事件があったんですよ。Equifaxという消費者信用調査会社で、アメリカのほぼすべての成人のソーシャルセキュリティーナンバー(マイナンバーのようなものです)、クレジットカード、銀行口座や免許証のナンバー、借入金の情報など、他人は知り得ない情報が漏洩しちゃったんですよ。

 

ちょっと話それちゃうのですが、この会社、消費者の個人情報を収集して、それを売って商売しているの。アメリカではクレジットスコアが人生を左右する大きな要素なのですが、支払いを滞りなくしているかとか、クレジットカードを申し込んだとか、この会社が全部把握してるんですよ。で、それを元にクレジットスコアがつく仕組み。でも、考えてみると、不思議です。個人情報を、するりするりと、この会社には流していい。カード申し込む時に、同意してるだろってことだと思うけど、この消費者管理の仕組み、結構深いです。

 

そうそう、それで本題に戻すと、そういう事件があったすぐ後なので、リンクだけが入ったメールが、超怪しく見えたんですよ。

 

”僕、こんなもの、クリックしないよ!”

 

ええ、サイバーセキュリティーの基本です。

 

”それに、なんだ、こいつ。知らないやつだ!”

 

同感です。どうも、この御仁にブラックバードのメールアドレスを教えている様子なのですが、確信はありません。

 

”ますます怪しいぞ。”

 

そうそう、このくらいでいいんですよ、この危険なネット社会。念のため、ジョージの奥様にテキストメッセージを送るブラックバード。

 

すぐに返事が来ました。どうやら、ジョージがレコーディングを手伝って欲しいと言ってるようです。前振りも何も無しにというところが、いかにも、ジョージとブラックバードって感じがします。

 

”誰も・・・やるって・・・言ってないよね?”

 

いつも通り、のんびりと構えて、何にもしないブラックバード。トラックにはすでにギターが入っている、何もすることないと言っています。それ、仮に入ってるだけじゃないのと思いますが、相手はプロです、余計なことを言ってはいけません。

 

その後、誰も引き受けたと言っていないのに、追加のトラックが送られてきました。どうも、この御仁、ジョージの新しいエンジニアのようです。よくよく考えてみると、少し前、ジョージからフロリダでのレコーディングに参加して欲しいとの要請はありました。でも、マイルス・エレクトリック・バンドのライブと重なり、棚上げになってたんだった。

 

Photo by INGRID C. HERTFELDER

 

マイルス・エレクトリック・バンドは、この秋にも幾つかパフォーマンスがあるのですが、Pファンクと重なっているため、ブラックバードは欠席です。

 

ジョージのレコーディング活動、さらに加速中。パーラメントの新作には十分過ぎるほどのトラックが揃っているはずなのに、まだまだ要るということは?ファンカティアにとっては楽しみなことですね。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

面々がハーマン・インターナショナル社のギアを愛用していることは、みなさん、すでに良くご存知。こちら、今年初め、当社を訪問した時のブログです。

 

https://ameblo.jp/blackbyrdmcknight/entry-12247914670.html

 

JBL、AKG、DigiTech等、ブラックバードもヘビーユーザー。

 

George Clinton & Parliament/Funkadelicが、当社のProfessional Solutions Ambassadors Programに参加した旨、発表がありました。以下、リンクです。

 

Photo by Harman International

 

http://harmanprogroup.blogspot.com/2017/09/george-clintonparliament-funkadelic-and.html

 

どういうプログラムなのでしょう、この発表によると、以下のように説明されています。

 

Not only will HARMAN Pro Ambassadors receive the latest HARMAN Professional audio gear from legendary brands like JBL and AKG, HARMAN will share exclusive content from the artists to showcase their talent and help them connect with a massive worldwide network of HARMAN customers and music fans.
 
The HARMAN Professional Sulitions Ambassadors program will in the coming months unveil more artist and audio professional partnership; from composers and engineers to break-out and veteran musicians.
 

(ハーマン・プロ・アンバサダー(大使)達はJBL、AKG等、伝説的ブランドの最新ギアを受け取るだけではなく、アーティスト達の才能を世に広めるため、ハーマンは彼らから独占的に入手するコンテンツを共有し、ハーマン・カスタマー/ミュージックファンの巨大ワールド・ネットワークに繋がる手助けをする。

 

ハーマン・プロフェッショナル・アンバサダー・プログラムは、これからさらに、作曲家やエンジニア、大爆発のニューアーティストから、ベテランミュージシャンまで、多くのアーティストやオーディオ専門会社とのパートナーシップを発表する。)


ハーマンはそのプロダクトの品質の高さはもちろんの事、ファミリーという言葉がぴったりの雰囲気があり、アーティストをとても大切にしてくれます。ジョージが契約に踏み切るのも、当然のことと頷けます。

以下、サイトより、ジョージのコメントです。

 

“For me? It’s all about the music. When I’m on stage I need to connect with the people and they need to connect me. Without the right audio system I cannot make that connection and that’s why HARMAN’s gear is so important to me,” said Clinton. “I’ve been using AKG, Crown and JBL for decades, not only in my recording, but in my performances. I’m always asked, ‘why these brands for all these years?’ I didn’t know there was anything else. Being an Ambassador is a deeper way for me to be a part of the HARMAN family that I love.”

 

 

(”俺にとっちゃな、まずは音楽ありきだ。ステージにいる時、俺はオーディエンス達と繋がる必要があるし、彼らも俺と繋がらなきゃいけないんだ。いいオーディオシステムが無きゃ、その繋がりは生まれない。だからハーマンの機材は俺にとって、本当に大切なんだ。” クリントンがそう言った。”俺は何十年もAKG、Crown、そしてJBLを使い続けて来た。レコーディングだけじゃないぜ、パフォーマンスの時もだ。いつも聞かれるのさ、’なんで、こんなに長い間使ってるの?’ってな。他には(使いたいものが)無いのさ。アンバサダーになるってのはな、ずーっと愛し続けて来たハーマンの一員になる、最高の方法なんだ。”


 <日本語訳:Mrs. McKnight>

そう言えば、ジョージのスタジオにJBLのスピーカーがでーんと置いてありました。

エンドースメントと一口に言っても、会社によって、その内容はそれぞれです。無料で機材を提供し、インターネットなどでアーティストの名前や写真を使うというシンプルなものから、色んなイベントに呼んでくれたり、メンテナンスや継続的なサポートをしてくれる企業まで。ブラックバードはFramus/Warwick、Mesa/Boogie、ReunionBlues等、ツアー中のトラブルにまで対応してくれる会社と長くエンドース契約があり、ミュージカルファミリーの暖かさが身にしみてわかります。

こちらはFramusのワールドワイド広告キャンペーンに、ブラックバードが起用された時の写真。この前にはソロのもの一度、他アーティストと一緒のものが一度あったので、三度目のキャンペーン登場です。

 




この広告に使われている写真は、フォトグラファーHAYATO君による我が家のフォトウェディング、大阪市中央公会堂の中です。Framusに送ったら、とても喜んでくれて、三度目のキャンペーンに繋がったんです。

こちらはReunionBluesのギターケースと一緒の写真。新しいケースをいただいたので、撮影ロケを兼ねて、一泊旅行に出かけました。

 

 

アートディレクター達がとっても気に入ってくれて、ウェブで使われています。

 

ファミリー達がとっても良くしてくれるので、なんか、自分達も貢献したい、できることないかなって、いつも思うんですよ。パートナーシップって、そういうものですよね。お互いが成長するから、大切に思い合うから、だから美しいし、暖かいんです。

 

ハーマン・インターナショナル社、我が家の新しいファミリー。すでに、もう、強力に、Pファンクの超ド級サウンドを支えてくれている。ファンクが、もっともっと世界に広がって行くね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

我が家のローカーボダイエット、約1年が経ったところで、血液検査をしてもらいました。

 

Mrs.はずっと、この歳になるまで、ほぼすべての項目がノーマルという、驚異の体質を持っています。善玉コレステロールが多いので、総コレステロール値はノーマルを少し上回るのですが、悪玉値はノーマル。いつもドクター達から、こんな血液を持った人、今時いないと言われます。

 

一方、ブラックバード、ツアーの合間でこの成績は優秀。1−2項目で僅かにノーマルを外れる程度で、多分、現代人としてはグレードAの結果でしょう。

 

元々、肉類を食べなかったり、自分でフレッシュジュースを作って飲んだり、食には気を使っているブラックバードですが、ツアーに出ると、健康的な食事を続けるのは難しいです。しかもショーの後、お腹が空くので、食事の内容だけでなく、食べる時間もハードルになります。

 

こちら、ある日立ち寄ったトラックストップで、面々がオーダーしたオムレツ。

 

 

もちろん、我が家のものではありません。

 

アメリカのオムレツ、卵は通常3個、たっぷり添えられたポテトはMrs.の拳骨くらいの大きさ2−3個は使っているでしょう。そしてソーセージです。当然ながら、これはおかずなので、トーストや、パンケーキが付いて来ます。これを食べても、みんな、またお昼も食べるわけですから、アメリカで肥満が社会問題になるはずです。

 

同じように食べていても太らない御仁もいますが・・・。

 

 

今はもうリタイヤされた我が家の主治医ドクターS、日本人で、文化勲章受章者なのですが、もう、本当に医者の鑑のような方だったんですよ。患者の健康が自分の幸せ。いつもブラックバードに、

 

”君は痩せればすべての値がノーマルになる。痩せなさい、40ポンドだ。”

 

と、おっしゃっていました。

 

”何言ってんだ!そんな体重、中学生じゃないんだぜ!有り得ないよ!”

 

と、ブラックバード。

 

中学生までは遡れませんが、こちらブライズ時代。見よ、このウェスト周り!

 

 

僅かずつ増え続ける体重は、先生のおっしゃるように、グルコース、中性脂肪、コレステロールや高血圧とお友達、手を取り合ってやって来ます。

 

そこに、彗星のごとく現れたローカーボダイエット。プチ断食と組み合わせ、みるみるうちに10ポンド減量。それで気を良くしたブラックバード、真面目に取り組むようになり、結果30ポンド近くまで落ちたところで、現在、止まっている状態です。約13キロですから、見事な結果です。中性脂肪は半分にまで落ちました。S先生に報告したいよ。物静かな先生がにっこり笑う様子が目に浮かぶ。

 

ブラックバードのロードダイエット、一日二食のうちの一食は、どこのホテルのレストランでも食べられる、サーモンやチキンの乗ったアントレサラダです。出不精の彼には、ホテルレストランは欠かせません。もう一食は揚げ物や、チャイニーズなどのこってりした物を食べることもあります。あまりチョイスはありませんから。

 

 






アメリカのレストランでは、ご飯やポテトを抜いてとお願いすると、ほとんどの場合、サラダやフルーツ、スープなどと差し替えてくれるので、ワンミールでお腹いっぱいになります。

血液検査の結果がとても良くなっていたので、ブラックバード、日々の努力が報われ満足気です。大好きなピザを横目に通り過ぎた甲斐があったというものです。でも、これで油断して、ちょっとくらい食べてもいいやとならないといいのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。