険しい山 | ショートショートはいかがですか?
2005-05-21

険しい山

テーマ:ショート・ショート
男なら、常に上を目指さなければならない。





例え目の前に、どんなに高い壁があろうとも。





例え目の前に、どんなに高い山があろうとも。





例えそれが、どんなに険しい山であっても。













誰よりも高く・・・。



















そして早く・・・。
























































その山は、その国で最も高い山であった。

5人の勇敢な若者はそれぞれ熱い思いを胸に秘めていた。









































誰よりも早く、あの高い山を制してやる。






























5人は我が先にと競い合い、それぞれ別々のルートで頂上を目指した。

その山が険しすぎて、一度登ったら降りて来れなくなると知っていて

も、男達には関係がなかった。

彼らは後ろを振り返らない。





































見るのは前だけだった。





















































1人目の男は5合目で高山病に罹った。



















2人目の男は6合目で転び、足の骨を折った。




















3人目の男は7合目で熱射病に罹った。




















4人目の男は8号目で脱水症状に陥った。








































そして・・・











































































5人目の男は9合目で寒さに凍えてしまった。







































結局誰も頂上に登ることはできなかった。


















誰もその山を制することはできなかった。



































しかし、5人の心にはある熱い思いが残っていた。






























































「次の男が頂上に登れればいい・・・」



5人はここにきて成長を見せた。





















しかし、もう降りることもできなかった。



この山で生き延びなければならない。


























































































こうして、日本一の山、「富士山」に山小屋という商売ができた。



面白かったら投票してね

blackboxcojiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス