素晴らしい自然と人に感謝。 | 対馬世人オフィシャルブログ 「怪獣狩り日記 ~SEIJIN’s LIFE~」

対馬世人オフィシャルブログ 「怪獣狩り日記 ~SEIJIN’s LIFE~」

その時、その季節に獲れる最大魚=“怪獣”を求めて磯・サーフ・河川を駆け巡る「怪獣狩り日記」


テーマ:
二週間に渡る長期遠征が終了しました!


当初、二週間で3つの島を開拓する予定でしたが、天候にも恵まれ、最終的に5つの島を回りました。

{E6E04811-148E-4FDB-91EE-51E0AEEAEE0B:01}


これから船に乗り、安定と安心の博多ナイトを満喫してから飛行機(最終便)で帰りますニコニコ


今回のノープラン「ヒラスズキ巡業」

本当に楽しかったし、勉強になりました。


歩きまくっての開拓。
そこで待ち受ける洗礼や至福の一匹。


普段味わえないような喜びや楽しみに満ちた旅でした!


技術的な部分でも、房総との違いに唖然とした前半を乗り越え、数多くの魚と戦う中で格段に経験値があがり、技術を身につける事が出来たと実感。


タックルについても、九州の魚や激流、ランディングが極めて難しい環境の中で、極限までバラシを軽減させつつ獲りきる為には何が最適か。


ラインの限界点を明確に理解した上で、ギリギリのドラグ設定をする大切さ。


挙げ出したらキリがありませんが、本当に多くの事を学びました音譜


一つだけ明確に言えることは、房総で自分が信頼して使ってきたルアーやアプローチは間違いなかったということ。


※タックルについては実戦の中で大きく考えが変わりました。


今回の経験を踏まえ、また挑戦します!



そして!
全日程を一緒に行動した鉄人伍長もいい魚を獲れましたアップ

いまは旅の疲れでこんな感じ...

{51A151BE-F4AD-4742-A41A-19DFA23BEE56:01}


筋肉痛、打撲、あせも、かぶれ、切り傷、足の裏の水ぶくれと満身創痍の中、精力的に動き回り、鉄人ぶりを発揮ひらめき電球


毎晩のミーティングを経て、終盤はヒラスズキの着き場やルアーの流し方を覚えてきたようで、見違えるように魚を拾えるように音譜


鉄人伍長は、旅の中で恐ろしい程の特殊能力を見せつけてきたので、後日改めて書きたいと思います!

マジでこの方、怖すぎる...



体力的には早々に従来の限界を突破していた今回の遠征。

毎日が新たな自分の限界点との闘い


その中で最後の最後。
潮位的に残り20分がリミット。

という中でドラマは起こりましたアップ


この模様については後日ゆっくりとニコニコ



今回の道中でお会いした皆様。

各地のローカルアングラーの方から、宿舎、料亭、フェリーやコンビニの店員さんまで。

東京では中々感じることが出来ない、本当の人の温かさを感じながら旅が出来ました。

この場をお借りしてありがとうございました。


そしてドラマを起こしてくれた五島列島、壱岐、対馬


本当にありがとう!!

{795DBEE5-203B-400B-A540-722E03A814E2:01}


対馬世人(せー)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス