睡眠障害による不登校 | 不登校を解決するブログ

不登校を解決するブログ

不登校専門のカウンセラーが不登校、スクールカースト、性格心理学について解説しています。


テーマ:

 

 

不登校の原因の一つとして睡眠障害があります。睡眠障害にも様々な種類があり、不眠症・過眠症・概日リズム障害・うつ病との併発などに分かれます。

 

今回は不眠症に関しての解説をしていきたいと思います。

 

不眠症(不眠の4タイプ)

寝つきが悪い(入眠障害),眠ってから頻回に目覚めてよく眠れない(中途覚醒),早く目覚めすぎて困っている(早朝覚醒),休息感が欠如している(熟眠障害),の4タイプがみられます。

 

 

 

入眠困難

布団に入ってもなかなか寝つけないタイプ。ベッドに入るのが早すぎるわけではないのに30分以上入眠できないなら疑いがある

 

中途覚醒

夜中に何度も目が覚めてしまい,再び寝付くのが難しいタイプ。1時間ごとぐらいに目が覚めてしまう。

 

早朝覚醒

朝早く目覚めてしまい,その後も眠れないタイプ。午前3時ぐらいに目が覚めてしまう。うつ病と併発していると眠ろうとしても抱えている問題を考えてしまい眠れなくなる

 

熟眠障害

眠りが浅く,睡眠時間のわりに熟睡感が得られないタイプ。

 

 

不眠の原因

不眠の原因としてはやはりストレスが挙げられます。大きなストレスを受けて一過性の不眠が起き、その後の対処が適切でないと慢性化して学校に行くのに影響が出て、次第に不登校になってしまうというケースです。

 

 

一度不眠になると寝付けるかどうかが不安になり、余計寝付けなくなる(不眠恐怖)ので慢性化してしまうのです。

 

昼間に疲れやすくなったり、体が痛くなったりするのが不眠の兆候です。

 

 

また、不眠に関する他の原因も挙げておきます。

・カフェインの摂取(コーヒー、スタミナドリンク、ビタミン飲料)

・就寝前の熱い風呂

 

 

カフェインに敏感な人は朝に一杯飲むコーヒーが夜の不眠を引き起こすことさえあるのでカフェインは完全に控えて別の飲み物を飲んだ方がいいでしょう。

 

 

 

いかがでしたか?

 

子供さんが睡眠に関して問題がありそうなら、早めに病院で受診されてください。

 

 

--------------------

 

・4つの質問で簡単!「子供の性格タイプ」診断テスト↓

https://service.qubo.jp/B20180092137/form/index/0e984c475

 

子供さんの性格タイプを診断してみましょう。

親目線からでも簡単に答えられます。

 

不登校には親子の性格の食い違いが関連することも多いのです。

 

まだ受けていない方はぜひ!

 

 

 

・カウンセリングのお申し込みはこちらからお願いします。↓

ホームページ「不登校カウンセリング ~テレビ電話で遠隔相談~」http://mind-read.info/contact/

 

 

・アメブロ↓

「不登校を解決するブログ」https://ameblo.jp/black-jiang/

 

このメルマガの解除もブログやホームページのメルマガのバナーからできます。

 

 

・解決の第一歩!「なぜ不登校になるのか」を解説しているメルマガです。↓

無料メルマガ「不登校の原因7タイプを徹底分析!」https://www.mag2.com/m/0001684310.html

 

ご希望の方はリンク先からメールアドレスを入力してください。

(毎週火曜日と木曜日の10:00~14:00の間に配信予定です。料金は無料。)


 

山影光(やまかげひかる)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス