さて、またまたキャンプ話の続きになります。



風呂上がり、

必然的に飲み会は明るい内から始まりました。

こんな時間から飲むなんて、

世間ではまだまだ仕事中の方々も多いことでしょう。

そんなことを思いながら飲むのは、最高に美味しい!!

だってうちら、毎週火曜日が定休日なんだもん(笑)



そんなわけで、

まずはワタクシが釧路から持参したもの。

入江町のテキサスで買ったつくね。

これ、ジューシーでかなり絶品です!






この上にスライスチーズを載せて焼く…という手もありましたね。

やれば良かった。






うちのお店のお取引先、ジャストミートさんのオリジナル商品。

これ、かなり美味しいです。

骨付きのスペアリブなんですが、韓国の焼肉みたいに1枚がとてもデカい。

1パックにデカい肉が2枚しか入っていませんが、食べ応えは申し分ありません!






肉の厚さも申し分なく、とにかく食べ応え満点の品です。






市販品のリッツにブルーチーズを載せて、その上からハチミツを掛けて戴きます。

特にウイスキーにはピッタリなアテかと。










こちらはマッキーがスキレットで作った、ジャガイモとサラミのグリル。

どんなアルコールにでも合う美味しさで、やはり酒飲みの作るアテは申し分ないですね。










オーちゃんは、チクワの中にヤングコーンやうずらの卵を入れて、バター醤油でソテー。

もう、言わなくても分かる美味しいやつ(笑)






極めつけは、わざわざ帯広の魚屋まで買いに行ってきてくれたという刺身の盛り合わせ。

然別野営場というとんでもない山奥で、ワタクシ達は刺身の盛り合わせでお酒を飲んでいます(笑)

それも超美味しい刺身!!






北海道に引っ越してきてから、初めて「美味しいマグロ」を食べました。

ぶっちゃけ、涙が滲むほど久々に食べた「美味しいマグロ」。

勿論、その他の生ホッキやホタテ、生ウニ、ヒラメも美味しかったのは言うまでもなく。

ホント、美味しいマグロに飢えていたワタクシとしては、感謝感激のお刺身でした。



こちらは桑ちゃんが自宅で仕込んできてくれたスモークチーズ。

ベースがプロセスチーズなだけに、チーズの酸味とスモークのコラボがとてもマイルドなんですね♪






桑ちゃん手作りのマリネ。

今回、彼はタッパーに2つ作ってきてくれたのですが、1つはワタクシがお土産に頂いて帰ってきました(笑)

それくらい美味しいマリネ。






とまあ、夜は更けていきます。






さすがに夜の然別は寒く、ストーブが大活躍!!

コレ、有ると無いとでは大違いでした。

もう9月の段階でキャンプにはストーブが必要な北海道。

舐めてかかってはいけないのです。






ワタクシが持参した最強メソッド!

宮城県の銘酒「伯楽星」の純米大吟醸…桐箱入り。

純米の重厚感はあまり感じられませんが、大吟醸ならではの独特な贅沢感はありますね。

一般的な吟醸酒とは一段も二段も格が違うほどの、ふくよかで磨かれた感じがします。










午後8時、

ワタクシはダウン。

さすがに宴の途中から半分寝てました(笑)

他のメンバーは夜遅くまで飲んでいたらしく、スパゲティまで茹でて食べたそうです。






ともあれ、

プライベートを共に出来る仲間は内地でも北海道でも数少ないワタクシですが、

そこに「会っている回数」や「時間の長さ」は余り関係無いんですよね。

そんなことよりも、一緒にいて心落ち着ける相手が一番。

ワタクシとってはワガママを言える数少ない心の友たちです。






つづく

(次回ラスト)