賑わいUPの烏丸通りに素晴らしき店舗が!

 

 

 

京都もかなりの速度で「クラフトビ-ル文化」がたけなわになって来ています。

 

そんな中、市内中心部・烏丸通りの、丸太町と御池との中間(夷川{えびすがわ}通り=丸太町通りの二本南の東西の通り)に、素晴らしいお店が出来ました。最寄り駅は地下鉄烏丸線の丸太町駅から数分、又は地下鉄烏丸線・地下鉄東西線の御池駅から歩いても大きな差はありません。

 

高野麦酒店「TAKANOYA」と言うお店です。実はこの近く(歩いて数分)の所にある、ビアパブ「Takumiya(たくみや)」さんの、いわゆる2号店と言う事になるでしょうか。3月17日にグランドオ-プンと言う事で、ギリギリ一週間前後で伺う事が出来ました。

 

京都の通り名が判る方なら、このお店は通り名を言うだけで直ぐに場所が判りますが、烏丸通り(国道367号)沿いにありますから、近くまで行けば直ぐに判ると思います。

 

 

少し斜めからの撮影になりましたが、お店のたたずまいは上写真の様になっています。和のテイストを感じます。町家のたたずまいがそのまま利用され、雰囲気の良いお店になっています。ブル-を基調とした四角い看板が上部に挙がってますので判りやすいと思います。

 

店内に入ると、照明が比較的明るく、しかも梁がそのまま見える高い天井になっている分、かなりの開放感とゆとりを感じます。その天井から吊り下げられた照明はまばゆさは抑えられ、丁度良い影を作り出す趣深い空間となっています。

 

ではカウンタ-席に着席して、挨拶も早々に開始です。

 

 

私が行ったのは平日、週初めでしたが、それでもカウンタ-席はほぼ満席。店の奥に一つの空間があって、そこにはボックス席として4~5名は座れそうでしたが、そこも満席でした。

 

カウンタ-席は厨房が見渡せる空間となっており、目の前には5タップずつ、2つのグル-プに別れた注ぎ口になっています。(下写真)

 

このカウンタ-前の照明も温かみを感じる乱反射しない照明が使われており、スポット的な照明と言うよりは、辺り全体を柔らかく包む照明の感じがイイですねぇ。

 

 

ビ-ルのラインナップは、日本のクラフトビ-ルと海外が6:4位でしょうか。勿論その日によって繋がる種類は異なりますが、スタイルは上手く組み合わされています。

 

この日は、1号店でもある「Takumiya」さんのオ-ナ-、白石さんがカウンタ-に立たれており、店長であるシェフの高野さんは忙しそうにカウンタ-内を右往左往されていました。

 

元々このシェフの高野さんもTakumiyaにおられたので、この日のTakumiyaはどうなってるの?。ちょっと心配になって聞いてみると、Takumiyaは新店長を迎え、2名ずつメインで3名体制で回しているとの事でした。

 

 

料理については、高野さんの素晴らしさは皆知っていますから、こちらでも料理は間違いないでしょう~~と言う事で、この日のオススメ料理など、1~2品戴きました。

 

開店間もない(ほぼ1週間後)時期だったので、少々慌ただしかったのですが、それでも確実にお客さんがもうリピ-トしているみたいで、恐れ入りました~~(笑)。

 

料理の食材にも結構気を遣っておられる様で、時期の食材や、京都地場産の食材を上手く利用されているメニュ-に感動します。丹波地鶏の塩焼きは実に美味でした。塩加減も絶妙。

 

 

さてこのお店には色々と気になる所がありましたので、白石氏に許可を得た上で写真を撮らせて戴きました。

 

カウンタ-の木目も綺麗なのですが、トイレも綺麗~~。あまりトイレを写真にすることは無いのですが、実は気になっていた二階のテ-ブル席を見せてもらいに行く際、一緒に写真を撮らせて貰いました。

 

 

吹き抜けの感じは、この界隈に同様にあるビアバ-である、「BEFORE9」さんにも似ていますし、大阪福島にある「POGO (ポゴ)」さんにもよく似ていますが、梁の利用が上手いですねぇ。

 

恐らくは以前はこの二階部分もフロア-があったのであろうと思われる場所を贅沢に一部分だけ使われていると言う構造にされたのでしょうか。

 

 

その二階には10名程入られるテ-ブル席がありました。木目調で落ち着く空間で、一階のカウンタ-席やスタンディング席が見下ろせる場所になりますが、白石氏いわく、この空間はこの秋頃までは、特別のイベント以外は使用しないとの事でした。

 

下写真左がその空間をカウンタ-席から見上げたもので、その右写真がその場所から一階席を見下ろしたものです。

 

 

さて取り敢えずのご挨拶にと言うつもりだったのですが、結構しっかりと戴き、またゆっくりさせて戴きました。

 

この市内中心部・烏丸界隈も、これで三つのクラフトビ-ルのお店が出来た事になります。近いうちにその3軒でのイベントも考えておられる様です。3軒が同じブリュワ-のビ-ルを重ならない様に網羅し、ハシゴして貰う・・・・そんな企画の様です。

 

実はこの日はこの後、結局は1号店である、Takumiyaさんにハシゴしました(笑)。そんな狙いも見え隠れする近さ~~。

 

これからの色んな企画も楽しみです~~。賑やかになって来た事は実に嬉しい事です。

 

ご馳走様でした!!。また間違いなく伺います~~。

 

 

 

高野麦酒店「TAKANOYA」

〒604-0857  京都市中京区烏丸通夷川下ル蒔絵屋町255

TEL  075-744-1757

営業時間  17:00~25:00(1:00)

定休日  不定休(基本的に無し)

 

 

 

 

 

 

リンゴりんごいちごいちご

 

.

AD