【画像】カタコンベ(地下墓所)をみてみよう | 304号室

【画像】カタコンベ(地下墓所)をみてみよう

304号室-1
画像にあるのは、ローマにある通称・骸骨寺と呼ばれる

サンタ・マリア・デッラ・コンチェツィオーネ
(Santa Maria della Concezione)

教会の地下にあるカタコンベ左クリック です。

長い名前の教会ですが、訳すと

“聖母マリア処女懐胎教会”

という意味になるのだそうです。

教皇ウルバヌス8世の弟で枢機卿であった

アントニオ・バルベリーニのために建立されたこの教会には

次々とカプチン修道士が派遣され

亡くなった修道士の遺体はこの納骨堂に埋葬されました。

しかし18世紀にはカプチン派修道僧の遺骨は掘り出され

その遺骨を素材として墓室に装飾が施されました。

結果として1528年から1870年までに死んだ

修道僧約4000名の遺骨が素材とされましたが

現在では世界中から観光客をひきつける

興味深い場所となっています。

304号室-2

304号室-3

304号室-4

304号室-5

304号室-6

304号室-7

304号室-8

以前にも人骨で装飾された納骨堂左クリック

ドキュメント動画左クリックを紹介しました。

興味のある方は是非ご覧下さい。


ぐっな
ドクロ