YURUKUウォーク*姿勢と歩き方教室(前Noriko式ウォーキングスクール)****

YURUKU®ウォーク(ゆるく・前Noriko式ウォーキング)考案者であり株式会社YURUKU代表Norikoのブログ。東京洗足スタジオ・大阪心斎橋スタジオを拠点に全国展開中の日常の歩き方教室。レッスンや美容と健康についての情報を掲載。歩くことは生きること〜生きる喜びをともに〜


テーマ:
YURUKUウォーク
(前Noriko式ウォーキング)考案者
Bjウォーキングスクール代表
Norikoです。


骨盤底筋
骨盤の中で保護されている
膀胱や尿道  子宮 直腸など
内臓を支えています。

この筋肉が
うまく使えなくなる
内臓が下がり
膀胱や尿道が圧迫され
尿もれを起こしやすくなります。


あえて
うまく使えなくなると
と 書きました。

なぜかというと
筋肉が衰えるというと

筋肉がふにゃっと
弱くなるという印象があり

それは違う
思っているからです。


まず
骨盤底筋は
横隔膜の動きと連動
しています。


横隔膜についての記事は
過去記事もご覧ください。


イメージは大事で
書いたとおり

横隔膜は
息を「吸う」時に
下がり

息を「吐く」時に
上がります。


骨盤底筋は
その動きと
同じ動きをするんです。

息を「吸う」時に
下がり

息を「吐く」時に
上がります。


ただし

横隔膜は
「吸う」時に収縮
「吐く」時は弛緩します。

逆に骨盤底筋は
「吐く」時に収縮
「吸う」時は弛緩します。


頭がこんがらがってしまうので
手描きで絵を書きました。
(美しくなくすみませんm(_ _)m)
{933EF7DC-E6D2-4BDD-A54D-7E415487F3D0:01}

ところが
横隔膜をちゃんと使わず
呼吸をしている人が
多い!

肩甲骨を寄せるなど
意識的だったり
無意識的だったり

とにかく
胸を張る姿勢の方に
本当に多い!!

肩甲骨を寄せる
見せかけだけの姿勢は
身体に良い姿勢じゃないんです!
⇩⇩

横隔膜がうまく
動いていないなら
骨盤底筋だって
うまく動くはずがないです。

呼吸の仕方の
悪い方の中には

吐くときに
下腹部を下向きに
押し込むような
力を入れている人も
おられます。

これ
逆ですよね。

息を吐いたときは
骨盤底筋は上がるのに
下に押し込まれることに。


また
骨盤底筋の弱い人は
内転筋も弱く
脚を閉じて座れない‥
という記事も読んだことありますが

脚を閉じて座れないのは
内転筋が弱いのではないです。

セッションで
骨盤周りの緊張をとけば
自然に脚を揃えて
座れるようになります。

⇩過去記事をご参考に

ちなみに
脚を閉じて座れない方も
横隔膜呼吸が
うまくできていない方が多いです。


ここで大事なことを
お話しします。

収縮と弛緩を
激しくでなく
ゆるやかに続けていくことで
筋肉はしなやかに保たれます。

すると
いざという時に
力を発揮できるのです。


私が50代で
筋トレゼロ
ストレッチゼロで
体型維持できていて
活動的なのも

そういう身体作りを
しているからです。

動画あるのでご覧ください。
▼▼
▲▲
50代で筋トレゼロ
身体を作ってる私の
身体能力をご覧くださいね。



骨盤底筋

日々の良質な呼吸とともに
ゆるやかに収縮 弛緩を繰り返すことで
コントロールすることが
大切なのではないでしょうか。

全身のバランスをとる
姿勢の大切さがここにも‥






【人気記事】
▼▼▼反響すごくてビックリな記事
▼▼▼
▼▼▼
▼▼▼
▼▼▼
▼▼▼

information
YURUKU®無料会員登録
Norikoセミナー一覧
YURUKU®公式セミナ一覧

◾︎
ご受講者の声
◾︎
Norikoの身体機能について
◾︎Norikoの変化
◾︎YURUKU®の歴史

いいね!した人  |  リブログ(2)

YURUKU®ウォーク考案者Noriko☆日常の姿勢と歩き方さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント