2007-03-26 01:27:04

管理人はだいぶ逃亡します。

テーマ:日々のたわごと。

といいながら、



びみょーに美罠のモチベーションが上がってまいりました(笑)



今回は、好きな実写キャラについて、つらつらと書いて


いこうかな、と思います(´∀` )



前にも述べました通り、



3トップは、


槐と浅倉さんと凛ですー。



この3人は、もう、キャラ萌えの域ですね(笑)



3人とも


孤独で、

信念を持ってて、


そして・・・




殺人犯(´∀` )←笑えん。



・・・○| ̄|_




そのほか、キャラ萌えまではいかないけど、


好きなのは、



「ヴァイブレータ」の岡部(大森南朋)ですねー。


不破じいの実の息子さんです(´∀` )


この映画を支持する女の方の半数は岡部さん(´Д`;)ハァハァ



ではないか、と思うほど、いい男です(笑)


素っ気ない優しさ。

不思議な包容力。

自然体の中に垣間見える男の色気。



抱いてー(/ω\)



と叫んだとか、叫んでないとか(笑)



・・・。


どっかに落ちてないかな、岡部2号・・・( ´Д⊂




ハピネット
ヴァイブレータ スペシャル・エディション



「血と骨」の武(オダギリジョー)も好きですね~。


友達が、オダジョー好きで


どこが、いいんだろう・・・と、かなり失礼なことを思ってたんですが、


この作品をみて、堕ちました○| ̄|_


かっこよすぎますわ・・・。


出番自体は、少ないんですが、すごく印象的でした。


ぶっちゃけ、


男の色気がありすぎますわ(´Д`;)ハァハァ


雨が降りしきる中、父親と決別し、去っていく。

頬を伝う涙。

弟に向ける笑顔。


やばいくらいに、かっこよかったです。


オダジョーはこの役で、最優秀助演男優賞をとりましたねー。


うーん、納得です(´∀` )


「ゆれる」もよかったな・・・。




ポニーキャニオン
血と骨 コレクターズ・エディション



あとは「皆月」のアキラ(北村一輝)ですね。


これはすごい。


アキラもすごいけど、北村一輝もすごい(笑)


まさに、ハマリ役。


この映画を見て、片っ端から、北村一輝出演作品を見た人間が、


ここに一人ヾ( ´ー`)



アキラは・・・あやうい。



大事なものには、献身的ともいえる愛を注ぎ、


その大事なものを傷つけるものには、過激すぎる暴力で、


報復する。


子供のように、純粋で、それでいて狂気的。


大胆不敵なのに繊細。


最初は、そんなアキラが怖く思えてくるんですが、


物語に入りこむにつれ、


哀れに思えてくる。


身体全体で、愛を求めてもがいているような気がしてくるんですよね。



彼は一体、何を求めていたのか。


話のあちこちに張り巡らされた伏線がラスト20分、


一つに収束していく様は、見事としかいいようがないです。


映画は小説のオチとは違うんですが、


この改変が、またすばらしく美しい。



途中は、結構、平坦すぎて、退屈なんですが(笑)


エロと暴力に抵抗がない方にはぜひ、見ていただきたい映画ですね。


アキラ役の北村一輝さんは、すさまじいの一言です(´Д`;)ハァハァ



ジェネオン エンタテインメント
皆月 デラックス版



「皆月」の原作は花村萬月氏。


「ゲルマニウムの夜」で芥川賞をとった作家さんですが、


この「ゲルマニウムの夜」が映画になりまして、


その監督が大森立嗣さん。


不破じいの息子さんです(´∀` )


大森南朋さんとともに、麿さんも同映画に出演されてるみたいですー。


まだ、見てないですけど・・・○| ̄|_


だって、


「ゲルマニウムの夜」の映像化は無理だろー(;´Д`)y─┛~~


あの世界は小説だから成り立つものだろー


と思ってる自分がいるので、なかなか見る気になれなくて・・・。



とりあえず、今回は、


心に残った実写キャラを思いついたまま語ってみましたーヾ( ´ー`)



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ユエさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■無題

>花さん

>せつなさですか~・・・。せつなさが分かる所まで到達したことがないです。まだまだですね(笑)
学生の頃に友人に薦められて、王国記を読んだことがあるのですが、あまりのグロさに人生で初めて本を読んでいて気持ち悪くなりました(苦笑)

あれ、グロいですよね・・・。
甘美な背徳なんて、ありゃしません( ´Д⊂
しかも、あの主人公に、全く共感できなくて。
でも・・・既刊分は全部、読んでたりするんですよね、王国記(笑)

>確か、主人公が友達の口の中に石を詰めた状態で殴るシーンだったと思うんですけど、あまりに細かく書かれていて、普段妄想族で想像力が鍛えられている私には、耐えられませんでした^^;

そういえば、そういうシーンあったような。。。
暴力のグロって、私もあまり受け入れられません。
私の妄想はエロ萌え方面オンリーです(´∀` )

>同じです!!!なんか・・・あの目を見るとゾクゾクします(´Д`;)ハァハァ 危うさが漂っていますよね。一歩間違えたら何でもやっちゃいそうな危険な匂いがたまりません(笑)

そうなんですよ~。
北村氏は狂気的な役か、何考えてるんだ変わらないつかみどころのない役が似合いますよね~(´Д`;)ハァハァ

>夜ドラで主演を演じた一夏のパパとか特に物足りなかったです。あと、主人公よりかは脇役の方がはえる俳優さんだと思いました。ほんとに不思議な俳優さんです^^

1回で見るの辞めちゃいました、そのドラマ○| ̄|_
「あなたの隣に誰かいる」の北村氏は怪しさ満載でよかったですー。
ストーリー自体は・・・う~ん、でしたが(´∀` )
北村氏は主人公より、3番手くらいの役がはえますよね。
3番手くらいで、曲者の役っていうのが、個人的には好きですねー。

3 ■無題

いつも返信ありがとうございます^^

>それに耐えると、せつなさが見えてくるんです が、なかなか耐えることができません(笑)

せつなさですか~・・・。せつなさが分かる所まで到達したことがないです。まだまだですね(笑)学生の頃に友人に薦められて、王国記を読んだことがあるのですが、あまりのグロさに人生で初めて本を読んでいて気持ち悪くなりました(苦笑)

確か、主人公が友達の口の中に石を詰めた状態で殴るシーンだったと思うんですけど、あまりに細かく書かれていて、普段妄想族で想像力が鍛えられている私には、耐えられませんでした^^;

>私は、やっぱり目が好きですね。北村氏がふつーの役をしていると、物足りなく感じちゃう自分がいます(笑)

同じです!!!なんか・・・あの目を見るとゾクゾクします(´Д`;)ハァハァ 危うさが漂っていますよね。一歩間違えたら何でもやっちゃいそうな危険な匂いがたまりません(笑)

確かにふつーの役は物足りないですよね。一気に魅力が半減してしまうというか・・・。夜ドラで主演を演じた一夏のパパとか特に物足りなかったです。あと、主人公よりかは脇役の方がはえる俳優さんだと思いました。ほんとに不思議な俳優さんです^^



2 ■無題

>花さん

>北村一輝さん・・・本当にすごい役者さんですよね。私も大奥の家定役を見て以来、彼の存在感、
そして演技力にひきつけられた1人です。どの作品を見ても、主役以上の存在感があり、思わず目が行ってしまう役者さんですよね。アキラ役の演技もほんとすごかったです。

愛を求める男。優男。オカマ。狂気的な男。どんなタイプでもそつなくこなしちゃう俳優さんですね~。
私は、あの目がたまりません(´Д`;)ハァハァ

>私もそう思いました。あの作品は彼のための作品のような気がします。

あのラストシーンで、もっていっちゃいましたね、全部(笑)
数々の賞をとったのもうなづけます。

>花村萬月の作品は、あの独特のグロイ表現やエロい表現が個人的に苦手で、あまり好きではないのですが、この作品だけは最後まで見れました。

花村萬月はエログロですよね。。。
それに耐えると、せつなさが見えてくるんですが、なかなか耐えることができません(笑)

>サラダ油のシーンはちょっと引きましたが・・・(苦笑)でもあのオチのセリフは、作品の魅力が引き出され、良い意味でよかったです。

サラダ油はちょっとやりすぎですわ(笑)
萌えない。全然萌えない( ´Д⊂
でも、「ごめんなさい」をするアキラには、萌えました。
あの警察のシーン。
せつなそうなアキラの瞳は、もう、鼻血ものです(笑)
ああ、子犬だわ(´Д`;)ハァハァ
「もう逃げなくていいよ。俺、追いかけられないから」というセリフも深くて好きです。

>ところで北村氏のあのフェロモンはいったいどこから出ているのでしょうか笑,,目力といいあのオーラといい、今まで見たことないです。個人的には、一番好きな俳優さんだったりします。

私は、やっぱり目が好きですね。
あと危うい雰囲気。
北村氏がふつーの役をしていると、物足りなく感じちゃう自分がいます(笑)
狂気にとらわれた男、かもーん(´Д`;)ハァハァ

1 ■分かります。

北村一輝さん・・・本当にすごい役者さんですよね。私も大奥の家定役を見て以来、彼の存在感、
そして演技力にひきつけられた1人です。どの作品を見ても、主役以上の存在感があり、思わず目が行ってしまう役者さんですよね。アキラ役の演技もほんとすごかったです。

>身体全体で、愛を求めてもがいているような気>がしてくるんですよね。

私もそう思いました。あの作品は彼のための作品のような気がします。花村萬月の作品は、あの独特のグロイ表現やエロい表現が個人的に苦手で、あまり好きではないのですが、この作品だけは最後まで見れました。サラダ油のシーンはちょっと引きましたが・・・(苦笑)でもあのオチのセリフは、作品の魅力が引き出され、良い意味でよかったです。

ところで北村氏のあのフェロモンはいったいどこから出ているのでしょうか笑,,目力といいあのオーラといい、今まで見たことないです。個人的には、一番好きな俳優さんだったりします。顔ではなくて、
彼の並外れた演技力・存在感・・・海外でも十分に
通用する役者さんだと思っているので、これからが楽しみです。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。