日本を代表する水 | 自然の力がくれるもの

自然の力がくれるもの

毎日笑顔で暮らせるのは、自然の力がわたしたちに多くのものをくれるからです


テーマ:
日本を代表するミネラルウォーターに「富士ミネラルウォーター」があります。

この商品についてご紹介します。


日本でミネラルウォーターが飲まれるようになったのは最近のことですが、この富士ミネラルウォーターはなんと昭和4年から製造されています。

その名の通り富士山麓で採取されるミネラルウォーターで、業界で初めてペットボトルを採用したのもこの会社です。

富士山麓の水はバナジウムが多く含まれていると言われています。パナジウムは玄武岩に多く含まれるもので、富士山は7層もの玄武岩層で出来ています。

玄武岩は地表に噴出したマグマが瞬間的に固まったものです。この玄武岩層が雨水を濾過し、パナジウムを多く含んだ伏流水となるわけです。

富士ミネラルウォーターは弱アルカリ性で飲みやすい軟水です。ですから、赤ちゃんの粉ミルクを作るときに使用してもよいと宣伝されています。

もちろん、そのまま飲んでもいいですし、沸かして飲んでも構いません。

このミネラルウォーターは日本で開催された主要国首脳会議サミットの水としても有名です。迎賓館や総理官邸の卓上水としても使われています。

この会社は、主要製品のミネラルウォーターだけで成り立っています。

他のメーカーのほとんどが飲料の一つとしてミネラルウォーターを販売しているわけですから、この製品にかける意気込みは並大抵のものではありません。


関連記事
やじるしミネラルウオーターの始まり
やじるしミネラルウォーターの比較

大宮 敏夫さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス