白い備前焼

テーマ:

 備前焼は還元焼成が主体となった江戸時代中期ごろからは黒い焼き物として広まってきました。

 しかし、これ以前の備前焼を見ると景色は多彩で決して黒い焼き物でないことがわかります。

 近年、森陶岳さんがトンネル式の大窯(窖窯)で焼成を始めてからは古備前の景色が再現され、それに続く若い作家さんたちによって備前焼の魅力が一層深められています。

 従来の備前焼では考えられなかったこんな白い器も今では珍しいものではありません。

 今日は、落柿窯の展示室から白い器をアップします。

 

 落柿窯作「備前飯埦」。

 

 

 落柿窯作「備前湯呑」。