皆様こんばんは、備前国鉄道です。
 
サッカーワールドカップ日本代表、ドイツ戦での逆転勝利おめでとうございます🎉⚽
 
昨夜の興奮が冷めやらぬのうちに朝を迎えたのか、今朝は周りにも寝不足の方がチラホラ(笑)
 
サウジアラビアみたいに祝日にしちゃえば休めたのに🙄
 

 
冗談はさておき、、、W杯ドイツ戦逆転勝利記念の日・・・じゃなくて勤労感謝の日だった昨日11月23日、京都府福知山市で約3000人のランナーが晩秋の丹波路を駆ける「福知山マラソン」が行われました。
 
生憎の空模様となりましたが、早朝には京都駅から臨時の快速列車「福知山マラソン1号」が出発し、抹茶色の117系近キトS01編成が充当されました。
 
新型コロナウイルスの影響でマラソン大会自体が3年ぶりの開催でしたので、この臨時列車の設定も2019年以来のこと。
 
今年3月に岡山~福山間の快速サンライナーが廃止された今、117系の定期快速運用は存在せず、普段走らない路線で快速運転を行うという貴重な機会となりました。
 

嵯峨野線らしさを出せるお手軽なスポットとして保津峡駅を選んだのですが、紅葉で色づいた山の木々は暗すぎて見えないし、トンネルからの風圧で傘が煽られてバランス崩すし、、、散々でした😇
 

 
悔しかったので夜の折り返し便(2号)も撮りに行くことにしました。
 
やって来たのは亀岡駅。
 
他の駅では「快速」単体の表示が多かったようですが、ここ亀岡では「福知山マラソン号」としっかり列車名まで出ていてちょっとビックリ。
 
 
往路は「臨時」の幕でしたが、復路ではサンライナーを思い出させてくれる黄文字の「快速」で運転。
 
臨時列車ではありますが団体貸切や座席指定等ではないので、嵯峨野線の定期快速列車と同様の扱いでマラソンに関係ない人でも乗車できました。
 
停車駅は、京都~園部間が通常の快速と同じ(二条・円町・嵯峨嵐山と亀岡~園部間各駅)、園部~福知山間はノンストップ(運転停車あり)でした。
 
ですので実際に亀岡→嵯峨嵐山間で乗車してみました。
 
 
嵯峨野線らしいところで撮る・・・という、保津峡でイマイチな結果に終わってしまった当初の目標は、嵯峨嵐山駅の駅名標と絡めたカットで達成したということにしておきます(笑)
 
嵐山はもちろんのこと、隣駅の「うずまさ」と「ほづきょう」も、京都の、そして嵯峨野線沿線の地名、景勝地として広く知られていますから。
 
 
ちなみにですが、福知山マラソンの参加者は年々減少しているそうで、臨時列車もかなり空いている印象を受けました。
 
117系も老朽化が進み、最近も新たに1編成廃車が発生するなど徐々に数を減らしています。
 
来年以降どのような運行形態になるのか気になるところですね。
 

皆様こんばんは、備前国鉄道です。

今回は久しぶりに非鉄な話題をお届けします。


昨日の夕方、友人を伴って清水寺へ行って来ました。

18日(土)から秋の「夜間特別拝観」の期間に入っており、通常18:00閉門のところ21:30まで境内にいることができます。


見頃を迎えつつあるモミジがライトアップされていて、清水の舞台とともに京都の街並みをバックに浮かび上がり幻想的な雰囲気に包まれていました。


本堂の上空に伸びている一筋の青い光は、「西方浄土」への道筋をイメージしたサーチライトです。

奥の院からの景色は「圧巻」の一言に尽きます。


前回清水寺に来たのは今から7年前。

その時は改修工事か何かで舞台が足場で覆われていたのですが、無事に完了したようですね。

実に立派な造りです。


混雑を避けるつもりで月曜日の夜を選びましたが、さすが世界遺産…大量の参拝客でごった返しておりました😅

今秋のライトアップは今月30日までとなっています。
皆様こんばんは、備前国鉄道です。
 
いつもご訪問くださり誠にありがとうございます。
 

 
昨日の午前中のこと、半日暇だったので滋賀県のおごと温泉駅にやって来ました。
 
駅名標の背後に停まっている電車が今回のお目当て。
 
よく見てみると、LEDの行先表示器には「試運転」の3文字が。
 
 
こちらは網干総合車両所に新たに配属された225系のL10編成。
 
兵庫県にある川崎重工の神戸工場で落成したばかりの新車で、神戸市の鷹取駅から滋賀県北部の永原駅まで試運転を行いました。
 
この編成がJRの線路上を走行するのはこの試運転が初めてです。
 
網干区の225系には8両を組むI編成、4両のU編成、そして6両のL編成があり、L10編成はそのまんまL編成の10本目ということになります。
 
L編成のトップナンバーであるL1編成が昨年7月に製造されていますから、1年ちょっとで2桁目に突入したことになりますね。
 
 
おごと温泉駅では待避線にて1時間弱停車します。
 
車両自体は普段から見慣れている225系100番台ですが、やはり出来たてホヤホヤの新車ということで車体から足回り、さらには下ろされた状態の車内のブラインドに至るまでピカピカです。
 
「綺麗だ」以外の表現が見つかりません(笑)
 
今後はJR神戸・京都・琵琶湖・湖西・赤穂線などで快速・普通列車を中心に運用されることになりそうです。
 
 
平日ということで撮影されている方の姿はまばらでしたが(←そりゃそうだ)、おごと温泉駅では他の撮影者の方や電車を待たれていた利用者の方とお話させていただきました。
 
皆様ありがとうございました。
皆様こんばんは、備前国鉄道です。
 
先週の水曜日にアップした広電宮島口駅を訪れた時の続きになります。
 

 
広電の駅からJRの駅へと戻り、再び西を目指して出発します。
 
この日の目的地は山口県岩国市。
 
 
広島地区の在来線普通列車は2019年3月までに227系への置き換えが完了。
 
厳島神社の鳥居や広島カープを連想させる赤い帯を纏い、「Red wing」という愛称も付けられています。
 
今度岡山に導入されるピンク色を基調とした新型車両も、この227系をアレンジしたものです。
 
 
神戸から門司までほとんどの区間で海沿いの町を結んでいる山陽本線ですが、宮島口から2駅目の大野浦駅を過ぎた辺りでは特に海岸線スレスレを走る絶景スポット。
 
晴れ渡る瀬戸内海、、、を見ることはこの日は叶いませんでしたが、奥の方にはこれから向こう岩国の工業地帯を望むことができました。
 
反対方向(岩国→広島方面)に乗車した場合、宮島が初めてその姿を見せるのもこの区間のようです。
 
 
宮島口から40分弱で岩国駅に到着しました。
 
 
着いたホームの向かい側には新山口行きの接続列車が停車中。
 
岡山でも散々目にする黄色い115系ですが、この山口のN編成は、ドア数が2扉だったり117系から改造された車両があったりと、岡山のそれとは少し異なります。
 
 
岩国からは、第三セクター 錦川鉄道さんのキハ40を貸し切った「急行がんにち号」のツアーに参加させていただきました。
 
貸切列車のリポートはこちら(↓)から📖
 

 
 
ツアー終了後、快速シティーライナーで広島駅まで戻ってきました。
 
ここからさらに在来線で東進。
 
広島県中部の山の中をドコドコ走り、岡山支社(当時)との境界である糸崎駅で岡山行きの普通列車に乗り換え。
 
そのまま終点まで乗って旅行終了・・・のつもりだったのですが、1日中普通列車にばかり乗っていたものですから段々キツくなりまして🙄
 
福山駅で途中下車して、そこから新幹線に課金してビューンッ!と帰岡しました(笑)
 
多分岡山に着いた時刻は在来線とほどんと変わらなかったと思いますが、さすがスピード自慢の新幹線🚄
 
同じ距離でも心理的に断然短く感じます(笑)
 
 
昨年3月に訪れた時には改修工事中のため足場に覆われていた福山城ですが、綺麗になった博物館(天守)や伏見櫓の姿が見えるようになっていました。
 
新幹線ホームからパチリ📸
皆様こんばんは、備前国鉄道です。


2015年の11月11日にYahoo!ブログ(現在はサービス終了)を開設してから、今日でちょうど7年となりました。

7年経ったということは、このブログを立ち上げた年に生まれた赤ちゃんは今年で小学1年生になったということか…

長いようであっという間の7年間でした。

あらためて、常日頃からのご支援に心より感謝いたします。

今後とも変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。


7周年ということで「7」から始まる系式の写真を色々探したのですが、今回はこちらの阪急7300系の写真を用意しました。

今年7月の祇園祭に伴う臨時ダイヤの中で運行された「長岡天神行き」の列車です。


この行先は通常ダイヤでは設定されていないもの。

撮影した当時ブログでの紹介をし忘れていましたので、この際に挿絵として使わせていただきました。
皆様こんばんは、備前国鉄道です。
 
いつもご訪問くださりありがとうございます。
 

 
2022年8月6日(土)
 
この日は山口県岩国市を走る第三セクター 錦川鉄道の貸切列車に招待していただいたので、朝イチの「みずほ」でまずは広島へ向かいました。
 
 
広島駅の乗り換え改札口で切符の持ち帰りを申し出たところ、無効印がもみじをデザインした広島駅限定のものでした。
 
これはテンション上がりますね(笑)
 
 
新幹線から在来線に乗り換え、山陽本線を西へ進むこと約30分。
 
廿日市市にあるJR宮島口駅に着きました。
 
 
最終目的地の岩国はもう少し先ですが、ここ宮島口で寄り道したい場所がありましたので途中下車です。
 
 
やって来たのはJRの駅のほど近くにある広島電鉄の宮島口駅。
 
今年7月に、従来よりも南側(海側)へ約70メートル線路が移設され、宮島へ渡るフェリーの乗り場のすぐそばに新しい駅舎が完成しました。
 
 
ご覧の通り、宮島行きの旅客ターミナルは横断歩道を渡った目と鼻の先です。
 
今まではJRの駅と港のちょうど中間のあたりに広電の駅がありましたが、電車からフェリーへの乗り換えがより一層便利になりました。
 
 
4面4線ある全ての乗り場を覆う巨大な屋根が目を惹きますね。
 
まるでヨーロッパの主要駅のような雰囲気です。
 
広電宮島線は原爆ドームと厳島神社、2つの世界遺産を結ぶ路線。
 
今後増えてくるであろう外国人観光客にもウケそうなデザインです。
 
 
構内でしばらく撮影していると、広電の最新型である5200形「グリーンムーバーAPEX」も登場してくれました。
 
前回広島を訪れた2018年3月上旬の時点ではまだ営業運行には就いて折らず車庫に停まっている姿しか見たことがなかったので、実際に走行しているシーンを目にしたのは今回が初めてでした。
 
一部の編成には新広電宮島口駅の供用開始を記念したヘッドマークも貼られていました。
 
 
せっかくなら宮島にも渡りたいところでしたが、たしか厳島神社の大鳥居がまだ修繕工事中だったような・・・ということで今回はパス。
 
ここにいる間に午前8時15分を迎えましたので黙祷に参加し、その後JRの駅に戻って再度岩国方面を目指して出発しました。
皆様こんばんは、備前国鉄道です。

昨日のpart1からの続きで、今回も7/31(日)の18切符旅の報告です。


津山駅から乗車したキハ120を降りたのは佐用駅。

ここで姫路方面へ向かう列車に乗り換えです。


ホームに入って来たのはキハ122系。

稲穂をイメージしたロゴマークが目を弾く1両編成のディーゼルカーです。

姫新線のうち兵庫県内にある姫路~上月間は、2006年から2009年にかけ最高速度を上げたりすること等を目指す姫新線高速化事業が行われ、その目玉として導入されたのがこの車両。

費用の一部が沿線自治体の負担で製造されました。


車内はこんな感じで、JR西日本の車両でよく見られるタイプの座席が並んでいますが、配列は2+1列なのが面白いですね。


およそ30分で列車はたつの市に位置する播磨新宮駅に到着。

佐用から乗ってきたキハ122はここが終点。

ホームの向かい側に見た目がほとんど同じ車両が停まっており、こちらは2両編成を組むキハ127系。

播磨新宮から姫路まではお客さんが増えるので、ここで乗り換えとなります。


津山を発ってから約3時間、終点の姫路駅に着き、姫新線の全線走破達成となりました。

これにより、残る岡山県内の未乗鉄道路線は芸備線 備中神代~東城間と智頭急行の県内区間のみとなりました。

智頭急行は近いうちに乗りに行きたいな~と考えていますし、芸備線は廃線も視野に入れた協議が本格化しているという報道を耳にしていますのでなるべく早めに訪れたいところ…🙄


長旅お疲れ様でした!…と言いたいところですが、これからさらに1時間半電車に乗らないと岡山には帰れません😇

満員でしたが何とか座席も確保でき、夜7時半前に無事帰着しました。


以上で、臨時あめつち撮影に合わせた姫新線の旅は終了でございます。

最後までご覧くださいましてありがとうございました。
皆様こんばんは、備前国鉄道です。
 

 

今年7月にアップしたこちらの記事、覚えておられるでしょうか?

 

普段は主に山陰地方で運行されている観光列車「あめつち」が鳥取駅から因美線を通って津山駅まで特別に乗り入れた時のものです。

 

先週の木曜日に投稿した津山線 牧山駅近くにあるひまわり畑を訪れたのは、臨時あめつちの撮影へ向かう道中のことでした。

 

今日は無事にあめつちを見送った後のお話です。

 

 
津山~東津山間であめつちを撮影後、徒歩で津山駅に戻って来ました。
 
これから乗るのはJR姫新線。
 
その名の通り、姫路と新見を結んでいる非電化のローカル線です。
 
 
全長158.1kmのうち東津山~新見間74.4kmは過去に乗車したことがありましたので、残る東側半分 東津山~姫時間83.7kmを制覇します。
 
津山駅から乗り込んだのは14:33発の佐用行きワンマンカー。
 
中国山地各線でお馴染みのキハ120による運行です。
 
因美線が分岐する東津山駅を経て、岡山県勝央町の中心駅である勝間田駅や、湯郷温泉に近い林野駅などに停車。
 
美作台地の谷間を抜けるようなルートなので、既出の因美線のような山岳路線の雰囲気はほとんどなく、比較的平坦な区間を進んでいきます。
 
 
津山を出てからおよそ30分で美作市東部に位置する美作江見駅に到着。
 
因美線の美作滝尾駅が「男はつらいよ」のロケ地としてあまりに有名なのでこちらは影が薄いですが、NHKのドラマや第一生命のテレビCM等の撮影地に選ばれたことのある木造駅舎が現役の駅です。
 
列車の行き違いもなかったのですぐに発車。
 
駅舎を見に降りる時間はありませんでした。
 
 
ただでさえ本数が少ない姫新線ですが、美作江見で一部の列車が折り返すため、ここから兵庫県の上月駅に至るまでの区間はより少なく、1日9往復しか列車が走りません(そのうち2往復は快速)。
 
 
江見から上月までは20分弱。
 
途中 美作土居~上月間にある万ノ峠トンネルで県境を越え、15:23に兵庫県佐用町にある上月に到着。
 
そのままもう1駅進むと終点の佐用駅に着きます。
 
 
姫新線は当駅または隣の上月駅で運行系統が分離されており、岡山県側から乗り入れる列車の最東端は当駅になります。
 
 
智頭急行線と接続する駅で、京都と倉吉を結ぶ特急「スーパーはくと」、岡山と鳥取を結ぶ特急「スーパーいなば」を含む全ての列車が停まります。
 
30分ほどの乗り換え待ちの間に智頭線の普通列車が上下各1本、京都行きのはくとが1本出て行きました。
 
この日はJRの青春18切符を使って旅行していましたので、智頭急行線のホームへの立ち入りについては駅員さんに許可を頂いた上でさせていただきました。
 
 
山間にある小さな町の駅ですが、運が良ければこのような豪華な3列車の並びも見ることができるようです。
 
智頭線も今のところ乗る機会に恵まれず・・・
 
また時間がある時に訪問したいですね。
 
 
引き続き姫路方面を目指します。
皆様こんばんは、備前国鉄道です。
 
今日は11月3日、文化の日。
 
木曜日が休みってとてつもなく中途半端ですよね😅
 
当方は祝日なんか無関係の通常営業だったので土日が待ち遠しいところ🙄
 
電車が休日ダイヤで走ってて一瞬戸惑ったのが唯一祝日を感じられた場面でした。
 

 
さて、11月に入り朝晩の冷え込みがより厳しくなってまいりましたが、今夜の記事は夏の盛り7月31日のお出かけのご報告です。
 
 
JR津山線 牧山駅で降りて、そばを流れる旭川に架けられた簡易的な橋を渡って向こう岸へ。
 
 
このあたりは2018年の西日本豪雨で浸水したエリアで、農作物が全滅。
 
近隣で黄ニラ栽培を営む地域の農業者の方が、土壌改良のために畑で植物を育てる「緑肥」としてひまわりを植えたことがきっかけで、現在は80aの面積が「牟佐大久保ひまわり畑」として開放されています。
 
インターネットには7月下旬から8月中旬が見頃と書いてありましたが、今年は夏が来るのが早かったせいか、7月末の時点で既にシーズンオフかな(?)という状態。
 
それでも、太陽の光を一身に浴びながら咲いてる花もまだ多くあり、朝早くにも関わらずたくさんの人が見学に訪れていました(朝8時前に着きました)。
 
 
牧山駅からは徒歩5分ほど。
 
ちょうど津山線の列車がやって来たので向日葵と一緒に📸
 
奥にタラコ色の車両と駅の跨線橋が見えています。
 
 
先述の通り西日本豪雨の後に植えられたものなので話題になったのは最近ですが、JR西日本は岡山駅中央改札口前にここを紹介する大きなパネルを設置するなど既に津山線沿線の観光スポットとして推しています。
 
牧山駅にもJRが掲出したのか地域の方が貼られたものなのかはわかりませんが、駅から畑までの道案内があります。
 
 
今年はベストシーズンは逃してしまったようなので、来年はもう少し調べてから行かないとなぁ。
 
 
皆様こんばんは、備前国鉄道です。


今朝、湘南色の115系D-27編成を撮りました!

と言うと「岡山に帰って来たのかな?」と思われそうですけども

違います…逆です。

岡山の115系がはるばる京都までお見えになりました。


動画は、日の出からまだまもない朝6時半過ぎにJR京都線 桂川駅(京都市南区)を通過していくD-27編成。

京阪神エリアの複々線区間は主に特急や新快速が走る外側線と普通電車がメインの内側線に分かれていますが、今回は外側線を走行。

前後を貨物列車とサンダーバードに挟まれているので、疾風のごとく駆け抜けていきました。


同編成は明日11月3日から期間限定で京都鉄道博物館に展示される予定になっており、それを前に岡山から京都に送り込まれたものです。

通常は回送列車として運転されますが、今回は急遽クラブツーリズムの夜行列車ツアーとして売り出され、多くの鉄道ファンを乗せて上洛してきました。


桂川駅で通過シーンを撮影後、後続の普通で京都駅へ向かうと、梅小路へ引き上げる発車時刻にギリギリ間に合いました。

嵯峨野線用ホームで亀岡行きの221系と並ぶ湘南色、意外と違和感無いかも??(笑)