范俏慧の中国人にとっての特別な日(9月10日「教師の日」) | ビズエイジア講師のブログ

ビズエイジア講師のブログ

アジアで活躍するために学ぶ外国語
ビズエイジアの講師達のブログです。
みなさん、楽しんで読んでくださいね。


テーマ:

日本と違い、中国の学校の新学期は9月からです。

 

そして、新学期が始まったら、

ひとつの大切な記念日を迎えます。

 

それは、9月10日の「教師節」(「教師の日」)です。

 

中国では、「一日为师,终身为父」

という言葉があります。

「一日師として仰げば、一生父として慕う」

という意味です。

この言葉が表しているように、

中国には、先生を尊敬する文化があります。

 

そして、「先生は、蝋燭のような存在」とも

よく言われています。

なぜかというと、

先生たちは、蝋燭のように自分を燃やして

他人を明るく照らすからです。

 

それでは、「教師の日」はどのように

祝われているでしょうか?

 

残念ながら、

この日は学校が休みになりません。

しかし、生徒たちが、先生にプレゼントを贈ったりする

ことがよくあります。

クラスのみんなで一緒に、

先生への贈り物を選んだり、

サプライズな贈り方を考えたりすることも、

素晴らしい思い出となります。

 

実は、日付が違いますが、

世界各地で

教師に感謝する日と定められている記念日があります。

1994年にユネスコが、

10月5日を世界教師デーと制定しています。

実は、この「教師の日」を日本でもそうなのです。

 

一体、日本で、どのように開催されているのでしょうか?

興味ある方は、下記URLをクリックしてお読みください。

http://japan-teachers-week.jp

 

(画像:百度图片)

 

ビズエイジア講師陣さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス