元気がないな、と思ったら

テーマ:

今日も大変暑いです。水分は元気が出るまで、こまめに飲んでください。

 

500ccペットボトルのエネルギー飲料を飲んでも変わりがない、と思ったら一度医師に診てもらいましょう。

 

 

今日こそ太陽探査機(船ではないようです)を積んだロケットが発射に成功することを楽しみにします。

 

 

太陽の話からエネルギーの話へと。

 

光というのはエネルギーです。光は人間を含む動物のエネルギーの源でもあります。

 

「クエン酸回路-TCA回路-Krebs回路」という生化学反応回路がありますが

 

動物が生命を維持するためのエネルギーを生産する加工工場みたいなものです。

 

そこに材料として登場するもので、NAD+とNADHという物質が重要な役割をします。

 

NAD+、NADHに似た構造をしたNADP+、NADPHという食物の光合成に関与する物質があります。

 


酸化、還元を繰り返しながらエネルギー代謝を行うのは生物なら当然のことです。

 

「水」はH2Oと分子構造をしていますが、そのH+(水素イオン)がエネルギー代謝に関与してきます。

 

そして色んな代謝の結果「水」ができたり「水」が消耗されたりします。

 

複雑な話で私は好きではないですが、要は水分は生物に欠かせないものです、というあたり前の話です。

 

 

伝えたい内容は以下の通りです。元気な身体、肌の状態を維持するために

 

・疲れがたまった時には水分だけではなくエネルギー源となる「食べ物」もしっかり摂ってください。

 

・アルコールを多量に摂取した場合は「肴」も「水分」もしっかり摂ってください。

 


そして筋力の維持のためにも、命の源でもある太陽の下で、適度な活動をしましょう。

 

紫外線は飛ばされやすいです。紫外線は厄介なものですが、弱めの日焼け止めでも十分遮断できます。

 

ただ、「こする」行為で薄い皮膚が刺激を受けやすいので、炎症を起こし、色素が増強されます。

 

・日焼け止めは屋外の活動時には2-3時間に1回塗ってください。

 

 

これからも、残暑が続きそうです。体にはくれぐれもお気をつけください。