留学先を選ぶ決め手は英語の教育水準だけじゃなく水も重要 | あいママのしわ対策×アラフォー女性の悩み解決ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

あいママのしわ対策×アラフォー女性の悩み解決ブログ

目元・おでこ・ほうれい線のしわの悩みに直面するアラフォー主婦が少しでもしわを目立たなくさせていくブログ。しわにならないための生活習慣、スキンケア、美容習慣といったお役立ち情報をお届けします。

最近、子供の留学先について調べているうちに、アメブロにたどり着いてブログ読みまくってます。

 

春休みにカナダ・バンクーバーへ1週間親子留学を考えているうちに、なんだか人気過ぎて締め切り過ぎてるっぽいDASH!

しかも、春は、航空券安いと思ったら、高いしガーン

 

3人で往復50万だよポーンポーンポーン

 

ということに気が付き、今さらながら行動力の遅さに後悔。。。

 

春休みに行けば、オーロラも見れたかもしれないのに。。。

 

残念でならないえーん。。。

なんとか春休みに行きたいと思いながらも、実は、春休みは仕事が忙しく休んでいられないかもしれないんだよねー。

 

というわけで、夏休みに行くことに切り替え中です。

オリンピックも見る予定だけど。(チケット全滅DASH!

 

 

 

 

都内も、オリンピックだと、あらゆる値段がべらぼうに高くなるんじゃないかなー。

 

既にFランホテルでも、宿泊料金ぼったくりじゃないかってくらい高騰してます

 

オリンピック観戦で都内に来ようと考えているみなさんも、気を付けてね!!

 

 

 

そういうわけで、今年の夏はオリンピックだけど、今のうちなら春休みの航空券より安いぞ!と思いました。

 

だけど、一つだけ心配な点が。。。

 

それが、紫外線ですわ・・・。

 

あほか滝汗

 

どうやら北海道と同じ気温らしく、夏でもカラッとしていて過ごしやすいらしい。

 

緯度の関係で日本よりは紫外線は少ないようだけど、陽が沈むのが遅いから、日照時間が長いんだよね。

 

焼きたくない焼きたくない焼きたくない。。。

 

 

シミとしわは、わざわざ増やしたくないと思いながら、子供との思い出、仕方ないだろー!という自分が入り乱れて戦ってますグー

 

 

■紫外線対策方法

 

  • 日焼け止めクリーム
  • 帽子
  • サングラス
  • 長袖

 

紫外線対策はこの4つですね。

 

日傘をさしている人がまずいないらしいので、これキツイ。やっぱり日傘と帽子じゃ全然違う。

 

顔と体に当たる温度も全然違うしね。

 

だけど、すっごい朗報!

水がとってもいいの。水力発電で賄ってるほどカナダって水源豊かなんです。

 

■カナダ留学先おすすめのポイント

 

  • 水道水が飲める
  • 自然が豊か
  • 教育水準が高い
  • 治安が良い

 

カナダの水道水は、世界レベルで見ても高水準で安心であるんですって。


なおかつ、超軟水。

 

  • カナダの水は、8-12mg/Lの超軟水。
  • 日本の水は、60mg/Lの軟水。

 

これ、スゴイ嬉しいドキドキドキドキドキドキ。だって、水道水飲めるし、シャワーでも髪の毛ギシギシしないし、クレンジングだって出来ちゃう。

 

硬水地域の海外へ行くと、硬水を使ってクレンジングをすると、ミネラルによって肌荒れの原因になってしまうので、拭き取り化粧水を使うっていいますもんね。

 

日本人としては、水でさっぱり洗い流したいっす。

 

子供にとっても、軟水だと、内臓の負担が軽く胃腸に優しいから安心です。

 

しかも、経済的だしね。

 

英語も国際標準だということではあるので、アジアよりは値が張るけど、子供にはカナダの方がいいかなと。

 

夏休みだし、東京っ子には、やっぱり自然がなくっちゃならんでしょ。

 

自然なくして教育は成り立たないですからね~!!

 

(じゃ、焼けるのしゃーないやろー笑い泣き

 

というわけで、かあちゃん稼がねばですわーメラメラメラメラメラメラ