琵琶湖、この一週間の傾向@11月29日版 | BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報

BRUSH 琵琶湖 バスフィッシング情報

琵琶湖のバスフィッシングのHOTな情報をリリースするBRUSHより更新情報、小ネタなど

今週の琵琶湖、週の前半は朝は比較的気温は高めでしたが日中あまり気温が上がらないという日が続き、今日29日は久しぶりに早朝の気温が5度まで下がりました。28日木曜日は北寄りの強風が終日吹いて湖上は荒れました。また、今朝は比良山系の雪化粧が平地からも見れました。21日に蓬莱山山頂など一部で冠雪はありましたが、平地から見れたのは今シーズン初です。南湖の水温も徐々に下降しており場所によっては12度後半~13度台の所もチラホラ出てきました。今日9時現在の瀬田川洗堰放流量は15t、水位はマイナス13cm。


釣果に関しては先週開催されたビワコオープン最終戦のウエイイン率が30%を下回る事を考えてもややオフシーズン感じが出ています。ただ上位のウエイトのようにエリア・スポット・タイミング・アプローチがハマればまだまだビッグフィッシュを複数など良い釣りができる可能性はじゅうぶんあります。

南湖では東岸は木浜から烏丸半島周辺、西岸は堅田~カネカ周辺など北エリアでの釣果が目立ち、南エリアは下物浚渫以外はアングラーも少なく聞こえてくる釣果も少な目。ただアングラーが少ないぶん思い通りの釣りがノビノビできるので、例年通りならディープホール周辺や自衛隊~大津港周辺、瀬田川などは気になるエリアではありますね。

 

南湖でよく聞くルアー・リグ
・アラバマ系
・ディープクランク
・バイブレーション
・フリーリグ
・ラバージグ
・ダウンショット
・メタルバイブ
など


北湖に関しては西岸はディープの沈み物、東岸はディープの沈み物や各ロックエリアでの釣果が中心で、ここ最近はサカマタシャッドJHなどを使ったミドストやアラバマ系、ピンスポットの釣りではジグやフリーリグなどです。今年はワカサギの量が非常に多く、この冬はワカサギの動きを考慮した釣りが中心になってきそうです。


北湖でよく聞くルアー・リグ
・ミドスト
・ビッグスプーン
・アラバマ系
・ダウンショット
・ヘビキャロ
・ラバージグ
・フリーリグ
など